‘西藤 将人’ カテゴリーのアーカイブ

2019年の365日公演と、演劇テーマパーク。

2017年6月6日 火曜日

結局は生き様。365日公演やるってのもそこ。

 

立場も人種も超えて人が気軽に集まることができる場所、

そこでは楽しく真剣に毎日誰かが誰かのために表現をしている。

そんな環境が“演劇テーマパーク”なんじゃなかろうか。

 

人間が人間らしく、自由であるために。

2019年、僕は365日毎日舞台に立ちます。

 

そりゃもう大変だろうけど、精一杯楽しみます。関わってくれた皆さんにも楽しんでもらいます。

けっして僕一人の挑戦じゃありません。島根雲南でしかできない演劇カーニバルです。

そして、宝物をつくります。

 

劇団ハタチ族 代表 西藤将人

 

 

『劇団ハタチ族 西藤将人の、どこでも劇場』in横浜 one person play

2017年5月16日 火曜日

劇団ハタチ族 + Plant M

『劇団ハタチ族 西藤将人の、どこでも劇場』in横浜

 one person play

 

_dsc4229 13528990_1097164380362431_1079264975208364452_n 13558930_1097164813695721_2408518478690241506_o _dsc4231 13528500_1097164810362388_5128690920525110698_o

 

 

興信所に、名もない男が訪れる。

依頼内容は、「この男を探して欲しいんです。正確には、このヴォイスレコーダーの男が僕であると証明して欲しいんです」

ヴォイスレコーダーから聞けこえる声は、目の前にいる名もない男の声である。

名前を忘れた男。自分が誰であるかを忘れてしまった男が、自分を探す物語。

「ハロー、ハロー」 世界はまだ終わっちゃいない。

 

 

img_23161

 

作・演出

樋口ミユ (Plant M)

 

出演

西藤将人 (劇団ハタチ族)

 

 

公演日時

2017年8月11日(金曜日・祝日)14時開演

※開場は開演の30分前

※上演時間約50分

 

料金

投げ銭制 (要予約)

ご予約はplant.miyu.ticket@gmail.comまで。

 

公演場所

WAKABACHO WHARF

URL http://wharf.webnode.jp/

住所

神奈川県横浜市中区若葉町3−47−1

アクセス

京急 「日ノ出町」(急行停車駅)下車 徒歩8分

京急 「黄金町」下車 徒歩4分

横浜地下鉄(ブルーライン)「板東橋」下車(3B出口) 徒歩7分

市バス「横浜橋」下車 徒歩3分

映画館「Jack & Betty」斜め前

 

お問い合わせ

090-9160-7847 (樋口)

 

 

西藤将人出演!! Plant M 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』スピンオフ作品『赤鬼の授業』

2017年5月10日 水曜日

西藤将人出演!!

Plant M 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』スピンオフ作品

『赤鬼の授業』 

主催:中野貢献隊

 

中野の土地で、旧中野小学校の教室で、中野のためのスピンオフ作品。

 

image2 (1)

 

「毎年、いろんな子がこの廊下を走り抜けて、全部で80人くらいだけど、全員の言葉を聞いてたよ。」

 

作・演出

樋口ミユ

出演

西藤将人(劇団ハタチ族) 深田愛佳

日時

8月19日(土)

開場17:30 開演18:00

上演終了後にアフタートークがございます。

 

8月20日(日)

開場17:30

18:00からポストトーク 、18:30から上演開始となります。

【この日は球技大会もあり混雑が予想されるので開演時間を変更いたします。ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。】

 

※全席自由・定員あり・要予約(上演時間は約40分ほど、トークは20分ほどを予定しております)

 

 

会場

雲南市三刀屋町中野 旧中野小学校の教室

島根県雲南市三刀屋町中野375-2

駐車場有り。カーナビをご利用の際は、上記住所または「中野交流センター」と検索してください。国道54号線(出雲神話街道)からは[飯石ふれあい農道]をご利用いただくと、県道51号線より道が広く走行しやすいです。

料金

500円(要予約)

高校生以下、中野住民の方は無料。

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』公演の半券チケットをお持ちの方は先行入場できます。

半券をお持ちでない方、中野住民でない方はお席へのご案内が最後となります。

ご予約(開始日 2017年6月1日)

【電話】090-3889-5969(多賀法華)

【メール】norizou.0805.1125@gmail.com

メールの場合は①お名前②ご希望日時③ご予約人数④電話番号を明記してください。

お問い合わせ

【電話】090-9160-7847(樋口)

【メール】plant.miyu@gmail.com

 

Plant Mホームページ https://plant-m.jimdo.com/

 

 

 

西藤将人&井上元晴出演!! Plant M No.13 雲南木次公演 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』

2017年5月10日 水曜日

西藤将人&井上元晴出演!!

