2015年1月8日 のアーカイブ

8日目のセミ

2015年1月8日 木曜日

寒いのニガテ。

雲南市に移住して、早くも、雲南のことが、、き、、き、、ら、、

早く春にならないかなあ。

蝉のように土に埋もれて眠ってるわけにもいかないのです。

でも、こんな寒さだからこそ、人はあたたかいし、景色は美しいし、・・・と思うと寒さは憎めないですのよね。

日々、雲南の魅力にとりつかれていっています。

松島彩です!・・・はみ出してる方です!

image2

 

さてさて、今日は8日目!

17人のお客様にお越しいただきました。

ありがとうございます!!!!

image1

 

今、「三月記」という作品を今やっていて。

コトバにうまくできず、パソコンの前で、ジ―――っとしちゃっているのですが。

正直、どうしてこの作品をやるのかと聞かれると、私はまだ答えられません。

そんな経験がある人、ない人。

想像もつかない人、思い出したくもない人。

いろいろな方がいらっしゃると思う。

私は、思い出したくない人です。

もしかしたら、ほかの人がこの作品をやっていたとしたら、私は劇場に行かず、一生この作品に出会うことはなかったと思います。

どんな作品でもまずは出会えたことに感謝。

だけど、毎回、

本番終わってから、ボーーーっとしちゃいます。

演じるために、過去の記憶をたどるようなことはしたくない。

じゃあ、舞台上で起こることがすべてだと思って、やってみるけど、

終わってから、何とも言えない気持ちになって、もやもやします。

お客さんが終演後、「私も同じ経験があります」と泣きながら話をしてくれました。何も言えませんでした。あのお客さんは、何を思って、私に打ち明けてくれたんだろう。

本当に、ずっともやもや。

でも、ここで、やることになったのは、必ず意味がある、目の前がかすんでいるけれど、それでも絶対逃げちゃいけない。

どの回も、その時できる全力です。

毎回葛藤しています。

ちゃんと、この作品に対して、しっかり向き合って、逃げず、

しっかり最後まで演じていこうと思います。

 

〔今日の記録〕

1600 西藤・松島稽古開始

1800 駒原合流

2000 開演

2100 終演後、読売新聞さんの取材

2200 解散