2015年9月1日 のアーカイブ

100万回生きたねこ

2015年9月1日 火曜日

松島彩です。

最近は映画の現場に出入りしておりまして、

お母さん役なもんで、母性がはみ出てしまっていたら、すみません。

そんな話はさておき。

軒下ガールズ、無事に幕を下ろすことができました。

あああ、私たちのインスタント舞台に幕なんてないんですから、

せめて、あかりを落とすことができました・・・くらいかな?

1Q8A9232

またそんな話はさておき。

「100万回生きたねこ」大好きな作品を演じることができたのは純粋にうれしかった。

駒ちゃんと、今回話し合ったとき、泣ける作品を作りたい、ということで取り組みました。

少しでも、涙が出たとか、そういった感想をいただけたことは、本当にうれしいです。

自分自身の課題はやまほど、宝のようにざっくざくあふれてくるのですが、

反省は自分でできるので。ここで書くのはやめにして。

この「100万回生きたねこ」は、大人こそ読むべき作品だと思っています。

小さいときは、恋だの愛だのさっぱりわかりませんから。

猫ちゃん同士の不思議な話、くらいでした。

死ぬという概念もよくわかっていなかったし。

たった数ページの絵本の中で、

この世に生を受けて、社会に揉まれ、素敵な恋をし、愛し合い、最大の悲しみを味わい、そして死んでいく。

すべてが描かれています。

というのは、お芝居をしていくうえで、じわじわと身に染みてきました。

さらに好きな作品となりました。

この絵本を知らなかったという人が意外にも多くてびっくりです。

こんな風にいい作品が、この世には本当にたくさんあります。

まだまだ私自身、出会えていない作品だらけ・・・ですが、

絵本に限らず、小説や童話、いい作品がたくさん出会ってきています。

演劇という形で、みなさんにまた新たに紹介できたらいいなあなんて思っています。

でも、軒下ガールズ・・・、駒ちゃんと息を合わせるのがもうとにかく大変でしてね。

また、やるのか、やらないのか・・・・

私の中の松島さんとしっかり相談して検討したいと思います笑

 

 

 

 

 


お客さまより、感想を頂戴しました!!

 

『松島彩という女優に出逢って』

今日は、
100万回生きたねこ

語る夜の松島彩と、
ハタチ族の松島彩は、
私にとって、魅力が全く違います。

でも、この100万回生きたねこは、特別です。(いや、軒下ガールズが特別なのか!?
とにかく、100万回生きたねこは、
語る夜とハタチ族の松島彩が交錯してる。
そんな感じ。
前回の100万回の時より、今日は、もっとそうだと思いました。

100万回生きたねこをを演じるときの松島彩は、集中力が桁違い!
この100万回生きたねこの絵本に対する想いがヒシヒシと伝わります。
絵本の内容の取り方は、おそらく一人一人違うでしょう。そして、おそらく、演者もやるごとに変わっていくと思います。
それが幸せなのか、不幸なのか、人によって違う価値観。

私は、、、、
100万回生きたねこの絵本を見て、羨ましいと思った。こんな風に誰かを愛し、誰かに愛される。

初めて悲しむ別れ。100万回生きたねこは死ぬことは怖くない。愛する人より先に死んできたから。
白猫は自分より先に死ぬ。
こみ上げて来て泣くしかない。
ただ、それは、悲しみの涙だけではないのだろう。
 

 

 

8月30にお越しいただいた18名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、123日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

盛りだくさんな土日!

2015年9月1日 火曜日

部屋に置いている芳香剤を変えました。

いい匂いで、また見た目も可愛くて癒されております♪

駒原です!

でも鼻が敏感なので、香水の匂いなんかは、くしゃみが出てしまいます。。。

 

 

 

さて、29日30日は軒下ガールズ『100万回生きたねこ』をお届けしました!

1Q8A9262

365日公演として上演するのはもちろんですが、

なんと!!!!私にとっては初!!!!

