2015年8月24日 のアーカイブ

進化する古事記ぼっち

2015年8月24日 月曜日

雲南市在住のOです。

今週の古事記ぼっちは、スサノオ&オオナムチのロングバージョンでした。

私、もう10回近く古事記ぼっちを観ているような。
「武士は食わねど高楊枝」って何回聞いたかな。

何度観ても飽きることがない。
それどころか、もっともっと観たいと思ってしまう。
そういうわけで、今週は古事記ぼっちを3回も観に行ってしまいました。

毎回、強力な磁石に引き寄せられるように会場へ向かう自分がいます。

「一回観て満足したからもういいや。」じゃなくて、ずっと観ていたい。
出来ることなら、今後の365日公演はその日の演目+古事記ぼっち二本立てにしてほしいとさえ思ってしまいます。

1Q8A9035

 

なぜそんなにはまってしまうのか。
それはきっと、古事記ぼっちが着実に進化していってるからなんです。
この作品、間違いなく西藤さんの代表作になるはず。

どこでも劇場であちこちに出かけて演劇の足腰が鍛えられた」と西藤さんが言っていましたが、古事記ぼっちの進化はその賜物なのでしょう。

そして今回思ったことは、沢山の神様を演じた結果、アーレー稗田自身が神の領域に達したのではないかと。

だって、あんなこと出来る人間、アーレーさん以外いない。
アメノウズメの超絶ラインダンス開脚シーンでは、「人間ってあんなに脚が上がったり開いたりするの?!」と絶句
(今回はアメノウズメの曲線が強調されて、より女性らしく見えました)

1Q8A8856

 

その後、中盤の見せ場・オロチ退治で長机を飛び越え、最終的にはオオナムチ編のラストで宙を舞っていました。

1Q8A9031

古事記ぼっちを沢山観すぎて当たり前のように感じてしまいますが、アーレーさんはすごい。
気力・体力・集中力のどれが欠けても出来ないようなことを90分もの間やっている。
色んな意味で目や耳を疑うような光景が、舞台上で繰り広げられている。
まさに神業

アマテラスが長机の上に横たわりながら下界を見下ろす場面では、アマテラスの視線の先に出雲の国が本当にあるかのような錯覚に陥りました。

また、照明もすごく進化していて、物語を盛り上げるのにとても効果的でした。

今回のロングバージョンでは、アーレーファンにはたまらないあのシーンもこのシーンも観ることが出来て大満足です。
ファンの間では、「古事記ぼっちと言えばあの場面、このセリフ!!」というのがあって、お互いの自分のなかでの定番シーンを語り合うのも楽しみのひとつだったりします。

こんな超人的な演目が観れるなんて、とても贅沢なことだと思います。
アーレーさん、今回も夢のような時間をありがとうございます!

そうそう、劇刊ハタチ族9月号が出てました。
来月も面白そうな作品が盛りだくさんで今から楽しみです。
(新作の「エンジンだいすき、エナジーさん」ってどんな内容なんだろ…?)

そして、ワンマンショーで西藤さんが話したくて話したくてうずうずしていた、劇団カムカムミニキーナ主宰・松村武さんのお言葉が載ってる!
こんな嬉しいコメントをもらったら、そりゃ早くみんなに言いたくなりますよね。
制作サイドとけんかになるのも納得です。

来月の公演に松村さんもやって来るとのこと。
これは生松村さんを観に行かなければ!

そしてもう1つ、とってもかっこいい写真が載ったフライヤーが、新たに受付に並んでいました。

ぜひ会場でチェックしてみてください。

 


「ずっと観ていたい」とっても嬉しいお言葉です。

“神の領域”……恐縮しきりです。

今週の『古事記ぼっち』は、何かに吹っ切れたように夢中で演じる西藤と、目の前で繰り広げられる舞台をキラキラした目と優しい笑顔で観ていらっしゃる皆さまのお顔が印象的でした。

“何かに吹っ切れたように夢中で演じる”とは言いましても、西藤本人としては反省点や課題は沢山あるようです。

9月の松村さんがいらっしゃるナ・LIVEさんのイベントで27日、ハタチ族は「オオナムチ編」を上演させて頂く予定です。古事記に精通している松村さんの目にどう映るのか……今からドキドキです。

 

 

 

8月21にお越しいただいた14名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、132日!!

 

 

 

☆劇刊ハタチ族9月号発刊!!
満を持して、表紙にあの男が登場です!!

西藤が読んだ瞬間涙してしまった表紙文章は……
カムカムミニキーナ、主宰の松村武さん!!!!

中面は、いつもよりすこーし、濃いー感じ!!

ぜひぜひ!ご注目ください!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

古事記ぼっち ロングバージョン (スサノオ編~オオナムチ編)を観てきた!

