2015年3月17日 のアーカイブ

カッコ情けない男子

2015年3月17日 火曜日

今日は、20度越え!

スタッフの仕事をなるべく避ける私めが、自ら志願して、受付をやったからかしら。
神様がビックリしたんだね。
松島彩です!
四月の半ばまで出番がないということで、とにかく、この期間は、たくさんの作品を観ること、身体を鍛えること、この2つをやります。
てことで、最近観た作品。
映画では、
「悼む人」
「ソロモンの偽証」
「娚の一生」
「幕が上がる」
スポーツは、スサノオマジック←これも最高のエンターテイメント!
演劇は、鳥の劇場で、「戦争で死ねなかった父のために」
あと、、、あとは、、、
あ!
『西藤将人のマンデーワンマンSHOW!!』
↑笑っちゃった!笑
image1 (4)
元々これは、月曜日は私が、テレビ撮影の為、絶対に休みにしてくれとお願いしたことから始まった企画。
なのに、受付をしている、という、西藤さん的には、「お前、なんでいるんだよ!?」的な昨夜。
何事にも表裏はあるわけで。
ハタチ族の表向きは、仲良く、楽しく、笑いに溢れています。ハタチ族の、《族》は家族の族ですからね。←これは、本当に本当。
だけど、裏となると、そりゃもう、人権なんて無いです。芝居が、悪けりゃ、プライベートに口出しされます。詳しいことは、ハタチ族を嫌われたくないので書きません。それくらいみんな身を削って、芝居に、励んでいます。どんなにキツイことを言われても、みんな西藤さんの筋がしっかりしているからついていくんです。
だけど、
だけどですよ、だけど。
とにっかく、
情けなく、ブレブレな姿を見せる、
それが、西藤将人のマンデーワンマンSHOW!!
いつも私たちに偉そうにモノを言う人が、お客さんの前で、ノミかと思うほどに小さくなっているんです。
そんな舞台役者いますか?
そんなリーダーいますか?
あんなに、熱量だエネルギーだと言う西藤さんが、なんのエネルギーも、発していない。
じゃぁ、何をしてるのかって言うと。
お客さんと、細い糸の引っ張り合い。すごく、繊細なやりとりをしているんです。一方的に引っ張ると糸が切れる、押し込むとたわむ、そんなようなやりとりを。
ちょうどいい、ピーンと張った状態を保つことの難しさ。
バカみたいに途方も無い作業を全力でやる西藤さん。
私からしたら、
ぶっちゃけると、
ワンマンSHOW!は、西藤将人ざまぁみろ企画なのですが、、、
image2 (3)
昨日は、少し嫉妬しました。
ひとりで闘っている、また勝手に西藤さんだけ、きっと、うまくなっちゃう、、、
なんかなんかなんか、
燃えました。
ワンマンSHOW!観て、
燃えました。
カッコつけないカッコよさ、
いや、カッコよくはなかった、
情けないの素敵さ、、、かな。
わからないけど。
完全身内だからこそ思うことです。お客さんからしてみればナンノコッチャだとは、思うのですが、ね。
ということで、
最近観た、作品の感想でした。
ここまで、書いておいて、ではありますが。
最近観た、作品で、一番面白かったのは、
映画「ソロモンの偽証」でした。ドテ――――
若手俳優の宝庫うじゃうじゃ。
すばらしい!!!
長々と失礼しました、松島彩でした。