Plant M No.13 雲南木次公演 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』

主催:Plant M 共催:株式会社キラキラ雲南

 

“鬼”という存在は、いつの時代でも忌み嫌われる。今現在よりも少し未来のお話。当たり前のように手元コントローラーで戦争をするような時代に突入した世界で、二人の男たちが兵士の仕事をしている。ひとりはまるでヤンキーあがり。もうひとりは、演劇をしている男。戦争と演劇を想像しながら、自分たちにとっての表現は何かと模索する物語。絵本の「泣いた赤鬼」に着想を得る。

Plant M的現代版泣いた赤鬼

 

FullSizeRender (1)

 

 

ココロ ノ ヤサシイ オニ ノ ウチデス 

−これ鬼じゃないといけないの?

−ん?

−人間じゃダメなわけこれ。

−泣いた赤鬼って題名だろ。

−人間と鬼ってそんなに違う?

−じゃお前は「泣いた赤鬼」はなんのお話だと思う?

作・演出

樋口ミユ

出演

西藤将人(劇団ハタチ族)  井上元晴(劇団ハタチ族)

日時

7月29日(土) 19時

7月30日(日) 13時/17時  3回公演

※開場は開演の30分前

※各回限定50席

会場

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール 2階ホール

島根県雲南市木次町里方55

料金(チケット発売日2017年6月1日)

前売1500円/ 当日2000円

高校生以下無料(要予約)

※日時指定・全席自由・税込み

 

ご予約(開始日 2017年6月1日)

【web】http://www.cheriver.com/playguide

【電話】0854-42-1155(9:00~20:00)

【メール】plant.miyu@gmail.com(Plant M)

メールの場合は①お名前②ご希望日時③ご予約人数④電話番号を明記してください。

プレイガイド

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール

お問い合わせ

【電話】0854-42-1155(チェリヴァホール)

【メール】plant.miyu@gmail.com(Plant M)

 

Plant Mホームページ https://plant-m.jimdo.com/

 

 

西藤&井上出演!Plant M赤鬼シリーズ2本立て!!

2017年4月21日 金曜日

西藤将人&井上元晴出演!Plant M赤鬼シリーズ2本立て!!

 

赤鬼バナー

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

Plant M No.13 雲南木次公演 

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』

主催:Plant M 共催:株式会社キラキラ雲南

 

“鬼”という存在は、いつの時代でも忌み嫌われる。今現在よりも少し未来のお話。当たり前のように手元コントローラーで戦争をするような時代に突入した世界で、二人の男たちが兵士の仕事をしている。ひとりはまるでヤンキーあがり。もうひとりは、演劇をしている男。戦争と演劇を想像しながら、自分たちにとっての表現は何かと模索する物語。絵本の「泣いた赤鬼」に着想を得る。

Plant M的現代版泣いた赤鬼

 

FullSizeRender (1)

 

ココロ ノ ヤサシイ オニ ノ ウチデス 

−これ鬼じゃないといけないの?

−ん?

−人間じゃダメなわけこれ。

−泣いた赤鬼って題名だろ。

−人間と鬼ってそんなに違う?

−じゃお前は「泣いた赤鬼」はなんのお話だと思う?

 

作・演出

樋口ミユ

 

出演

西藤将人(劇団ハタチ族)  井上元晴(劇団ハタチ族)

 

日時

7月29日(土) 19時

7月30日(日) 13時/17時  3回公演

※開場は開演の30分前

※各回限定50席

 

会場

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール 2階ホール

島根県雲南市木次町里方55

 

料金(チケット発売日2017年6月1日)

前売1500円/ 当日2000円

高校生以下無料(要予約)

※日時指定・全席自由・税込み

 

ご予約(開始日 2017年6月1日)

【web】http://www.cheriver.com/playguide

【電話】0854-42-1155(9:00~20:00)

【メール】plant.miyu@gmail.com(Plant M)

メールの場合は①お名前②ご希望日時③ご予約人数④電話番号を明記してください。

 

 

プレイガイド

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール

 

お問い合わせ

【電話】0854-42-1155(チェリヴァホール)

【メール】plant.miyu@gmail.com(Plant M)

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

Plant M 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』スピンオフ作品

『赤鬼の授業』 

主催:中野貢献隊

 

中野の土地で、旧中野小学校の教室で、中野のためのスピンオフ作品。

 

image2 (1)

 