野外のイベントで!しかも松江で!

上演させていただきました!

 

雲南での公演を終え、衣装に手を加え、稽古をし、松江へ出発!!

 

移動中からね、“なんかどんよりしてるな~”って思ってたんですよ、空。

そしたら、リハーサル始めた途端に降ってくる、降ってくる。。。

“まあ、やむかな~”って思っていたのですが

どんどん激しくなる雨。。。

 

とりあえず、リハーサルを終えてテントの下で雨宿り。

周りの人の会話が聞こえました。

「今、出雲の方が土砂降りらしくて、6時頃この辺りもすごく降るらしいよ。」

。。。

私たち、6時から本番なのですが。。。。

 

 

あとね、雨のせいか分かんないですけど、自分の中のマイナス思考君が疼き始める訳です。

“ほとんど皆さん、私たちのことなんか知らないし、観てくれる人なんていないんじゃ。。。

松江はアウェイ状態だろうし、空しい感じになっちゃうんじゃ。。。”

 

私の悪い癖で、それまでは何にも考えず、“野外で本番か~、いつもと違う感じで楽しみだな~♪”

なんて呑気に思っていたのですが、会場入りした途端に現実に直面するという。。。

“いろんな祭りで闘ってきた西藤さん、すごいな~”って改めて感じました。

どんどん不安は大きくなり、自分の温度が下がっていく。。。

 

しかし!

さく(松島)のめずらしいくらいのやる気と

屋台の美味しそうな食べ物、雨の中なんとか上演できるよう頑張ってくださる優しいスタッフさん、

明るく話しかけてくださる他の出演者の皆さんに助けられ、

“なんとかなるか!やってやるぞ~!”という

ポジティブ駒原が戻ってきました!!よっ、単純!!!!

 

それでもやっぱり雨は止まず、運営の方の提案で開演時間から5分待って始めることに。

小雨の中、天神ビアガーデン始まりました!!!!

 

私たちはトップバッターだったので、司会の方に呼びこまれ

軒下ガールズ『100万回生きたねこ』スタート!!!!

 

最初は私の歌から始まるのですが。。。

“あれ?生声になってる???”

なぜかマイクが入っていない。。。

 

でも、こういう時、へんな直感が働くんです。

“これはそのうち直るな!”

構わずつづけました。

 

するとどうでしょう。

 

 

入ってなかったはずのマイクが入ってくるではありませんか!!

恐るべし、私の直感。

 

 

そうすると良いことは続くもので、雨もすぐに止み、軒下ガールズ無事に終えることができました!

集中して観てくださってる方もたくさんおられ、アウェイな感じなんて全く感じませんでした。

心配しすぎでしたね。。。

本当にお客様、スタッフさん、他の出演者の方々に感謝感謝でした!

 

 

この困難を乗り越えた2日目の雲南公演は

ちょっとディープにお届けできた気がします。

1Q8A9259

 

次の軒下ガールズ。あるのかないのか?!?!

お楽しみに☆

 


軒下ガールズ『100万回生きたねこ』をご覧のお客さまから、感想メッセージを頂いたので、ご紹介いたします!

 

『100万回生きたねこ』

タイトルは知ってたけど、内容はよく知らない状態で観に行きました。

‥が、始まったとたん、松島さん演じる黒猫の瞳に釘づけになり、一気に物語の中へ引き込まれてしまいました!

駒原さんの歌声を聞いたのは『白眼の向こう側』以来でしたが、相変わらず素敵でうっとりしました(*´▽`*)

二日とも観に行きましたが、どちらも終盤で自然と涙が溢れてきて止まりませんでした(/_;)

とても素敵なお芝居を観れて本当に良かったです!ありがとうございました!!

 


 

松島・駒原、それぞれの個性がひかる「軒下ガールズ」
両日ともご来場いただき、ありがとうございます!
ふたりの世界観を堪能して頂けたご様子で、有難い限りです!!

