‘DIARY’ カテゴリーのアーカイブ

いざ大千穐楽へ、京都公演

2018年12月27日 木曜日

12月26日、京都公演でしたー。

 

6C9EA458-A211-4F69-B7DA-892ACAD3E2FD

 

公演実現にご協力いただいたのは、島根で出会った京都の劇団ソノノチの制作スタッフ外谷さん。
現地のソノノチのみなさんも観に来てくれました。有り難いね。

 

02F38A77-A52A-4327-8D77-0A41CDE569CA

 

京都公演は音楽でいうと所謂対バン。このツアー唯一のかたちでした。
ほかのみなさんの舞台も観ることができてよかった。
UrBANGUILD[アバンギルド]の和田ながらさんにも感謝です。アフタートークもお疲れ様でした。

 

486D4410-27FF-4583-A5D8-CF6DA14586F9 4047C64C-4A2D-4D14-8C38-89176444AEE1 1F9D3A79-0412-4622-921A-55E1D9E873E6

 

さて、残すはいよいよ島根大千穐楽のみ。
限定465席。もちろん投げ銭制。12月28日19:30開演です。自由席なんでお早めの来場をオススメします。
全国旅して成長したのかしてないのか、あたたかく厳しく、ジャッジしてください。

 

西藤将人

 

 

未熟モノだよクリスマス、大阪公演

2018年12月26日 水曜日

12月25日クリスマスは、大阪公演でーした!

 

46003B37-A11A-4243-B77A-A45F6CD7D8AF B1CCA358-E65A-4CBB-8888-881AE1D92F80

 

会場のイロリムラに到着したら、なななんと!宮川サキさんが!驚かせようと思って待っててくれたみたい!!嬉しいっ!!!
サキさんは何度か島根でも公演してくれてるし、またいつでも雲南へおいでませ〜。

 

DA9BEA7D-64BB-45D1-8EBD-A9F7C708CF58

 

樋口さんとののさんと一緒にせかせか会場準備。
ひと段落したらののさんが「本番まで時間あいたからインフルエンザの予防接種してくるわ」って言ったときはたまげた。空き時間に注射。ユカイだ笑

 

F412BAE6-EF80-4397-8662-15DD8E9C8EE5 B463DA63-C9E2-48D8-B232-87F11014C53A

 

大阪公演は予想してたより動員があるなーって気配がして急遽追加公演。でも退館時間の兼ね合いもあるから19:30の回やってほぼ休憩なしで21:00の回がスタート。
終演後は久々につかれた。でも発見ばかり。僕はこのツアーでなにもわかっちゃいなかった。それが、わかった。

 

7574CF5A-F574-46AE-9B15-B82C08987FB9

 

自分一人でできることなんてたかが知れてる。才能ない僕ならなおさらだ。
丁寧にやることだけに意識がいってお客さんほったらかしにしてた。いつのまにか舞台で傲慢になってた。もちろんそんな意識はない。けどなってた。
未熟。未熟だよ、まだ。未熟に、気付かされた。

 

A21C86F5-7EC8-433B-B1C7-BFB33A4172D2

 

そんな未熟モノの芝居観にクリスマスあけてくれたお客さん。2回公演とも会場いっぱいに集まってくれた。
僕にはサンタクロースに見えましたよ。いやホントに、嬉しい。

 

0FA64FA3-18F3-4DC9-9A34-947CDBD72C26

 

ご協力いただいたエイチエムピー・シアターカンパニーさん、ののさん、樋口さん、大阪のみなさん、ありがとうございました。

 

西藤将人

 

DB824D49-58D9-491D-8400-BB99D05B7D49

 

 

 

今度はゆっくり、山口公演

2018年12月23日 日曜日

12月23日、山口公演でしたー!