2015年8月24日 月曜日

劇団ハタチ族の公演演目の中でも、個人的に大好きな【古事記ぼっち

ファンキーなスサノオが活躍する『スサノオ編』…そして、その子孫にあたるオオクニヌシの名も持つオオナムチの話しの『オオナムチ編

その『スサノオ編』と『オオナムチ編』とを続けてロングバージョンにしてやるとの事。

出雲大社のお膝元 大社町在住の者としても!また、オオクニヌシ等木像製作に携わってる者としても!

これは絶対に観ておかなけりゃ!。

そう思って、公演を楽しみに待ち・・・・・・そして、いよいよ始まりました!。

いつものあの軽快なテーマソングに乗って、西藤さん演じる『漫談家 アーレー稗田』さん登場!

拍手喝采のなか舞台に上がり、講談風にテーブルを叩きながら、まずは『スサノオ編』から!。

image

個人的に、この『スサノオ編』を観るのは3回目

荒々しい口調で傍若無人に暴れまわるスサノオを演じるアーレー稗田。

やっぱりあの、ファンキーなスサノオは健在!。

一方でそのスサノオの言動に困り果てる神々やヤマタノオロチまでも演じるアーレー稗田!。

1Q8A8902

その演じ分けにより、その状況が目に浮かんで来るようで……

そこはさすが、アーレー稗田 こと 西藤さんだ!。

今回思った事

スサノオがわがままや暴れ回った代償に、いろいろな辛い目に遭いながらも心身ともに成長して
ヤマタノオロチ退治まで成し遂げ、最後には立派な神になっていく過程を感じたような気がしました。

1Q8A8946

 

 

そんな『スサノオ編』も終わり、続いて『オオナムチ編』

ここで、一度休憩が入るか?と思いきや、そのまま『オオナムチ編』突入!

さっきまでの『スサノオ編』で全身を使って、スサノオの大暴れや活躍を演じてた西藤さんの身体は大丈夫なのか?。

で、この『オオナムチ編』は、そのオオナムチの穏やかなキャラクターのように比較的ゆったりした展開で話しが進んでいく。

でもこの西藤さん演じるオオナムチ!   ホントにお人よしな性格の神様

1Q8A8983

兄神様達に何度も騙され、そのたびに母神達に助けられて……。

それでもそんな兄神達に怒りもせず、ただ真っすぐ正直に過ごしていく。

優しい心を持ち、決して争い事は起こさない性格。

困った時には、必ず誰かを頼り相談したり・・・・・。

そんなオオナムチ! 誰にも愛されてるから?  ピンチの時には必ず誰かが助けてくれる。
(ネズミにしろ、スクナヒコナノミコトにしろ・・・決して大きな存在じゃないけど、肝心な時には大きな力になってくれる。)

そして最後、そのオオナムチは自分自身が身を引いて国を譲り、その代わりに出雲に社を建てさせた!(じゃなかったかな?。)…で、現在に至る?。

1Q8A9035

このオオナムチの性格って、まさに『この出雲地方の人の性格』そのものじゃないか?。

その優しくちょっと控えめな性格の起源が、この『オオナムチ』にあるとしたら?

そう思い始めたら、なんか、すごく腑に落ちた!。

『オオナムチ』…最初はホントに頼りない幼い神だった!

けど、誰かに教えを請うたり、相談したり助けてもらったりしながらいろいろな経験して最後には立派な神様に成長している。

前に書いた『スサノオ』とは全く反対の性格なのだが、結局はどちらともいろんな失敗や経験から自分自身を作り上げてる。

人もそれぞれ!神様もそれぞれ!
《最後は、いろんな失敗や経験がモノを言う!》なのかな?(笑)。

この西藤さんの【古事記ぼっち

なんだかイメージ的にわかり辛いと思える古事記が、面白おかしく現代風に脚色されているから、ホントに理解しやすい!。

神様同士が力比べをする場面など、西藤さん好みのプロレスに例えて力比べをするなど、多少オーバーな脚色もあるが、これもまたお愛嬌!。

1Q8A9012

なんでも、今も新作の企画を考えてるところだとか・・・・・。

この『出雲神話シリーズ』大好きです。

新作、楽しみにしていますね!。

 

大社町在住 藤井


古事記に馴染みのなかった人、反対に古事記が好きな人、大社町にお住まいだったり神さまを身近な存在に感じている方々……。たくさんの人達に受け入れられて、本当に『古事記ぼっち』という作品は幸せ者です!!

毎公演、毎公演、演出が違ったり、登場する神さまの性格がほんの少し変わっていたり……。

9月にはオオナムチ編を上演いたします。10月か、11月。神在月の頃にスペシャルロングぼっちを上演する、かもしれません。ハタチ族の365日公演『古事記ぼっち』は必見ですよ〜!

 

 

 

8月20にお越しいただいた7名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、133日!!

 

☆劇刊ハタチ族9月号発刊!!
満を持して、表紙にあの男が登場です!!

西藤が読んだ瞬間涙してしまった表紙文章は……
カムカムミニキーナ、主宰の松村武さん!!!!

中面は、いつもよりすこーし、濃いー感じ!!

ぜひぜひ!ご注目ください!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439