「毎年、いろんな子がこの廊下を走り抜けて、全部で80人くらいだけど、全員の言葉を聞いてたよ。」

作・演出

樋口ミユ

出演

西藤将人(劇団ハタチ族) 深田愛佳

日時

2017年8月19日(土)・20日(日) 両日とも18時開演

※開場は開演の30分前  ※全席自由

(上演時間は約40分)

定員あり、要予約

会場

雲南市三刀屋町中野 旧中野小学校の教室

島根県雲南市三刀屋町中野375-2

駐車場有り。カーナビをご利用の際は、上記住所または「中野交流センター」と検索してください。国道54号線(出雲神話街道)からは[飯石ふれあい農道]をご利用いただくと、県道51号線より道が広く走行しやすいです。

料金

500円(要予約)

高校生以下、中野住民の方は無料。

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』公演の半券チケットをお持ちの方は先行入場できます。

半券をお持ちでない方、中野住民でない方はお席へのご案内が最後となります。

ご予約(開始日 2017年6月1日)

【電話】090-3889-5969(多賀法華)

【メール】norizou.0805.1125@gmail.com

メールの場合は①お名前②ご希望日時③ご予約人数④電話番号を明記してください。

お問い合わせ

【電話】090-9160-7847(樋口)

【メール】plant.miyu@gmail.com

 

Plant Mホームページ https://plant-m.jimdo.com/

 

 

西藤将人出演!! PLANT M No.12『凜然グッドバイ』雲南公演

2017年4月12日 水曜日

西藤将人出演!!

PLANT M No.12『凜然グッドバイ』雲南公演

主催 Plant M

平成29年度日本芸術文化振興基金

 

FullSizeRender

 

どんな自分になりたいのか、なれるのか、なれないのか、諦めるのか。

でも諦めきれないならどう生きるのか。なりたいものなどないならどう生きればいいのか。

誰と生きるのか、誰と生きたいのか。

 

はるか未来。

 

窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、未来のこと。

 

 

出演

出口弥生

ののあざみ

西藤将人(劇団ハタチ族)

 

日時 2017年6月10日(土) 14時/18時

 

作・演出/樋口ミユ

振付/原和代

舞台監督/河村都(CQ)

音響/金子進一。(T&Crew)

照明プラン/皿袋誠路(PAC West)オペレーション/山口星(NEXT lighting)

舞台美術/柴田隆弘

衣裳/植田昇明(kasane)

制作/尾崎商店

チラシデザイン/岸本昌也

 

雲南公演会場 雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール

〒699-1311 島根県雲南市木次町里方55雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール

 

チケット 早割(チェリヴァホールのみ取り扱い)5月20日〜5月31日 早割先行販売2500円

ウェブ http://www.cheriver.com/  tel 0854-42-1155

 

チケット 一般前売り 予約フォーム カルテットオンライン 6月1日〜前売り2800円

https://www.quartet-online.net/ticket/rinzen6unnan

当日3000円/高校生以下前売り当日ともに500円

 

※受付開始、開場は上演の30分前。

※未就学児童のご入場はご相談ください。

※上演予定時間1時間20分。

 

凜然グッドバイオーディション

Plant Mでは来年の2018年に、一緒に山陰版『凜然グッドバイ』を創ってくださる山陰で活動されている女優さんを募集しております。

  • 実際の公演日は決定したキャストと日程を調整して決めます。

 

日時 2017年6月11日(日)12時から18時までの間、随時行います。

応募資格 10日(土)の『凜然グッドバイ』観劇が条件となっております。

申し込み方法 氏名、年齢、12時から18時までの間にチェリヴァホールに来館できる時間を記入のうえ、plant.miyu@gmail.comまでご連絡ください。折り返しお返事いたします。

 

PLANT M 樋口ミユ

Plant M 事務所

〒557-0031

大阪市西成区鶴見橋1−16−33 4F

plant.miyu@gmail.com

https://plant-m.jimdo.com/

 

 

マンモスのように

2017年4月11日 火曜日

巨大なチカラを目の前にした瞬間、無力さに絶望する自分を想像する。

 

友人や家族や近所の人々、先祖から受け継いで必死こいて生きてきて

積み上げたものなんて意味ないって悟るくらいのチカラが世の中には存在する。

善も悪もない。チカラだけがそこにある。完全な負けを認めたとき、僕はどうするだろう。

 

黙って立ち竦むことだけはしたくない。でも今の僕はそんなもんだろうな。せいぜい大声で叫ぶくらいだ。

チカラはいらない。チカラとかじゃないんだ。確固たるものをつくろう。

自分だけじゃなく、もっとみんなで。みんなで確固たるものを。

 