 

D9F2B81A-09FD-4D9B-957D-40D7F36D855F 98E5F63C-DF29-42CE-93FB-50ADDABFC658

 

中四国ツアーから2年ぶりの山口は会場も2年ぶり。スタジオイマイチにただいま。
怒ったウサギが印象的で忘れられない空間。

 

6BCB86B7-4019-4B34-87FE-B5475B6C504E 66902F58-79E7-47D9-98F1-B3E9B7C6152C F388D750-E44E-48A9-A25E-0AD4F2E8EE74

 

四国もそうだったけど、2年前から成長した姿を見せなきゃってプレッシャーをかけてのぞみました。
精一杯やったけど、お客さんにはどううつったかな。ちと不安だけど、みなさんの笑顔を見るにつけ心配無用かもね。
山口のみなさん、ありがとうございます。

 

8C8B1EA4-53BD-4BAE-AFE5-5E26986CE496

 

劇団シバイヌの宮崎さんには2年前から山口公演でお世話になりっぱなし。
今回の山口公演も滞在時間5時間半っていうバタバタなスケジュールだったけど、嫌な顔ひとつせずにお付き合いいただいた。
めちゃくちゃ感謝してます。

 

9C74D49D-3B0C-4700-B0AF-2FE6F9121ECB

 

今度来るときはゆっくり山口を楽しみたいな。
ひとまず大阪へ。このツアーもまもなく千穐楽です。

 

西藤将人

 

 

九州ツアーおわり、長崎公演

2018年12月23日 日曜日

12月21日と22日、長崎諫早公演でしたー!

 

182F9718-3592-4C5C-BB4A-528DD6F143CD

 

初日も無事に終えてからの2日目はワークショップもやりました。久しぶりのワークショップだったけど、これもツアーの経験がいきてた。
うん、ぜーんぶ繋がってるのねぇ。
あ、ランチは諫早の名店で海鮮丼をいただきました。新鮮、美味し。

 

A819D083-F51C-4DF6-90EC-66C0B98FA17F 9DA0A928-0E1F-4A07-88FE-5691CA404A19

 

会場の独楽劇場は諫早の演劇人にとってかけがえのない大切な場所。ここで芝居できたってことが財産。
寺井よしみさんにもお世話になりました。
ありがとうございます。また来たいな。

 

F27A055A-E024-4AC0-A2C0-DE128B5F9743

 

劇団ヒロシ軍の荒木宏志さんにはたっくさんの感謝を。
彼がいなかったら長崎どころか佐賀も大分も鹿児島にも行けてない。荒木さんとの出会いに救われた。
彼の謙虚で真摯なハートにはとても共感できる。ありがとう。また会おう。

 

237BCE2C-3049-4100-AE5C-90A280EC8715

 

長崎、充実の二日間でした。
みなさん、本当にありがとうございました。

 

西藤将人

 

 

 

喋って食べてまた喋る、佐賀公演

2018年12月21日 金曜日

12月20日は佐賀公演でしたー!

 

6E1CB19C-460E-4B2A-94B2-43908AEF42F5

 

開演前に小腹がすいたので会場近くのぎょうざ屋さんへ。かる〜くオススメされたから行っただけで正直あまり期待してなかったけれど、うんまーーーい!!
え!?なんですかこの餃子!人生で一番美味しいっす!
フラッとこの出会いがあるなんて、佐賀恐るべし……。

 

E1889DE1-8B15-488D-9932-49E57F0F18AC 899F015C-BD3A-414F-B8A1-83A1DE0D0475

 

会場のカフェ・ブラッサンスさんにぎゅーっと集まってくれた佐賀のみなさん。僕の芝居を楽しんでくれてなによりです。
後ろの本がいい味だして10万年トランクがいつもと違った雰囲気だったね。

 

CB52DFAB-A542-4386-8BDC-9424A7671B3E 3A51B4A9-F562-4823-9D49-67DAA7B6D919

 

終演後は、やーきーにーくー!!
僕のヒストリーとこれからを聞きたいってリクエストにお応えして喋る喋る食べる喋る食べる喋る喋る喋る食べる喋る……。
美味しく愉快なひとときでした。

 

