‘DIARY’ カテゴリーのアーカイブ

一応、活動してますのよ。

2017年4月12日 水曜日

雲南市創作市民演劇第7弾「異伝ヤマタノオロチ」が終わってもう二週間ですか……。

関係者の皆さまお疲れ様でした。

 

 

と、ブログを書き始めたのに、さらにもう一週間たってしまいました。

どうも。

大原です。

 

 

今回、ハタチ族としてではないですが、

「異伝ヤマタノオロチ」に少し、関わらせて頂きました。

 

あきふみさんは、演出代行と書いておりましたが、

そんなに、大変なことはしておりませんのよ。

 

ええ、

演出はもうついておりましたから。

 

 

ただ、ほら、作・演出の亀尾佳宏氏は出演も致しますから。

 

本番直前・本番中の舞台を正面から見て、諸々の微調整をするという役割がぽっかりと空いておりましたので、そこを任せて頂きました。

 

光栄でございます。

 

 

具体的に何をしていたかと言いますと、

例えば、芝居中のBGMと役者の声のバランスはどうか、とか。

例えば、照明の切り替えはどのやり方がそのシーンにあっているか、とか。

役者の皆さんがより伸び伸びと演技をするために、障害になっていることはないか、とか。

そのあたりの調整。

 

そんな感じです。

 

目の前にある素敵なものを、どうやって今すぐもっと素敵にするか。

 

なんとも幸せな作業でございました。

ありがとうございました。

 

 

 

さて、

 

 

 

なぜ、ブログを書くのが遅くなったのかと申しますと・・・・・・

 

 

 

お稽古してたのです!

 

本番があったのです!

 

 

チェリヴァロビー座

雲劇戯曲塾

朗読劇「ふたり語り」

68F0C142-06FA-402D-8DA6-DF5D42B81F38

雲の劇団雨蛙の岡田和歌冶氏と大原を、

演出初挑戦の山本紗織嬢が素敵に料理してくださいました。

 

男女の物語でした。

まっすぐに、誰かを大切にしたくなる物語でした。

 

ご来場頂きました皆様、ありがとうございました!

 

 

2時間の朗読劇って・・・・・・何と言うか、

心臓に悪いですね。

 

ええ。

 

ちゃんと、しっかりハッキリしゃべれるのか、って云うプレッシャーがね。

 

本当、心臓に悪い。

 

 

 

そして、

演出の紗織嬢からのダメだしは、主に、

 

「前半キャピキャピしてください!」

 

 

・・・・・・きゃぴ、きゃぴ?

 

え?

 

 

「もっとキャピキャピしてください!」

 

 

いやー・・・・・・。

どうだったんでしょうか・・・・・・。

紗織嬢があんまりキラキラしたお顔でおっしゃるもので、

そりゃあもう、

無い袖を振って頑張りましたが・・・・・・どうだったんでしょう・・・・・・。

 

 

ハタチ族では言われたことの無いダメだし。

 

自分がきゃぴきゃぴしていないことを、改めて認識いたしました。

 

はい。

 

IMG_2559

そんなこんなで、楽しくお稽古・本番をやって参りました。

 

演出と役者の3人で、あーだこーだ、あれしようこれしようと色々試せるのは贅沢な時間だったように思います。

 

雲の劇団雨蛙さま!

お世話になりましたー!

IMG_2560

 

 

 

さーて、

 

次は何しようかな~。

 

 

マンモスのように

2017年4月11日 火曜日

巨大なチカラを目の前にした瞬間、無力さに絶望する自分を想像する。

 

友人や家族や近所の人々、先祖から受け継いで必死こいて生きてきて

積み上げたものなんて意味ないって悟るくらいのチカラが世の中には存在する。

善も悪もない。チカラだけがそこにある。完全な負けを認めたとき、僕はどうするだろう。

 

黙って立ち竦むことだけはしたくない。でも今の僕はそんなもんだろうな。せいぜい大声で叫ぶくらいだ。

チカラはいらない。チカラとかじゃないんだ。確固たるものをつくろう。

自分だけじゃなく、もっとみんなで。みんなで確固たるものを。

 

きっとそれは演劇だ。演劇で刻みこむ。生きてた証を。

 

突然話し変わります。すみません。僕はマンモスに憧れてます。

 

氷河期にマンモスは死ぬギリギリまで笑って生きてたんだって思わせてくれるから。

せいぜい「ちょっと寒かったけどね」ってなもんだ。

 