きっとそれは演劇だ。演劇で刻みこむ。生きてた証を。

 

突然話し変わります。すみません。僕はマンモスに憧れてます。

 

氷河期にマンモスは死ぬギリギリまで笑って生きてたんだって思わせてくれるから。

せいぜい「ちょっと寒かったけどね」ってなもんだ。

 

話し戻します。ミサイル目の前でマンモスみたく立ってられるか。

今は正直無理だけどいつか必ず。一歩一歩、みんなでね。

 

氷河期になっても有事のときでも、裸で演劇やってやる。

 

 

西藤将人

 

 

随時更新『西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!』詳細

2017年4月10日 月曜日

2017年は毎月開催!

西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!

 

1701mws

 

2017年12月11日(月) 20:00start

 

※開催日は変更になる可能性があります。

※上演時間は60分~90分です。

 

会場

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール2階ロビー

〒699-1311 島根県雲南市木次町里方55番地

 

参加料金

投げ銭制

 

お問い合わせ

20zoku.post@gmail.com

 

※お子様にはむかない内容となっております。ご了承ください。

 

 

雲南で続けていく。生きていく。演劇で。

2017年3月29日 水曜日

今年の木次桜祭りは4月の1日と2日。

そこまでに桜の開花が間に合うのか心配な、劇団ハタチ族の西藤将人です。

先日本番を迎えた『異伝ヤマタノオロチ』を振り返ってみる。

 

1Q8A0474_original

 

雲南市創作市民演劇は実行委員会のみなさんを中心に、

作・演出の亀尾先生、チェリヴァホールのスタッフの皆さん、そして参加者の尽力によって発展してきた。

参加者も約30名から約80名と膨れ上がり、市内はもちろん、県外からの注目もある。

 

今回の異伝ヤマタノオロチのチケットは早々に完売。

亀尾先生のあらゆる意味でのギリギリの演出には毎回ヒヤヒヤさせられながらも、

作品はよいものになった。これぞ雲南市民劇という作品に。

 

木次商店街を歩けばポスターが並び、

本番後は地域のみなさんに「おつかれさま」と労っていただける。

これも演劇が雲南市に根付いてきた証拠。ありがたい。

 

ありきたりな言葉だけど、参加できてよかった。

くさらず演劇を続けてきて、本当によかった。

僕を受け入れてくれた皆さん、座組みのみんな、ご来場してくださったお客様、

関わってくださった全ての皆さんに感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

1669_large

 

 

ふむふむ、ところで西藤はどうなんだと。ちゃんと自分のことを振り返れと。

このブログを読んでくださってる皆さんはそろそろ感じたんじゃなかろうか。

綺麗なことばっかり言ってんじゃないよと。

わかっておりますよ。でもね、素直に書いてるんですよ。

素直に、振り返ります。

 

 

初演の『異伝ヤマタノオロチ』から5年。

この歳月は僕にとって大きなもので、実際ハタチ族はまだ劇団じゃなかったし、

雲南を拠点にずっと演劇やってくって決めたのもこの期間だ。

なにより5年前はチャラチャラ演劇やってた気がする……。情けない。

365日公演や単独ツアーやったりしたけど、実際どこまで成長したのかよくわからないしね。

 

 

とはいえ一般参加だった前回と、特別出演となった今回。

『異伝ヤマタノオロチ』という作品は変わらずとも立場や責任、重圧ってのは変化した。

勝手に自分にプレッシャーをかけて、理想と自力の差にモヤモヤもした。

まぁ所詮今の自分はこんなもんだって納得もしてるから無駄に落ち込むこともないですけどね。

 

でもね、僕のちっぽけなモヤモヤなんか吹っ飛ばしてくれる人たちがいたんです。

それは、今回市民劇に参加していた子供達。

 

1Q8A5009_original DSC_6009_original

 

打ち上げで速水雄一雲南市長がこんなことを言ってた。

「演劇やってれば学校なんていかなくていい!それぐらい演劇、市民劇は素晴らしい!!」

おいおい、そんなこと言っちゃっていいのかと思いながらも素直にその言葉は嬉しく、

同時に納得もした。

それは僕も学校にあまりいかなかった人間だからではなくて、

市民劇に参加している子供達は本当にめっちゃしっかりしてるし、賢いし、なによりチャーミング。

稽古場での吸収率が半端なく、直前までキャーキャーしてるのに舞台に立つと誰よりも堂々としている。

いやはや、凄いわ……。

 