 

 

 

 

8月29にお越しいただいた18名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、124日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

男ふたりの面白さ&つながる場としての365日公演

2015年9月1日 火曜日

雲南市在住のOです。

今週は久しぶりに西藤さんと元晴さんの二人芝居でした。
最近はずっと西藤さんの一人芝居を観てきたので、舞台に二人いることが新鮮でした。

命を弄ぶ男ふたり」というこの演目、観る度に新しい発見があり、二人の男のやりとりに夢中になってしまいます。
なので今週も会場に通ってしまいました。

1Q8A9139

以前西藤さんが、「演劇といえばこの作品!」と言っていたので、楽しみにしていました。

公演初日は、小説を読んでいる感覚になりました。
岸田國士(きしだくにお)という大正時代の劇作家が書いた戯曲なんですね。
90年前の作品だそうです。

最初はシリアスな感じだったのに、途中から様子が変わってきました。包帯男が線路からぬっと顔を出す、あの場面から。
あれ?これって笑っていい作品なのかな?

包帯男が眼鏡青年の目をこじ開けようとする場面、二人で寄り添いながら手紙を読むシーン、サンキュのくだり、お互い譲り合って取っ組み合いになる最後。

なんか…、面白いなこの二人。

1Q8A9160

公演を重ねるごとに二人のやりとりはどんどんエスカレートしていき、3日目には、手紙を読む場面で包帯男が眼鏡青年の肩に手を回し、その手を眼鏡青年が握りしめていました。
昨日までにはなかった二人の行動で、思わず笑ってしまいました。そしてその場面を観たときに、明日はもっと面白くなる予感がしました。

そしたらやっぱり、千秋楽は二人とも大爆発。
全力で目をこじ開けようとし(しかも右目だと言ってるのに両目とも)、どんだけ食べさせるんだというくらいいちごを口に運び、取っ組み合いのシーンでは眼鏡青年がくるくる回っていました。

客席も初日にはくすくす笑いだったのに、この日は大爆笑でした。

そして、今週通い続けて感じたこと。
西藤さんも元晴さんも、とても楽しそうにこの作品を演じているなと。

他のお客さんも、「西藤さんがずっと一人で舞台に立ち続けていたから、二人で出来るのがうれしいんでしょうね」と言っておられました。

うれしくてたまらなかったのか、公演2日目、包帯男が眼鏡青年を線路に突き落とそうする場面では、西藤さんが本気で元晴さんを落とそうとしてたような。
あれは芝居と本気のどっちだったんだろ…?
元晴さんに固め技をかけてたようにも見えましたが…。

この公演期間中に、松江から観に来られたAさんという女性のお客さんと知り合いました。
Aさんは今月はじめの「君ヲ泣ク」でハタチ族のお芝居を観て、夜の公演には今回初めて来られたそうです。

公演終了後は興奮さめやらぬといった感じで、その日の夜からハタチ族についてのブログを沢山更新しておられました。
完全に虜になったようです。

Aさんとはその時しかお会いしてないのですが、それ以降もFB上で話が弾み、ハタチ族のことをやりとりしています。

ある時、こんな印象的なことを言われました。
365日公演って、ファンにとっても365日なんだよね。今年が終われば公演も終わってしまう。

そうなんです。365日公演は泣いても笑ってもあと4ヶ月しかない。
来年になると、観たくても観れない。
そう考えると、残りの期間はちょっと無理してでも行ける時に観に行こうと思うようになりました。
明日でもいいかなと思う時もあるけど、明日行けないかもしれない。
やっぱりあの時観に行けばよかった…と後悔したくない。

そして色々と話すうちに、二人とも同じことを考えていることが分かりました。

今まで演劇には興味なかったけど、ハタチ族のおかげで舞台の楽しさを知った。
そして、365日公演という場所で新しい出逢いがあり、色んな人とつながることが出来た。
このような機会をくれたハタチ族に、何か恩返しがしたいと。

最近ずっと通い続けてるから分かったことなのですが、制作の石原さんやあきふみさんは毎日受付に立ち、まっつんもいつもあの位置で音響や照明をやっている。
西藤さんがここ何週間か一人で舞台を守り続けていてすごいなと思ったけど、この3人もすごいし、お客さんからは見えないところでハタチ族劇団員みんながそれぞれの立場・場所で全力でやっている。

私が365日公演のために出来ることってなんだろうか?