話し戻します。ミサイル目の前でマンモスみたく立ってられるか。

今は正直無理だけどいつか必ず。一歩一歩、みんなでね。

 

氷河期になっても有事のときでも、裸で演劇やってやる。

 

 

西藤将人

 

 

あんまり何にもしてない松浦

2017年4月2日 日曜日

奥さんみりんを選びましょう〜〜。

どうも松浦です。

ベランダのニンニクさんたちは順調に

すくすくと育っています。

 

 

さて、劇刊ハタチ族ミニ号見ていただけたでしょうか。

新しくイラストを描かせてもらいました。

 

S__35405827

↑これは下絵です。

出雲のガストで、粘ること3時間、牛角の看板を見て真ん中の四角い枠を思いつき、そこからひろげていきました。

ちなみに、うっちーの頭のところにあるのは寿司です。マグロの。

 

しかし、!やはり、!!

 

元晴さんが似ていない!!!

(他のメンバーも似ていないのだけど、、、)

 

消去法でメンバーを把握してもらえたらなと思います。。。

 

 

これは、永遠の課題ですね。

頑張ります。。。

 

(グッズにもなってるので、良かったら

マルハ商店ものぞいて見てください〜〜)

 

 

 

 

年明けからほぼ仕事しかしていないので

あんまり書くことがないのですが、

突然の落書き帳 披露のコーナー!

 

S__35405828

これは清書しようかとしたんだけど

うまくできなくて断念。

 

S__35405829

これはサザエさんのパクリがしたかったんでしょうか。

腰のひねり具合がうまく描けたかなと思っています。

 

そんなこんなで今年も変な絵ばかり描いていきます。

 

 

以上。お疲れ様でした。

 

 

松浦

 

 

課題たくさん、、、、。

2017年4月1日 土曜日

みなさん、お久しぶりです。うっちーこと、内田愛美です!

 

DSC_4217_original

 

終わりましたねぇ、市民劇。大盛況で喜ばしい限りです!!

内田は、演出助手兼舞台監督として携わらせていただきました!!

 

 

演出助手は、ハタチ族の第四回公演『パンドラの鐘』でちょっとかじって以来。舞台監督は初挑戦!!

 

結果としてはまあ・・・兼任しちゃいかんなと。すべてが宙ぶらりんで迷惑かけっぱなしでした。(松浦さんの大変さがようやくわかりました!)

演出助手は経験者の川角さんに手取り足取り、舞台監督は技術スタッフの和田守さんにおんぶにだっこ。このお二人がいなかったら、幕も上がってなかったのではないかと思います・・・・・。

 

DSC_6788_original

 

でもただ一つ言えることは、とても楽しかったです!!

久しぶりにあんな大勢の人たちと、あんな大きな舞台を作り上げる大変さとか、意思疎通の難しさとか、情報共有の大切さとか、舞台を作り上げる基礎の大切さを再確認できました。自分のできてないところも・・・・・。

 

ひとまず、今回の舞台で見つけた課題を自分の中で処理しつつ、どう改善していくか、次のハタチ族の公演で何ができるか、ゆっくりじっくり考えていきたいと思います

 

市民劇を観に来てくださった皆様、アドバイスをくださった先輩方、できてないところを教えてくださった方、これは君の仕事だと教えてくださった方、本当にありがとうございました!!必ず成長して、戦力として、体で返していきます!!!!

 

1326_large

 

 

あきふみ、雲南市民劇を想う。

2017年3月31日 金曜日

今回の異伝ヤマタノオロチは、劇団ハタチ族の総出演だった。

西藤氏の出演はもとより、腰痛で出演はできなかったが井上氏の援助、あきふみの参加、

そして大原氏の演出代行、内田氏のスタッフ活動。

あげれば多くのものがあった。

 

image2 (1)

 

さて、今回の異伝ヤマタノオロチは、私にとっては幻の作品であった。

それは5年前キャスト希望を出しながら病気になり、大道具をやったという経緯があり、

リベンジといえば大袈裟だが、胸に秘めるところを持った作品であった。

 

image1 (2)

 

アンケートを読んだかぎりにおいては、西藤氏の評価は群を抜いて高いものであった。

しかし、今回は個人技も素晴らしかったが、

踊りを含めた〝民〟になった人々の活躍が大きな力になっていたのではないかと思う。

総合力という力は、個人技に勝るとも劣らないものがある。

 

DSC_6011_original

 