AA57489E-45EE-475D-96AB-B17D2A84C51D 834EF67A-BDE5-4055-ABB3-5C34B1446A65 2EE656EA-71BE-4C62-9E72-6CD9ECC49F2A

 

佐賀公演、どうなるかちょっぴり不安だったけど蓋を開けてみたら楽しすぎました。
ご協力いただいたヘンリー西正さん、カフェ・ブラッサンスさん、お宿を提供してくれた中島さん、佐賀のみなさん、本当にありがとうございました。
これで42都市目。次の長崎で、九州制覇です。

 

4F77A93B-CC9B-4D3A-8DAE-4EF841B9C1A4

 

西藤将人

 

 

 

鄭づくし、福岡公演

2018年12月20日 木曜日

12月19日は福岡は北九州枝光公演でしたー!

会場のアイアンシアターさんの噂は常々聞いていた。
「めちゃくちゃいいホールだよ」だとか「あそこの鄭くんは九州一いい奴」とかね。
最初に言っときます。その通りでした。

 

7BEAD34A-0A96-4E70-AB13-8B13CCC1A16D

 

到着して鄭さんとご挨拶。
このときすでになにかシンパシーを感じてました。
鄭さんにご紹介いただいたご近所のお蕎麦屋さんへ。ここのオススメのカレーそば、いただきます。
なんちゅうか、美味いんだよね。語彙力不足だけど、事実としてお出汁ぜーんぶペロリです……。

 

EA35EEE6-5533-4317-A808-52E2A0ECF83C E34C7C18-0418-4A84-80B8-4C29C77E2019

 

アイアンシアターは銀行を生まれ変わらせた劇場で使い心地バツグン。ホールの他にもアトリエもあって、表現者としてはこれ以上ない環境。
今日も短い準備時間だったけどね、おかげさまでいい本番になりました。
なにより鄭さんが作品を大事にしてくれるのが嬉しい。

 

675C5553-A7CF-4E06-8D87-9C9F9688137C 754378E8-3DD3-415D-B445-539033084ED0

 

鄭さんはアイアンシアター近所の商店街で〝枝光まちなか芸術祭〟を開催してる中心人物でもあるんです。
この祭りの期間中は、日本各地から集まったアーティストが枝光本町商店街を所狭しと暴れまわるんだって。すごいよね。
雲南も負けないくらいのやりたいな。うん、やろう。

 

54923876-8C89-448D-A2AE-3F7BA87D2F14 35E7B6B2-5E46-46DA-914A-4A6A33B874FB

 

鄭さんのことばっかだけど、ホントにこの人とはもっと遊びたいな。
島根にも当然来てもらおう。今度は僕がもてなすぜ。
あつくて面白くて料理上手な男、鄭慶一。忘れない。

 

B16EB4F1-1599-472D-8F30-2D0D3AB1E1E8 71BD265E-9491-4E49-A970-941D983B3002

 

最高の本番があって、最高の出会いがあって、最高の酒が飲める。贅沢な一日でした。
枝光のみなさん、現地制作を手伝ってくれた雪野さん、そして鄭さん、本当にありがとうございました。
ぜーーったい、また来ます。

 

DE65728E-7F57-4780-A8AB-53722D6BEFF8

 

西藤将人

 

 

自然に優しく甘えてね、宮崎公演

2018年12月19日 水曜日

12月18日は、宮崎公演でしたよー!

 

2DA1F1B4-5FFB-4582-B877-5BADE52F8464

 

ポカポカ陽気の宮崎駅から都城へ向けて1時間ほど電車でゆらゆら山を突っ切ると、到着しましたよ三股駅。
のどかな風景が広がるそこにあるのが〝えき劇場〟。三股駅にある多目的ホールが本日の会場です。

 

7A118BFE-E8CE-47E3-B1E0-71318B74AB7B D2F8BCED-8046-44F7-B1A0-11AA1BA65566

 

