‘DIARY’ カテゴリーのアーカイブ

無駄なアドレナリンに喝、海士町公演

2019年10月2日 水曜日

‪10月1日、隠岐ツアー最後の地は海士町でした。‬
‪「消費税率アップのレジ調整が間に合ってないので」って定休日お店がチラホラ。それもご愛嬌ね。‬

 

2AE3FAEE-F61C-48DD-B0EE-6EAD6C00E2A4 982B30F1-57FA-4558-9F9D-C57363BC28C6

 

‪お腹すかせてる僕に中村旅館さんの「ごはん行く?」ってご好意に甘えて喜多屋さんへ。‬
‪海を見渡せるコワーキングスペースでお好み焼き。絶景。美味し。‬

 

3A8866D4-9B04-4E68-BB98-03160436ACB1

 

‪会場のあまマーレさんには感謝いっぱい。郵送させていただいたチラシが街のいたるところに掲示されてるし、スタッフさんの優しい雰囲気が僕の無駄なアドレナリンに落ち着きをくれた。‬
‪本当にありがとうございます……。‬

 

2B2C8FB1-8DE5-4D72-9202-E9FA6F40B456 4190E7EC-0F39-4DF8-B5FD-9A976E838E96

 

‪元保育園のこちらは子どもの声が広がるコミュニティ施設。ずっといたくなる。‬

 

BE600789-643C-4818-B200-5B3FD4E5CCC2 00A6138F-BDA9-496F-84BF-D6F319ECA90C

 

‪海士町のみなさん、集中力が素晴らしくて芝居を引き上げてもらいました。きっとこれ、中村旅館さんのご尽力もあるんだろうな。感謝。‬
‪最高の場をくれたあまマーレさん、クリエイティブな空間の喜多屋さん、海士町にはほかにもまだまだ魅力があるんだろうな。‬

 

7D422BB3-BC04-46D6-9D91-4EFAFB14BE5A

 

‪ひとまずバイバイ、隠岐。今度はゆっくり来ます‬。

 

A4354B63-5199-4C6C-9029-F3BAE9C5D488

 

 

西藤将人

 

 

 

好奇心はあざといくらいが丁度いい、西ノ島町公演

2019年9月30日 月曜日

9月29日は西ノ島町公演でした。

 

791EFBBF-38D8-495D-9453-2B65019B838C

 

会場の「いかあ屋」は遊び心いっぱいのコミュニティ図書館。地元のみなさんの本への想いが詰まってた。本がズラリと並ぶ景色は色鮮やかで、こども達の賑やかな声も聞こえてくる。

 

81572873-27B9-47C7-9BED-01E554D69008 2A7A411A-69F4-4C38-8032-FDA9BE278E7D

 

集まりたくなるから出会いがあって、引継がれ生まれるものが確かにある。すごいや。

 

8A373A1B-CD22-44D3-9D16-3C2CB9D0314B

 

西ノ島に息づく景色はあざといほどの好奇心を感じる。

「ここからの景色、素敵やん」「じゃあここ名所にしちゃおうぜ」って会話をずーっと前のおじいちゃんがしてたんじゃないかな。想像力がうずく。

 

E0A53F7B-8C56-46E6-8261-7EFD20C6A2AC 1F8C1AD6-E438-4D29-87D6-EDA047F470D0

 

圧巻だったのは焼火神社。宮司の松浦さんとの出会いにも感謝。すごい人はどこにでもいる。

 

A484B60B-B9C0-4A0D-8FE3-CAB33F728DF6

 

西ノ島滞在2日目も濃密な一日。

赤尾展望所からの鬼舞までの自転車の旅が凄まじかったので、これは後日改めてレポートします……。

 

83865498-52BD-4385-B2DC-D45F695D0FFA

 

僕まで新鮮になっていくような錯覚を覚えるくらい新鮮なお魚。美味。

ここでなら苦手な釣りも好きになる気がする。

 

9615BCF0-F52F-4E25-9999-FA9902673B68 CB14530F-A258-4214-BE8B-04FB5FD05F67

 