今後、異伝ヤマタノオロチがいつか再演されることもあるだろうが、

それにもまして、毎年続けてきている〝市民劇〟の灯は消さないでもらいたい。

そして、チェリヴァホールが山陰の演劇の中心になって、

演劇のまちづくりの先駆けとなってもらいたいと希望する。

 

 

あきふみ

1Q8A2488_original

うんともすんとも……。

2017年3月30日 木曜日

お久しぶりでございます井上元晴でございます。

 

DSC_1678_original

 

この度ツイッターやフェイスブックで異伝ヤマタノオロチの民として出演予定と宣伝していたのですがなんとなんと本番の前日に腰をギックリしてしまいましたー。

 

374_large

 

うんともすんとも言わなくなった僕の身体…これほど「俺の身体よー!!動いてくれ〜!!!!」と願ったことはなかったです。

楽しみにしておられた方本当に申し訳ございません、少々元晴レスが続くと思いますが今しばらくお待ちくださいませ。

稽古であれだけ汗をかいて息を切らして頑張っていたのに出られなかったのは本当に悔しいしみんなと立ちたかったし残念でなりません。

 

167_large

 

が、役者の方々の伸びていく姿がはたから見れたのもまた事実。

今回客席で本番を見られたことはありがたかったし今後の糧にしていきます!!

 

294_large

 

西藤くんもあきふみさんも舞台上で輝いてたしウッチーも演出助手兼舞台監督として頑張ってて凄いなぁと、感心しておりました。

 

なんか人ごとのような内容ですが笑

 

んー…悔しいなぁ。。。

 

782_large

 

 

雲南で続けていく。生きていく。演劇で。

2017年3月29日 水曜日

今年の木次桜祭りは4月の1日と2日。

そこまでに桜の開花が間に合うのか心配な、劇団ハタチ族の西藤将人です。

先日本番を迎えた『異伝ヤマタノオロチ』を振り返ってみる。

 

1Q8A0474_original

 

雲南市創作市民演劇は実行委員会のみなさんを中心に、

作・演出の亀尾先生、チェリヴァホールのスタッフの皆さん、そして参加者の尽力によって発展してきた。

参加者も約30名から約80名と膨れ上がり、市内はもちろん、県外からの注目もある。

 

今回の異伝ヤマタノオロチのチケットは早々に完売。

亀尾先生のあらゆる意味でのギリギリの演出には毎回ヒヤヒヤさせられながらも、

作品はよいものになった。これぞ雲南市民劇という作品に。

 

木次商店街を歩けばポスターが並び、

本番後は地域のみなさんに「おつかれさま」と労っていただける。

これも演劇が雲南市に根付いてきた証拠。ありがたい。

 

ありきたりな言葉だけど、参加できてよかった。

くさらず演劇を続けてきて、本当によかった。

僕を受け入れてくれた皆さん、座組みのみんな、ご来場してくださったお客様、

関わってくださった全ての皆さんに感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

1669_large

 

 

ふむふむ、ところで西藤はどうなんだと。ちゃんと自分のことを振り返れと。

このブログを読んでくださってる皆さんはそろそろ感じたんじゃなかろうか。

綺麗なことばっかり言ってんじゃないよと。

わかっておりますよ。でもね、素直に書いてるんですよ。

素直に、振り返ります。

 

 

初演の『異伝ヤマタノオロチ』から5年。

この歳月は僕にとって大きなもので、実際ハタチ族はまだ劇団じゃなかったし、

雲南を拠点にずっと演劇やってくって決めたのもこの期間だ。

なにより5年前はチャラチャラ演劇やってた気がする……。情けない。

365日公演や単独ツアーやったりしたけど、実際どこまで成長したのかよくわからないしね。

 

 

とはいえ一般参加だった前回と、特別出演となった今回。

『異伝ヤマタノオロチ』という作品は変わらずとも立場や責任、重圧ってのは変化した。

勝手に自分にプレッシャーをかけて、理想と自力の差にモヤモヤもした。

まぁ所詮今の自分はこんなもんだって納得もしてるから無駄に落ち込むこともないですけどね。

 

でもね、僕のちっぽけなモヤモヤなんか吹っ飛ばしてくれる人たちがいたんです。

それは、今回市民劇に参加していた子供達。

 

1Q8A5009_original DSC_6009_original

 