このことを常連のMさんに話したところ、「公演を観に行くことだと思うよ」と言われました。

そうか。それなら私にも出来る。
来月以降も出来る限り観に行こう。

そんなことを考えた8月の終わりでした。


 

ありがとうございます。

泣いても笑ってもあと4ヶ月。
背筋が伸びました。
365日、途方もなく感じていたのに、あと4ヶ月……。

ここからが勝負です。きっとここからが一番しんどい。

応援してくださっている方々への私たちができる恩返しは、来年以降も再来年も、ずっとずっとハタチ族がハタチ族であり続けることなのではないかと感じています。
まだ、正式にお知らせするにはいたりませんが、来年以降のことも計画中です。

あと4ヶ月。焦ることも、浮かれることもせず。真摯に粛々としっかり前を見据えていきます。

 

 

8月28にお越しいただいた13名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、125日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

命を弄ぶ男ふたり 3日目の公演を見てきた。

2015年9月1日 火曜日

8月27日(木)にご来場のお客さまから感想を頂きました!

 


 

この作品は、岸田國士さんによって大正14年(1925年)に書かれた戯曲、だそうです。

ずいぶん昔に書かれたお話、ということで、言葉遣いが今風ではない、ハタチ族としては異色の演目になっています。

今回とても楽しみにして見に行きました。

何が楽しみだったかと言うと、西藤さんが包帯男を演じるバージョンを見るのが初めてだったからです。
6月に上演された時は、見に行くことができませんでした。

初日の公演を見に行き、3日目を見てきたのですが。

以前見たこの演目では、包帯男を大原さんが、眼鏡の男を元晴さんが演じていました。

大原さんの男役はとても上手く、演技も存在感があり、良かったです。

でも、大原さんは女性なので、男の役者が包帯男を演じたらどうなるんだろう?とも思っていました。

まあ、タイトルも「男ふたり」なのだし。

西藤さんの包帯男は大原さんバージョンとはまた違った面白さがあって、とてもしっくりくる。

この作品、好きになりそう。

1Q8A9158

西藤さんと元晴さんは男が持つ独特の感情や女々しさなどを見事なまでに表現していました。

今風ではないセリフも二人が自然に喋っているので違和感がなく、舞台は白黒の世界が拡がっていました。

ちょっと表現が難しい。

駅のホームで偶然出くわした自殺志願者の男ふたり。

二人は、お互いに死ぬことを勧めたかと思えば、死ぬのをやめて生きるよう諭しだしたり、死ぬのを譲り合ったりと、まあ煮えきらないこと

お互い一度は列車に向かって飛び込むものの、未遂に終わってしまう。

そうして、それぞれが死ぬことを決めた理由や辛い体験などを語り合うのです。

包帯男は、研究中に顔に火傷を受けたことで許嫁を幸せにすることへの自信をなくす。

眼鏡の男は、俳優である自分に起きたいわれのないスキャンダルのために彼女を傷つけ、苦しんだ果てに彼女は病でしんでしまう。
その彼女を死なせてしまった事に対して苦しんでいた。