お世話になった小山さんや石倉さん、今回は出会えなかった小笠原さん、真野さんをはじめとするいかあ屋のみなさん、だるまやの大将、西ノ島町教育委員会さん、たくさんのお客さま、本当にありがとうございました。

 

F5E26AA2-6A29-4D7E-B64D-2C537C136809 6970C68C-E0A8-41AA-AEC9-26DE797D7770

 

隠岐ツアーで唯一ゆっくりできた土地。どんどん好きになっていく。

 

A3799D89-25C4-4C6E-B36C-C823D0F85541

 

西藤将人

 

 

 

丸裸の感覚、知夫村公演

2019年9月29日 日曜日

9月28日は知夫村の「古風の宿 孤島」さんで10万年トランク。

 

10490AB8-8E18-41FF-BE10-23FD6D132E8E 649411F5-FA57-4219-B5AD-B4E0E495E9D5

 

人口600人の島は自然でいっぱい。庭をウロウロしてる狸と愛嬌のある牛、赤ハゲ山から眺める日本海。赤壁は潮で削られてできた壮大な遺産。

 

7E2971DD-A38D-459A-B233-7A574C6F40F0

 

呼吸するだけで〝生きる〟ってことを考えさせられる。いっぺん来てみたらいいよ。

 

DF3ED3D4-A860-47AF-9477-B5C4E222AA97 365734BE-D634-4299-9795-70817D32E376 D47EBC7B-AF9A-4623-BE4B-0ADAEC81C51F 5819ACA3-C402-4DD0-94FD-05EDA358FFF0

 

知夫のみなさんから教わったもの。

僕の肩書きや過去の経歴なんて関係なく、いまココにいる人間を認めること。純粋に僕の〝作品〟を楽しみにしてくださってること。

ありがたいけど、同時に怖かった。丸裸にされてる感じ。

作品に余計な装飾はいらない。もっと強くなりたいって思った。

 

D2678E8F-7204-49F4-9755-2F15D5995C57

 

アテンドしてくださった吾郷均さん一家にはもう感謝いっぱい。

会場が定員オーバーになるくらい埋まったのはお人柄のおかげ。お別れするときは見えなくなるまで手をふってくれた。こんな人が知夫にいるってだけでまた来たくなる。

ご家族に幸運を。

 

E957D60D-E271-4AF3-A886-93A2955CCF7E 0966E699-1CB4-43EC-805D-9EB5C3E50BE9

 

心から演劇を求めてる人がいるって再確認できたことがなにより嬉しかった。知夫村のみなさん、幸せな時間をありがとうございました。

 

E4EA565D-593E-4901-9AAC-27ABC5430248 5A27DEF4-F6BF-47CE-831A-088B590C900E

 

終演後の交流会も楽しいし美味しいし、ほんとーにお腹いっぱいです。

 

1891679D-33B5-4EC5-AF36-9B2F28998277

 

西藤将人

 

 

 

 

雨と大地と演劇と、隠岐の島町公演

2019年9月28日 土曜日

9月27日から隠岐全4島ツアー、隠岐の島町公演からスタートです。

 

6CA10B66-1F13-4339-8E85-B910C1D7A50E A7EF67CE-8380-4B27-9707-B5A0F23B1C85

 

お昼は藻塩うどん。これスーパー美味かった。

 

2F0939B6-0F97-4371-B7C2-D6B249AD9191 1FF3C6E3-D774-4A03-AAF6-4E8AA8A96C4C

 

はじめましてでアテンドしてくれた五十嵐杏美さんは柔らかで強い人。おかげ様で安心して芝居に集中できました。感謝でいっぱいです。

 

FF55D56E-FC02-44A3-B74F-139CD21B61ED

 

終演後はビッグシェフのマサキさんの手料理で交流会。みなさんの聞き力がすごい。見習うべき。

 

23B0A972-1DD5-4E47-9271-84937988E9C5

 

ほかにも素敵な出会いがありました。京見屋分店さん。

kyomiyabunten.com

五十嵐さんに紹介していただいて向かったこのお店のご主人も奥様もフランクで、ご挨拶してから2分後には「もうここに移住しちゃいなよ!」って言われましたぜ。

 