劇団こふく劇場さんと三股町立文化会館のみなさんが出迎えてくださってまずはご挨拶。
なんだかみんな優しそうなんでね、会場準備前の前にワガママ言ってみました。
「あのー、昨日小道具の投光器が壊れちゃったんでホームセンター連れてってほしいんです……。」
嫌な顔ひとつせずOKのお返事。助かったぁ……。

ホームセンターまでの道中こふく劇場代表の永山さんが「助けてって言えるって大事なんだよね」ってさ。これほんと。
振り返ってみるとこのツアー中何度「助けて!」って甘えてきたかわからない。
会場に帰ってから「じつはトランクも満身創痍で……。修理できたりします?」
そしたらこふく劇場の濱砂さんがトンテンカンテン。や、やさしい……。

 

EA16E7F1-AB47-42BE-9030-F85EE2D226F2 B7711E45-84D2-42CE-8CAA-AAA9BFF0B6F4

 

宮崎にはたくさんの優しさがあって、僕は全力で甘えながら舞台に立ってみました。
そしたらまるで違うね、お客さんもあたたかい。
前日投光器がないまま芝居したのも無駄じゃなかった。全部繋がってる。

 

E53C5634-4C1E-4A1E-B2D9-E1319B5833F1

 

終演後は鶏肉かじりつきながら楽しいひととき。もうみんな大好きだわー。
こふく劇場さん、三股町立文化会館のみなさん、宮崎のみなさん、ありがとうございました。

 

62547832-9256-4EDB-AD51-58E4E18AFFB8 984892E8-C714-4A8B-9466-0CB771BE6F5B E64CA3B5-D21C-4223-A8BE-0FE502E694F9 9DFA9B7D-D270-45E4-9BB6-B3E59BEAEDD3

 

こふく劇場の永山さんは今まで出会った演劇人と違う。どう違うってまだわからないけれど、なんだか自然体ってことの大切さと難しさと厳しさを教えてくれる。
また出会いたい人。こんなすごい人が宮崎にはいる。それが、嬉しい。

 

9020CBB8-6E13-4D44-8C1D-8FE0E616BA5B E016C931-A1F1-48E4-B8E9-64B2BF81A2A0 5B6CF5F6-0BA6-4A81-A083-1F008B333736

 

西藤将人

 

 

 

満身創痍で温泉へ、大分公演

2018年12月18日 火曜日

12月17日は大分別府公演でした〜!

 

E8DD4CB9-0C22-4601-A545-AB5987A83BAC

 

大分までの道中に阿蘇を通過したのだけど、車窓から広がる景色がじつに素晴らしい。
鹿児島からも思ってたけど、九州のお山は本州のものとはまるで違う。
なんか、簡単に近づいちゃいけないよな……。

 

0D0DECC0-8CF7-4086-9DD7-E3C0E309427D

 

別府に着くと「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」というキャッチフレーズを考案した〝油屋熊八〟さんが出迎えてくれました。
そうか、別府ではもうすぐラグビーのワールドカップだものね。

 

99859CEF-65F0-41DD-A1A8-476942E5F23D

 

会場の紙屋公民館の一階には温泉が。さすが別府ね。
100円で入浴できるのが普通ってすごい。
無料のところもいくつかあるっていうし、別府は温泉が文化で生活なのねぇ。

 

EE912474-B9A0-43AB-8208-7EAD0CDE8291

 

順調に進んでた全国47都道府県ツアー。本番準備中にはトラブルが。
ドライヤーをかけてたら停電。それだけならまだしも、我が相棒の投光器が壊れちゃいました……。
ずっと頑張ってくれてたもんな、投光器。
おつかれさま。

 

A3F3EAEC-A31D-47A6-B248-20CD3AAF1189 3D1382D6-3E13-48B0-8730-410803B489B7

 

酷使してきたトランクも満身創痍な状態になってきたけどね、これもツアーの醍醐味って捉えよう。
そのぶん西藤が進化しなきゃいけねーよ、って神様に言われてる気がする。
投光器なしの大分公演も必要な出来事なんだろうな。

 

791F150B-918A-4F5D-804F-216984BB83F1

 

協力いただいた劇団不在のルーシーさんは演劇に誠実で落ち着いた方。今度はゆっくりお話したいな。
ありがとうございました。
金平糖企画さんも大分のみなさんにも感謝です。
またお会いしましょうねー。

 

89B28B97-8469-4F69-AE4F-C5DF1707A940

 

西藤将人

 

 

浮世離れで、熊本公演

2018年12月17日 月曜日

12月16日は熊本公演でしたー!