しかし、お互い語り合ううちに、なぜ死ななければならないのか目的を見失ってしまう。

おそらくだけど、二人は「死にたい」という気持と「死にたくない」という気持ちと「死んではいけない」という気持ちが混在していたのではないのでしょうか。

要するに二人とも本気で死のうとはしていなかったのですね。

この作品は、人の死をテーマにしていて、本来なら笑ってしまうことができないような内容なのに、喋っている内容が可笑しかったりするので笑えてきます。

おかしなことを真剣に話しているところがなんたが滑稽・・・って言う表現もどうかとは思うけど。

例えば、眼鏡男が病床の彼女に苺を与えたときに、彼女の言う「サンキュー」が「チャンピュー」や「シャンチュー」に聞こえたりするというくだりとか。

そんなことを真剣な眼差しで涙ながらに話しているものだから、可笑しくて仕方なかった。

さすがに声を出しては笑わなかったけど。

最後に、印象に残ったセリフを。

男は一度、ある女の温かい心にに触れたら、その女がどんなに冷酷な態度を示そうと、男はその女から離れきることができない。

深いですねえ。
いや、単に女々しいだけ!?
でもその気持ち、わかるなあ。

シリアスなのにどこか笑えてしまう「命を弄ぶ男ふたり
お勧めです。

三島


ありがとうございます!

西藤&井上いわく、男性と女性では可笑しく感じるシーンが違うとのこと。
じわじわと、この演目の世界観にハマる方続出していったように思います。

演じるふたりも、難しいけど楽しいと言っておりました。
10月か11月ころに再演があるとか、ないとか……。
ご期待ください!!

 

 

 

8月27にお越しいただいた15名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、126日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

命を弄ぶ男ふたり

2015年9月1日 火曜日

8月26日(水)にご来場のお客さまから感想を頂きました!!


 

松江市在住の出雲(シュット)です←紛らわしくてスミマセン
長文、失礼いたします。

ハタチ族初心者(本日2回目)の観劇で興奮♪

私が初めてハタチ族を観たのは「君ヲ泣ク」です。
演劇を観ることが初めてだったので、
ドキドキとワクワクで、胸の高鳴りを通り越して動悸が・・・

1Q8A7996

でも、始まった瞬間に、雲南市ではない場所に飛ばされた世界観や
4人しかいないのに、たくさんの登場人物が見えたこと
白い布が次は何になるの?と場面転換も興味しんしんで
観ている間じゅう心がゾワゾワ
ストーリーのすばらしさもだけど、演技している方々の迫力が伝わって
終わった瞬間涙が出ました。

劇団ハタチ族中毒にやられたら、どうなるか?
もう一回行きますよね!当然!

なので本日2回目のハタチ族「命を弄ぶ男ふたり
命をもてあそぶ!なんて、危険な香りがプンプンするわ・・・
なんて思いながらチェリヴァへ

ストーリーは
自殺志望の男2人が、たまたま駅のホームで出会い、って感じなのですが…

1Q8A9138

なんですかね~♪
ホールとちがって、ロビーのステージめちゃ近いし!
わーい、音響さんがここにいる~♪
元晴さん、ほそっ!そして肌キレイ!
うきゃー!西藤さん、めっちゃええ声や~♪
と、演技を観るつもりがイケメン鑑賞に・・・笑
ストーリーも深い話なんだけど、途中から心がくすぐったくて
笑いを堪えるのが大変でした。

あと、終わってからのちょっとしたトークや(西藤さんが誕生日をアピール!)
観客と一緒に写真を撮ったりと、演者との距離がとても近く感じられて
何度も足を運びたくなる気持ちが分かりました♪

劇団ハタチ族を観たことない方には、ぜひ来てほしいです!
特に女子!!
イケメンに会いに行くべし!!

また
FacebookやTwitterを通じて、ハタチ族ファンの方にも会える楽しみや
どんどん輪が広がって、皆さんで応援していける楽しみができたこと
とても感謝しています。

365日毎日公演、応援しています♪
頑張ってください!!

 


ありがとうございます!