8AAB9818-E8EA-437B-8E2F-3802DEBE265C

 

再会の約束をしてサヨナラ。おもろいね、隠岐の島。

 

D7D38D40-367D-4275-823D-CE0ED67CE3A4

 

大雨の中わがまま言って連れてってもらった先はここ。乳房杉。樹齢800年って言われてる。

圧巻。ひれ伏すしかないほどの迫力なのにあったかい。

 

0A16DEAF-3A71-41BE-9842-07CA5B83C8C3

 

昨夜の10万年トランクも雨の力をかりて新たな扉が開いた。

自然とともにって生きるって、演劇はもっと真剣に向き合わなきゃいけないよ。ホントに。

 

C48DDF6F-498B-44A1-A680-E8C15C72FF51

 

西藤将人

 

 

 

 

瓦礫と10万年トランク、松江追加公演

2019年9月24日 火曜日

9月23日は松江ALIVEで10万年トランク。

 

D6486063-0E54-4C45-A984-786C2C3E7FBF D004BCBD-6ADB-467F-8DAF-0A5BC0F6FFE8

 

お店の隣にある世紀末的スペースを劇場として使わせていただきました。
今にも沈みそうな瓦礫の空間だけど、ここからなにかが生まれて立ち上がってくパワーがある。僕の芝居にピッタリな空間でのびのびとアクトできました。
たくさんのお客様に大感謝です。

 

813B9CCD-FAF1-4D70-A383-436CD42100D8 D3EE12D5-68B6-4371-A4A4-C8973EBA18B6 1C291350-E8DB-43D6-8D3B-2A6069756352 FDF3BB79-B7E5-4AE5-91FD-220FB9F1F76B

 

感動したこと。
「投げ銭は真剣勝負なんです。価値はご自身で決めてください。」って生意気なことをお伝えしました。終演後のご挨拶で言ったのはこれが初めて。
最後はほんわかした空気で終わりたいってのがあったから避けてた締め方。でもしっかりと受け取っていただいた。
お客さんってすごいね。

 

CC020D29-6B46-421B-A3AB-7C60152931F8 D97251A6-B529-423E-AD0C-D362DE364495

 

松江にALIVEがあるってとっても大きい。オーナーの松本さん、これからも変わり者で居続けてください。来年は呆れられるくらいここで芝居やります。
店員のみさきさんもありがとう。ステージを丁寧に掃除してくれたから100%の芝居ができました。真っ直ぐな目に突き動かされたよ。

 

629B94E7-8862-4CA3-87E5-3FA785948DD7 991FDE9B-1B08-4F25-ABD0-C73AD8497042 3FB8151A-8321-4550-B04A-4916E08AFFEE 44F5858A-5DC2-4009-A032-6406DB7FE3A3

 

松江、いい夜でした。

 

A210D6C8-6049-43CB-AEE2-789F8BEB4D05

 

 

西藤将人

 

 

 

ジャジーでロック、益田公演

2019年9月2日 月曜日

8月31日は島根ツアー益田公演でした。
会場の〝SUN MOON HALL〟はジャジーでロックな空間。そこに集う人たちもまた素敵でした。

 

E0FC9AAD-667F-479F-ACB8-3231380F5F3C AAF9D39E-03D0-4C6A-923A-59135CA8B9B9 7A230BF5-F4C5-4B89-936F-C3826A4EA6D5 CB0F2C8E-E8C8-4324-B82C-9F3037D905A8

 

終演後の交流会にもほとんどの人が残ってくれて、ご機嫌な僕は気がついたら腕立て伏せをしてました。胸筋パンパン。愉快な夜ね。

 

EC289519-D827-4EAE-95E7-491B9989ACE6

 

今回の益田公演でとってもお世話になったのが齋藤雅寛(サイトウマサヒロ)さん。名前が僕とほとんど同じでややこしいけどめちゃくちゃ頼りになる兄貴で、ぶどう農家しながら俳優やってる演劇にアツイ人。
気合い入りすぎて車を10万年トランク仕様にしちゃってる……。嬉しいねぇ。次は同じ舞台に立ちたい。