僕はいまのところ子供のためだったり、子供向けの演劇やってるわけじゃないけど、

なんだかこれからの活動に影響を与えられそうな気がしてならない。

最近ワークショップをやりたいって無性に思うのもそのせいなのかもね。

 

 

あ、それと今回嬉しいことがあった。

それは、三刀屋高校演劇部の生徒たちがたくさん参加してくれたこと。

彼女達のことは1年生の頃から知っていて、僕は自主公演を手伝ったこともある。

その後も演劇を続けていた彼女達は、この春卒業してそれぞれの道を歩んでいく。

じつに感慨深い。

 

学生生活を送りながらの演劇は、きっと楽しいことばかりではなかったと想像する。

それでも続けてくれたことに感謝したい。本当にありがとう。

 

IMG_3519

 

僕は今回貴女達と一緒に舞台に立てたことが誇りです。

そしていつかまた一緒に演劇やることが僕の夢の一つです。

そんな素敵な夢を与えてくれてありがとう。

これからもずっと演劇を好きでいてくれることを願っていますし、

そのためにも僕はこれからも演劇やっていきます。

 

市民劇がこうして続いてたから僕も彼女達も舞台に立てたわけで、

そう考えたら5年後は一体どうなってんだろう。僕も子供達も彼女達も市民劇も、そして演劇も。

これからどうなっていくのかわからないけど、雲南市創作市民演劇はずっと続いていってほしいし、

参加者のみなさんも演劇とこれからも近くにいてほしいな。

もちろん僕にできることがあれば全力でやるしね。

 

うん。続けるってこと、それが一番大切。

それが生きるってこと。それが演劇なんだな。

そんなことを感じた、雲南市創作市民演劇『異伝ヤマタノオロチ』でした。

 

DSC_5425_original

 

 

そして最後に、ひとつだけ。

 

雲南市創作市民演劇の本番はほとんどが3月中旬におこなわれてきた。

5年前の異伝ヤマタノオロチ初演もそうだった。

 

当時は2012年。東日本大震災からちょうど1年をむかえていた。

本番1週間前の稽古場。参加者全員で黙祷を捧げた。

 

あれから5年。2017年のあの日も、今年も稽古をしていた。

演劇ができる喜びを噛み締めて、演劇のために演劇をする覚悟と向きあいながら。

 

来年も、これから先もずっと、演劇をしていく。

終わっていないから。決して忘れないから。

雲南で続けていく。生きていく。演劇で。

 

 

劇団ハタチ族 代表 西藤将人

 

794_large 797_large 212_large 663_large 481_large 511_large 527_large 534_large 558_large 559_large 569_large 689_large 588_large 589_large 1627_large 603_large 607_large 525_large

 

 

 

Plant M information 2017

2017年3月17日 金曜日

Plant M information 2017

 

雲南木次のみなさま! ご無沙汰しております。雲南大好きっ子の樋口ミユです。Plant M今年の雲南での活動は盛りだくさんでございます。

みなさまにお会いできることを楽しみに、今日も日々、ひぐち頑張っております! みなさま、ぜひ観に来てくださいませ。(樋口ミユ)

 

 

 

Plant M no.12 『凜然グッドバイ』 雲南公演(予定)

主催:Plant M

 

6月 チェリヴァホールにて

 

作・演出

樋口ミユ

 

出演

ののあざみ 出口弥生

 

ゲスト出演

西藤将人(劇団ハタチ族)

 

※詳細は後日Plant MホームページにUP  h.ps://plant-m.jimdo.com/

 

 

 

 

Plant M No.13 雲南木次公演 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』

主催:Plant M 共催:(株)キラキラ雲南

 

作・演出

樋口ミユ

 

出演

西藤将人(劇団ハタチ族)  井上元晴(劇団ハタチ族)

 

Date

7月29日(土) 19時

7月30日(日) 13時/17時  3回公演

※開場は開演の30分前 ※全席自由

 

Ticket

前売1500円/ 当日2000円/高校生以下無料(要予約)

 

Place

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール 2階ホール

 

お問い合わせ

チェリヴァホール Tel(0854)42-1155

 

 

 

Plant M スピンオフ作品 『赤鬼の授業』

主催:なかのわこーだーず

 

作・演出

樋口ミユ

 

出演

西藤将人(劇団ハタチ族) 他1名

 

Date

8月下旬(予定)

 

Ticket

高校生・中野住民の方は無料。

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』公演の半券チケットをお持ちの方は500円。

※半券を持ってない方(中野住民でない方で)も500円ですが、お席へのご案内が最後となります。

 

Place

旧中野小学校の教室

 

※詳細は後日Plant MホームページにUP  h.ps://plant-m.jimdo.com/