2回目のご来場、ありがとうございました〜。
ホールとロビーの雰囲気は全くの別もの。両方を楽しんでいただき、幸いです。

さてさて、9月12日(土)と13日(日)は西藤&井上コンビでお送りいたします!!
演目は隠れた人気作?『貧乏神』です。アフタートークも企画中!!
お楽しみに〜!!

 

 

 

8月26にお越しいただいた7名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、127日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

台風の夜のなか

2015年9月1日 火曜日

みなさん、こんにちは。

制作の石原でございます。

 

さてさて、先週8月25日(火)

台風が、やってきました。

 

いつも通り、会場であるチェリヴァホールに向かいます。

いつも通り、あきふみさんが先に来て受付の準備をしてくれていました。いつもありがとうございます。

 

お客さん……いらっしゃるかしら。あきふみさんと「少し心配ですね。」なんて話しておりましたら、来てくださいました。開場してすぐのお客さまは、常連さん方々。なにやら、台風だからと来てくださったご様子。あー、本当にありがたい。文面ではどう伝えて良いのか……。たくさんの方に支えられていると実感いたしました。その後も続々と……久しぶりにお会いした方、“トモ”を連れてきてくださった方……。台風なんてなんのその。12名の方が来てくださいました。

 

これから越す、冬の豪雪が心配だったりします。大晦日はきっと晴れているはず。

皆さん、安全運転でおこしくださいませ。(私自身も気をつけませんと。)

 

それはそうと……皆さんに謝らないといけません。

ブログの更新が遅くなってしまい、本当に申し訳ないです。本当にごめんなさい。

お客さんから頂いたメッセージもあるというのに……。

言い訳がましくなってしまうけれど。自分への戒めを込め、書かせてください。

この夏の私の反省点。

体調をくずす→しっかり休む時間を作らなかった→時間の使い方が下手→悪循環

これにつきます。改善点はあります。それに気付いているのだから、あとは行動あるのみ。

このブログを楽しみにしてくださっている皆さま、ハタチ族のみんな。ごめんなさい。

追い上げます。必ず。

 

 

さてさて、『命を弄ぶ男ふたり』を観た、あきふみさんから原稿をもらったのでご紹介いたします。

image

私が最初に自殺未遂を起こしたのは二十数年前だ。うつ病になってから半年ちょっとしてからで、理由はただ死にたかったからだ。マザー・テレサの言葉に「人間の最大の不幸は、誰からも愛されず、誰からも必要とされないことである。」という言葉がある。うららかな陽気の日だった。父母は出かけ、私は何をすることもなく、何をせねばならぬこともなく一日を終えた。私はいったい何のために生きてきているのだろう。誰に必要とされているのだろう。そう思いだすとたまらなくなっていった。それまでためていた百何十錠の効うつ薬を一気に飲んだ。飲み終えていくうちにしだいに意識が遠のいていった。なんと滑稽なことだろう。

命を弄ぶ男ふたりでは、列車への飛び込みであっという間に死ねる方法を選んでいる。まあそこまでにゆきつくにはずいぶん悩んだであろうが。いざとなったとき悩むことがないことで、命を弄ぶ余裕が生じたのではないか。西藤、井上両氏が演じる二人の様子が、言葉のやりとりが滑稽なのはなぜだろう。私の自殺未遂が、悲しいことなのに滑稽なのはなぜだろう。

人の死に際しては、もっと深い悲しみや、その人の思いや、他人の思い……等々があり、それを思わない死には「意味」といっていいのかわからないが、そんなものがないように思われる。命を弄ぶ男ふたりは、そんなことが言いたかったのではないか。またそれを考えさせられる演技を、淡々とする二人を見て、自分のしてきたことをもう一度考えなおさせられる作品であったように思える。

 

 

 

あきふみさん、9月はステージに上がります!!あきふみさんの独特な雰囲気にやみつきになった方も、まだステージ上のあきふみさんをご覧になったことのない方も……お楽しみに!!

 

 

8月25にお越しいただいた12名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、128日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439