 

B2AA95F3-DFF6-4515-A355-28339010CEF3 959254EA-965C-4531-8BED-C7FC61D3FF21

 

5年くらい前に高校演劇でお世話になった元学生と再会できたのも嬉しかったなぁ。恥ずかしくてまともに喋れなかったけど……。サンキューでした。

 

C769457E-6F66-410C-953A-518E3ABCFC98 1BAAF033-ACFB-49BB-883E-84EDD7EA03E9

 

たくさんのお客様にももちろん感謝。齋藤さん、高島さん、村上さん、SUN MOON HALLのスタッフさんたち、本当にありがとうございました!またお会いしましょう!!

 

9CBCE269-AF2D-447D-8C08-930E3B751101 BBC1D4C7-B4DC-4C08-A362-A36297727159

 

西藤将人

 

 

劇団ハタチ族2019年夏公演『アイデアル』 舞台写真公開!!

2019年7月31日 水曜日

劇団ハタチ族2019年夏公演『アイデアル』

舞台写真公開!!

 

6月26日ゲネプロ@チェリヴァホール

撮影:齋藤学

 

611D1472-A3BC-4D21-BF68-18B60FA51519 1E5F3B7B-6E85-4BB3-9AEA-D797E2284E9F 29622F06-C590-4BE8-8BD7-D83898D995C4 ED111DBE-F85B-427A-9048-9E02C31C33BE B6D7476F-DC48-4980-B740-E7C97371B12F 523B3DBD-AA85-4A35-B839-61C0FC40BFDC F24C4E49-B910-4AAB-8987-796EDAFA7136 256B56F7-503D-4E8B-AFEF-77E2867DC729 BEF6C3A7-6C7E-4AA1-92FC-F7096F256B5B 1DC39C95-734E-486A-881F-BCA021B1B9C7 7B8118BD-43D4-4476-9453-2ABAE9A9E78A B2FDF6C7-0875-4191-A185-6D84703E6421 6D44C93B-8349-48B1-93CA-E631EB3C7E02 F35283E3-9A6A-4975-A904-3682AA5A573A B5B11C5D-201D-44CB-AA8A-B4FCB9DC24AF A558FD27-9E0F-42B2-82DD-C1647BC94E30 241317C3-2F46-456A-A4BF-B58505416A31 AB6B099B-57F5-4C80-888C-B89A70C5805E B97FDF1E-6EF4-4CF5-8EB0-FD18B89990AE A9A4B91C-A8BC-4F1D-84B7-4A2387FCC606 78C90086-64D1-4ACC-A9EC-01FD7E10513B A4CD6BB3-D95F-46EC-8136-DD5B7F4551CE 1E434BEC-6EC0-4DC8-A711-E61302C0542D A67DB6DB-6901-473A-BB13-AC752D3B5AD4 9B018DE8-1434-40FA-9480-350219E3A65F 85710D1C-C354-4F47-9DA5-0365FFF96F63 B177443D-3F8D-4C08-A813-F7E399BC7524 59E15AA1-6A8A-44A6-885A-E57715627E92 83DEF90C-2184-43B0-8E5B-2D7C5E74AD58 534F753F-FE62-4E0C-97B8-5E7B0208DEE5 9FD118CE-F8A9-43B5-A08D-B66E743CD31A 1815D193-B95B-4EE2-BD7E-85CD2EEF55D5 E7574BC2-9C73-42C8-B5D9-8E08E3156668 EC403A88-0CBF-4B18-AA7F-DC4261787B12 84055917-244D-44FA-8AD2-E455DBF71608 BF8A47B0-D890-4F15-9156-C6187A5757E6 144D0217-4395-47F6-BA55-A7726D804158 5032F2FF-229E-461C-85A8-6E8012B12A82 6D7666E4-77B1-4CAE-A624-663102502282 A60DBBF0-34B5-44D3-B405-3C7E51234FBD 666C9408-0594-4B7D-8424-51D841035B58 89CA4D3C-CB9D-4336-915A-8875C6C7EBDD 86D85D60-C3CB-4BF6-AEE9-4BC47FA4389A E4AB78C6-8153-49BA-9865-38FAC1B25CA1 2AB82609-A191-43BE-80CE-2E99E256AC38 CC352EED-338F-4621-BA59-A565FA5254D7 E66770C8-C2EC-4681-BE6A-F194ABC554EF 14EC4A78-6ECF-46E9-8290-EAC511536535 46EF25F2-5C16-425D-8931-B17D7CD15A79 D6C29D38-071B-4817-B590-55BF1508B738 83441201-7933-4722-B7C0-96142350F5A4 93A3A554-31B4-40C2-A6FB-0385EA91B795 EC15F722-47EC-4DCF-A7E5-6AC094C6DCDD 8D968A86-A026-4A44-81BD-537BE88BC940 6CE3CB72-DCBA-4534-ADAB-E8B9455149D8 10B150DD-F4A3-49F6-B4C0-3BF4B0270A71 A802058A-9D40-47B5-8A8D-56C3DE40960F E588688A-6FDE-459D-B058-000293B1F451 F8C0141D-501A-4BDE-83E6-1D275AC06839 42F53B22-C19B-40C5-9B46-C0489F61B1D6 2CA3A56F-B586-4E56-A73B-F9F2D88FDE07 9603E5C6-85AF-4927-B7A0-67C789FD2046 E97E9254-CCB2-40D2-93CB-F86C25FB0F24 995B477E-E15F-4943-A124-E44535D391FB