打ち上げで速水雄一雲南市長がこんなことを言ってた。

「演劇やってれば学校なんていかなくていい!それぐらい演劇、市民劇は素晴らしい!!」

おいおい、そんなこと言っちゃっていいのかと思いながらも素直にその言葉は嬉しく、

同時に納得もした。

それは僕も学校にあまりいかなかった人間だからではなくて、

市民劇に参加している子供達は本当にめっちゃしっかりしてるし、賢いし、なによりチャーミング。

稽古場での吸収率が半端なく、直前までキャーキャーしてるのに舞台に立つと誰よりも堂々としている。

いやはや、凄いわ……。

 

僕はいまのところ子供のためだったり、子供向けの演劇やってるわけじゃないけど、

なんだかこれからの活動に影響を与えられそうな気がしてならない。

最近ワークショップをやりたいって無性に思うのもそのせいなのかもね。

 

 

あ、それと今回嬉しいことがあった。

それは、三刀屋高校演劇部の生徒たちがたくさん参加してくれたこと。

彼女達のことは1年生の頃から知っていて、僕は自主公演を手伝ったこともある。

その後も演劇を続けていた彼女達は、この春卒業してそれぞれの道を歩んでいく。

じつに感慨深い。

 

学生生活を送りながらの演劇は、きっと楽しいことばかりではなかったと想像する。

それでも続けてくれたことに感謝したい。本当にありがとう。

 

IMG_3519

 

僕は今回貴女達と一緒に舞台に立てたことが誇りです。

そしていつかまた一緒に演劇やることが僕の夢の一つです。

そんな素敵な夢を与えてくれてありがとう。

これからもずっと演劇を好きでいてくれることを願っていますし、

そのためにも僕はこれからも演劇やっていきます。

 

市民劇がこうして続いてたから僕も彼女達も舞台に立てたわけで、

そう考えたら5年後は一体どうなってんだろう。僕も子供達も彼女達も市民劇も、そして演劇も。

これからどうなっていくのかわからないけど、雲南市創作市民演劇はずっと続いていってほしいし、

参加者のみなさんも演劇とこれからも近くにいてほしいな。

もちろん僕にできることがあれば全力でやるしね。

 

うん。続けるってこと、それが一番大切。

それが生きるってこと。それが演劇なんだな。

そんなことを感じた、雲南市創作市民演劇『異伝ヤマタノオロチ』でした。

 

DSC_5425_original

 

 

そして最後に、ひとつだけ。

 

雲南市創作市民演劇の本番はほとんどが3月中旬におこなわれてきた。

5年前の異伝ヤマタノオロチ初演もそうだった。

 

当時は2012年。東日本大震災からちょうど1年をむかえていた。

本番1週間前の稽古場。参加者全員で黙祷を捧げた。

 

あれから5年。2017年のあの日も、今年も稽古をしていた。

演劇ができる喜びを噛み締めて、演劇のために演劇をする覚悟と向きあいながら。

 

来年も、これから先もずっと、演劇をしていく。

終わっていないから。決して忘れないから。

雲南で続けていく。生きていく。演劇で。

 

 

劇団ハタチ族 代表 西藤将人

 

794_large 797_large 212_large 663_large 481_large 511_large 527_large 534_large 558_large 559_large 569_large 689_large 588_large 589_large 1627_large 603_large 607_large 525_large

 

 

 

2016年、振り返れば●●がいる

2016年12月31日 土曜日

2016年を振り返る。

 

 

しかしいざ振り返るとなると思い出せないもので、

なぜか『振り返れば●●がいる』ってドラマが90年代に放送されてたのを思い出す。

そのドラマの主題歌を歌ってた人が、今年世間を賑わせちゃってたのは記憶に新しい。

 

つまるところ、僕は“振り返る”ことが苦手らしい。

 

興味がないわけではないし必要なことだとも感じてはいるのだけど、

振り返るとなると同時に嫌なことまで思い出してしまう。

そもそもなぜ年の瀬になると今年を振り返らなきゃならんのだ。

僕自身は各公演ごとにしっかり反省してる。むしろそんなのは毎日だ。

 

誰が決めたのかもわからないような流れにのりかけていた自分はどうかしてる。

毎日しっかり振り返って反省して、明日にいかす。これで充分だ。

 

「年の瀬だから今年を振り返ってブログを書いてみよう」

って劇団員に言ったことは間違っていたのかも。全員しっかり書いてくれたのにね。

「なんて勝手な代表なんだ!」という劇団員からのツッコミが聞こえる。反省してますよ。

 