 

468340D1-2E72-4E39-9CF6-CC0659D78FE6

 

日曜日の熊本は想像以上な賑わいでビックリ。
雄大にそびえ立つ熊本城を眺めてからまずはラーメン。美味し。

 

D53DAF9E-3489-4584-91BC-5856E8F1D727 88477336-199F-4C74-8CE6-CDEFF9DE72B6

 

〝Sulcambas!〟の松岡さんにご協力いただいた熊本公演は今の自分ってものを再確認できた一日になりました。
残り9都市の今、この景色が見えてよかった。
熊本のみなさん、松岡さん、本当にありがとうございました。

 

F3A6B653-468A-4CEC-9A98-6B0CC60033C0

 

終演後は松岡さんと熊本で出会った方々とご飯へ。
世間もくまモンもクリスマスなんだなぁと思いながら、浮世離れしちゃって毎日芝居ばかりしてる時間がなにより幸せだなと感じた夜でした。

 

CD227298-BC6A-4350-A6E0-2F0450897FEB

 

西藤将人

 

 

 

しんぷるいずベスト、鹿児島公演

2018年12月16日 日曜日

12月15日、九州上陸!鹿児島公演でした!

朝9:00那覇空港発の飛行機に乗り遅れちゃならん!というプレッシャーのせいか、一睡もできず鹿児島入りした僕。
苦手な飛行機に揺られたのも相まって、鹿児島へ降り立ったときにはフラフラでした……。

 

0FFF32D9-16BF-4F8D-9EB3-EE39E3FF4F46

 

劇団鳴かず飛ばず主宰の米田さんと合流してから本日の会場へ。
すると演劇集団宇宙水槽さんたちが会場の設営をしてくださってました。ありがたや……。
ちょっと落ち着いてから、みなさんとまずはランチでカツ丼へ。

 

7424E459-46F9-4157-873B-3ACC924DC9A7

 

休憩後もフラフラだったけどね、本番には間に合わせましたぜ。
鹿児島のお客さんにも喜んでもらえたみたいでね、ホッとひと安心……。
劇団鳴かず飛ばずさん、演劇集団宇宙水槽さん、鹿児島のみなさん、本当にありがとうございました。

 

257FADA3-5BC7-46BB-85A4-0510C87C32DF 12A040A7-FC20-4DE8-9220-1C1155AE6EDC

 

終演後はもちろん打ち上げ。
「鹿児島は名物料理ないんです。素材の味で勝負してるんで……。」って米田さんが言ってたけど本当でした!
新鮮な鶏肉を炭火で焼いて塩で食す!もちろん生でも!しんぷるいず、ベスト!!
こ、これは美味すぎる……。焼酎も……。

 

A0CB53F9-3B06-430B-88D5-BE23D85C65DF 43FD6F6A-0B57-4709-AC04-EE9DE0D4B291 9C18B433-1400-4B33-A322-A04FCCBB3DF1 E66D6453-15E6-4C2C-9D13-01BD13F1DDD3 A55933C1-092F-45F5-A9A1-7BB6419A4F4C D033C42E-6E3B-407E-ADEC-6E140721CCE5

 

鹿児島公演はなかなか詳細が決まらなくてちょっぴり不安だったけど、米田さんを信じてよかった。鹿児島のみなさんから信頼されてるのも納得の人柄。
打ち上げの途中で稽古行っちゃうし、演劇好きなのが伝わってくる。
なんだか西郷どんにも似てるしね。
会えてよかった。感謝です。

 

1D2E6E13-F681-43EF-8873-71071D4581DD

 

西藤将人