雨のち晴れ、奥出雲公演

2019年7月21日 日曜日

7月21日は奥出雲公演。
普段雲南からなかなか行くことがないのだけど、向かってみるとあっという間に到着。ご近所さんね。

 

CCB94B79-318A-4222-91F1-6A757803F0709A278B05-5580-4E8E-B2E4-91F3601F3A9A

 

会場の本町会館は銀行の跡地を活用してて存在感がたっぷり。開演前は空間と仲良しになるのに必死だったけど、本番始まったら僕の背中を押してくれた。

 

7855E53B-93BB-412F-AF7A-E62FDA3B19F8

 

雨の後の匂いと会場の空気感、それとリクエストもあって今回の10万年トランクは静かめの物語を多く選んでみました。
珍しい構成だったのとパワーをおさえるのが上手くいかなかったせいかギアがうまくはまらず冒頭ちょっと苦戦したけど、終わってみればそれもよし。
お客さんの笑顔に救われました。

 

E23FA001-E052-4895-AD49-D8531809ED11 4D4D2B34-F8EA-40EC-A3B2-19CAF55F0B12

 

ご協力いただいた宇田川孝浩さんと内田咲子さんには本当に感謝してます。

終演後もずっと話し込んでしまうくらいお二人と過ごす時間は楽しかったし、この島根で本気で誠実に踏ん張ってる人と出会えたことが本当に嬉しい。

 

A44CB53F-3043-4A97-A651-8D1A4DC00BB8 3DEDA276-5B89-4E24-9051-EDA51243D0C9

 

またお会いする日も近そう。
ありがとうございました。心から感謝です。

 

西藤将人

 

 

 

「アイデアル」絶賛稽古中!!

2019年7月18日 木曜日

どうも、劇団ハタチ族井上元晴です!!

あっという間に二週間が経ちましたが、

「コネクトコネクト」ご来場いただいたお客様、ありがとうございました!

自分年表を書いて、自分を振り返る、というなかなか普段やらない事が出来たのでいい経験でした✨

 

さてさて!

七月に入り「アイデアル」の稽古へ突入しましたが、

一週間は引きこもって台詞入れに集中、

8日から劇作家の樋口ミユさんが来られて稽古をどしどし進めてもらってます!

 

大原さんは、あまり見た事がない姿だったり。

僕も、自分があまり持ってない(忘れているだけ⁇)の怒りの感情だったり。

課題は山積みなんですよ!