ほらきた、言ったそばからやってきました『反省くん

どうやら反省くんと僕は共同経営者のようなものみたい。

 

友達じゃない。仲間とも違う。

情に左右されずにぴったりとくっついてる。

そんで僕がしんどいときや立ってられないときこそニヤニヤしてる。

「なんだ落ち込んでんのか?むしろ好都合だ。」

なんてB級アメリカ映画にありがちな台詞を吐きながら僕に近づいてくる。

 

ということで、今年を振り返るのはやめようと思います。

そもそも先日のワンマンSHOW!!でも振り返ったし。

 

 

……。

 

 

と、ここまで書いておきながらあることに気づいた。

反省くんと手を繋ぎながら自然と今年を振り返っていた僕。

すると内側にあるあたたかい感情に気づく。

 

ありゃ?こりゃもしかすると“感謝”ってやつじゃないのかと。

 

昨年までは辺りを見回さないと見つけることの出来なかった『ミセス・カンシャ』。

いつ頃からかそんなことしなくても、

ミセス・カンシャはいつも傍でじっくりコトコト美味しいスープを煮込んでくれるようになった。

 

なんでかな?なにか僕が変わったのかな??

 

べつにいい人間になる気もないし、なった感覚もない。むしろ逆へ逆へと進んでる。

でもなんとなく思うのは、ミセス・カンシャのスープがないと腹減って動けなくなるってこと。

そのことにしっかり気づけたから、なのかな……。

 

 

反省くんとミセス・カンシャ以外にも、最近は『責任大佐』の存在も教えられた。

「自分が責任とれる環境は好きにしろ。ただし100%責任とれないのなら話は別だ!!」

 

こえーよ、責任大佐……。

でもまだまだこんな人達も。

 

怪人ケツダーンはとなえる。

「しっかり計画立てて決断するのじゃ。決められなければ、死ぬ。」

めんたる師匠はつぶやく。

「メンタルに左右されちゃダメ。そんなの3流のやることよ。」

 

ちょっと羽目を外すとそんな声が聞こえる。

やれやれ、こりゃ油断できないわ……。

 

振り返れば●●がいる

どうやら賑やかなようですな、僕の場合。

 

 

今年のハタチ族はどうしても昨年と比べられちゃうし、そこがちょっとだけしんどい時期もあったけど、

過ぎてみればいい思い出ですな。

だって僕にはハタチ族劇団員やお客さんがついてるし、それに反省くん達も。

 

2016年、いい一年でした。うん。

みなさま、来年もよろしくお願いします。

 

 

劇団ハタチ族 代表 西藤将人

 

image

 

S__30498849 image1  image4 (1) 1Q8A0543 image5 image img001 IMG_1789[1]

 13517681_1097164843695718_3884415787402747081_o

 13507192_1097165383695664_8385661776651465703_n image image image image IMG_1965[1] image1 (3) image2 (1) img_21451 img_21471 img_21681 img_21721  image image6 image image image image image image image

 img_2275

image 

 image3-1 img_24161 img_24181 img_24261 img_24391 img_24601 img_24721 img_24871 img_24801 img_25171 img_24951 img_25041 img_25211 img_25641 img_25861 img_25411 img_26021 img_26661 img_26601 img_26731 img_26771 img_26801 img_26841 _dsc4189 _dsc4229 _dsc4231 img_26991 img_27011 img_23161 20161214_161221_0002 jyu_123 jyu_134 d532616a-9873-44e6-aef9-704116934538 %e6%9c%ac%e7%95%aa%e9%80%b1_161221_0021 %e6%9c%ac%e7%95%aa%e9%80%b1_161221_0044 image1 image2 image3

img_27651 image4

 

 

さすがに写真だけでも振り返ってみました。

 

 

2016年終わっちゃいますね!

2016年12月28日 水曜日

今年も無事に年を越せそうです、劇団ハタチ族井上元晴でございます!