 

あと、よくよく考えたら大原さんと演出がついてやる二人芝居って実は初めてなんだと、、、

しかもお互いつい最近まで別々の現場にいて馴染んでないという…

 

しかしながら流石の大原さん、

稽古が進むたびにどんどん僕を包んでいってくれます✨ホント心強い(笑)

僕もダンスで自分を振り返れたので、心が解放されたのか胡散臭さが多少なくなったような気がします(笑)

unnamed

あきふみさんの朗読は、

味が。。。味が滲み出し過ぎてて、この人すごいなぁと少しだけ笑ってしまいます。

ホント、素敵✨

 

そしてやっぱり、

樋口さんのダメ出しはわかりやすくって面白い!

本番はもちろん、稽古も是非見てもらいたい!と思っちゃうくらい面白いんですよね✨

 

そんな劇団ハタチ族2019年夏公演「アイデアル」僕と大原さんの愛の物語を、是非見に来てください!!

unnamed-1

 

ある夫婦のお話しでございます。

 

愛、とは理想か。

 

 

劇団ハタチ族2019年夏公演『アイデアル』

9753958114943

【作・演出】
樋口ミユ

【詩】
谷川俊太郎

【朗読】
あきふみ

【出演】
井上元晴、大原志保子

【日時・会場】
●チェリヴァホール[雲南市木次町里方55]
7/27(土)14時開演/18時開演

●三日市ラボ ※各回20席[雲南市木次町木次29]
7/28(日)14時開演(完売)/18時開演(完売)

【前売料金】
一般 2,000円
高校生以下 500円
ペア割 一般2名 3,800円(メール受付)

 

【チケット窓口】

雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール

0854-42-1155

 

【ご予約・お問合せ】
20zoku.post@gmail.com

 

主催 劇団ハタチ族

共催 株式会社キラキラ雲南

チェリヴァホール演劇共催事業(公募プログラム)

 

天空のお寺で10万年トランク、大田公演

2019年7月13日 土曜日

7月13日は大田は温泉津。天空の城ならぬ、天空のお寺こと『清水大師寺』での公演でした。

 

EC34149E-D8B0-4954-9399-F46A6247115D

 

この日の為に用意していただいた遮光カーテンに見守られ、10万年トランクは元気いっぱい。幸せな時間。

 

2ABECCEC-74EC-4E22-A72E-6D357BE893AB 550BFA82-B0F3-435C-86B3-FC382FF890D4 34324078-6DFD-452B-AC51-04018B8FB769 F6BE321C-A4AE-4830-AF6D-2ABD5F46E878

 

上演前には贅沢なオープニングアクトである金剛流御詠歌を渡利勝信さんに唱えていただきました。感謝。

 

21612E53-940C-4776-A4A0-FCCEF11B94C8

 

終演後はお寺カフェで交流会。
遠くは北九州や大阪からのお客様も交えて飲みまくりました。ごはんが美味しいからお酒がススムススム……。

大人達と大笑いながら真剣なお話。アートと信仰は身近な存在なんだと改めて感じました。子ども達も喜んでくれてたみたいでなにより。

 

07ADF87F-F5CF-4CBD-B42F-624C892122E0 05137596-475C-4A2E-8E79-4A1DA93FA156 C21AC51C-A7D7-4C15-BF7F-0A2E50D9BED1

 

ご馳走さまでした。

 

181E0BEE-1AFE-40DF-B87B-D501B5AA9148

 

清水大師寺に集まったみなさんは心から素敵な方ばかりでした。

スーパー県庁職員の錦織さんありがとう!多賀さん、いつもありがとう!たくさんのお客様ありがとう!
そして渡利章香さん、僕の演劇に出会ってくださりありがとうございました!!

 

CDF9D310-BC6E-4EB6-AF37-D9B6FF0793DF 8D5F41F6-4053-4863-A55A-B3B1E77C077B

 

サイコーな一日!またお会いしましょうね〜!!

 

20AE701A-2478-48BC-8E85-2C245B0D2681

 

 

 

西藤将人