 

161015_%e7%b8%b2%e5%bc%b1%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%9a%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%9a%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%ab%e6%b1%b2%e9%9a%a7%ef%bd%a9%e8%ad%96%ef%bd%b2%e7%b8%b2%e4%b8%8a%ce%bc%e7%b9%9d%e3%83%bbre3-061

 

2016年、僕にとっては家族に時間をたくさんかけれたいい年でした。

演劇は時間をたくさん使いますので家の人の協力なくしてはやっていけないので理解ある家族でとても助かります。

ありがたやありがたや。。。

そのおかげで今年もたくさんのお芝居に出させていただきました。

 

 

 

3月 雲南市創作市民劇『KOMACHI』

 

image

 

 

3月 chopitto LAB『星の王子さま』

 

1Q8A2762

 

 

6月 plant M『ブラウンノイズ』

 

s__34086914

 

 

7月 三江線の旅『貧乏神』

 

image

 

 

10月 劇団ハタチ族第七回本公演『レ、レ、レ、狂詩曲』

 

161015_%e7%b8%b2%e5%bc%b1%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%9a%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%9a%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%ab%e6%b1%b2%e9%9a%a7%ef%bd%a9%e8%ad%96%ef%bd%b2%e7%b8%b2%e4%b8%8a%ce%bc%e7%b9%9d%e3%83%bbre3-172

 

 

自分が出させてもらった公演だけでもこれだけあって、他にももっともっと公演がやっていて素敵な人がたくさん雲南での公演をしてくれています。

 

…数年前には考えられなかったことなんですよ、奇跡ですよね!

 

そこには西藤君が演劇を広めてくれている、このことが大きいですよ。なかなかやれるもんじゃないですよ。

 

161015_%e7%b8%b2%e5%bc%b1%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%9a%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%9a%ce%be%e7%b8%b2%e2%88%ab%e6%b1%b2%e9%9a%a7%ef%bd%a9%e8%ad%96%ef%bd%b2%e7%b8%b2%e4%b8%8a%ce%bc%e7%b9%9d%e3%83%bbre3-029

 

 

ついこの間ハタチ族の忘年会をしました。

そこでみんなのやりたいことを言い合ったりしました。

僕は、なにかやりたいことを探しましたが思い浮かばないですねーなかなか。

僕は言いたいことを言葉にするのが上手くはありません。

 

 

演劇は誰もができることかもしれません。

 

でもやるには伝えたいことや想いを形にするためのエネルギーが必要だと思います。

 

 

僕はまだそこまでの葛藤や繊細さがありませんが、何かの拍子で自分の想いを形にしたいとき

その時はハタチ族にいて本当に良かったって思えるのだろうな、と、、、

 

 

やりたいことを聞いてくれている、この劇団にいることが幸せだなって思います。

 

img_27651

 

 

 

振り返りまして。

2016年12月27日 火曜日

12月某日 雨

 

肉まんのおいしい季節ですね。

おはようございます。松浦です。

最近はベランダでニンニク育ててます。

 

 

昨年の365公演が終わり、もう1年が経とうとしています。

今年1年をふり返ってのブログを書きましょうとの指示がありましたので

2016年の手帳を見直してみました。

 

2016年の1月1日の欄に

365日公演達成。演劇って日常ではなくお祭りでした。」と書いてありました。

 

・ ・・

うーーん、意味わかりませんね。恥ずかしい。

 

 

お芝居は仕事柄いろいろなことに関わりましたよ。

サラリーマン松浦として関わった舞台の詳細は

割愛しますが、

数えてみるとお芝居関係では19現場ありました。

 

舞台監督や講師や道具作ってみたり。

携帯電話に残ってた写真です。

こんなの作ってました。

 

s__34267142

 

s__34267146

 

 

個人としては、大原氏の個人プロジェクトのchopitto LAB にいろいろと携わりました。

グッズ、チラシの絵を描いてみたり、、、

 

s__34267144

s__34267143

 

 

小道具作ってみたり、、

 

s__34267145

 

自分で言うのもなんですが、絵も道具も

いいもんできたなと思ってます。

春はいい仕事します。

 

 

ハタチ族でも絵をいくつかグッズにしてもらいました。

自分の描いたものが形になると嬉しいです。

あと数枚 描かなきゃいけないのですが、

なかなかいろいろと滞っております。

(大原さんすみません~~)

 

突然ですがボツになった絵を少しご紹介いたします。

 

s__34267147

s__34267148

 

 

他にも本公演のことや、one person playを観てのことや、アレヤコレヤ、書きたいことは沢山ありますがこの辺で終わりにします。

 

なんとまあ纏まりのない文章になりましたが

毎日公演してなくてもいろいろ忙しいもんですね。

楽しい1年でした。

(お料理の経験値はかなり上がったゼ!)

来年ものんびりあくせくと自分らしくやれたらなと思っております。

 

 

 

 

昨年の劇刊でも話してましたが来年こそは人形作る。

 

以上。お疲れ様でした。

 

 

 

松浦