2015年9月12日 のアーカイブ

ついに西藤が“アンパン○ン”をふって来た。

2015年9月12日 土曜日

どうも。大原です。

今週は、「フランチャイズの犬」をお届けいたしました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

西藤は、本当に?え、本当に?と疑っておりましたが、「フランチャイズの犬」はじつに5ヶ月ぶりの上演でございました。ええ、本当です。

なんでしょうね、5ヶ月寝かせたからなのか、その間いろいろな演目やってきたからなのか、5ヶ月前とは一味違う「フランチャイズの犬」でございました。
改めて、台本に向き合えたと言いますか・・・。違うな。台本はそんなに読んでないもんな。
改めて、役と向き合えたのかな。
役のね、血の巡りが良くなった。

今までよりも血が通っているから、小手先の技術がそんなに必要なくなったのです。
セリフに振り回されることも少なくなった。

1Q8A0103

でも、その分、欲も出てきましたよ。
この見せ方で良いのか、この言葉の発し方で良いのか、もっと面白くなるんじゃないか。
議論は致しません。
各々が、各々のタイミングで変化します。
だから、毎日違う。

今更なにを言うかと思われましょうが、
はっきり申しまして、大原、アドリブ苦手です。

アドリブのような芝居は大丈夫ですー。
しかし、アドリブは、苦手ですー。
なんならフリートークも苦手ですー。

しかししかし、この演目、鬼の様な探究心の西藤と、微妙に斜め上を行く天才の井上がおりますから、苦手とか言ってられない。
鬼は無茶振りしてくるし、天才は天才過ぎてヒヤヒヤさせるし・・・。
鍛えられます。
望むと望まざるとに関わらず。鍛えられます。

1Q8A0043

まあね。せっかく無茶なことしてるんですから、成長くらいしないと割に合わな
いですよね。

年内にあと何回上演できるのかはわかりませんが、この演目、たくさんの方に観
ていただきたい!

1Q8A0057

あ、そうそう。
金曜のカーテンコールで、西藤が井上に「稲葉やる?」と
稲葉は、現在大原が演じている、料理人になりたくて上京した少年の役なのです
が、実はハタチ族での初演時には井上・大原のダブルキャストで上演い たしま
した。
その役を、再び、井上が演じる日が!来る!かも!!

いつの上演になるのかは分かりませんので、気になる方は毎月「劇刊ハタチ族
をチェックです!

 
9月11にお越しいただいた20名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、111日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

くがつとおか

2015年9月12日 土曜日

なにから書こうかなー。

どうも、皆さん。いつもありがとうございます。

制作の石原でございますよ。

 

9月10日は勝手に応援休演日!!でした。

関西屈指のエンターテイナー坂口修一さんの、ひとり芝居『傘がない

image

坂口さん前日9月9日に雲南入りされまして、『フランチャイズの犬』を観てくださいました。

image

カーテンコールにもスペシャルゲストとして登壇してくださいましたよー。

もちろん集合写真にも。

image

 

嬉しいですねー!!ありがとうございます!!

その晩、西藤代表宅にて『フランチャイズの犬』についてお話をうかがったり、ハタチ族の来年やりたいことやらなんやらを聞いてもらったり……。

石原個人としてはですね。

『傘がない』のプロデューサー。関西の演劇制作会社ライトアイの笠原希さんとお話しできたことが嬉しくて、嬉しくて……。

“制作さん”と、お話しをするっていうのが本当に新鮮!!

何を隠そう石原、制作初心者中の初心者

学生時代からずっと“制作さん”に興味がありました。雲南市創作市民演劇『歌劇ふることぶみ』や『Takashi』で市民サイドとして制作補佐をしていたくらいなもんです。

言ってしまえば、右も左もわかりません!!もうね、がむしゃらですよ。

言われるがまま、思いつくまま。

初めての劇団の制作、入団して数ヶ月後に365日公演!!ふははは!笑えてきますなー!

なかなかない体験をさせていただいております。本当に。

そんなこんなで、自分自身のものの見方や考え方。感覚、方向性。自信がなかったりもするんです。

笠原さんとお話しできたことで、ほんの少し「大丈夫……。」と思う事ができました。

まだまだ、自信には少しばかり距離があるけれど、勇気づけられました。

この感覚を忘れてしまわぬよう、しっかりと噛み締めようと思います。

 

翌、9月10日

20時の回の『傘がない』を観劇しました。

舞台袖から坂口さん登場するなり、鷲掴み。可笑しくて楽しくて。笑い声をおさえるのに必死!

かと思ったら、いつのまにか「あれ?これ、やばい状況なんじゃ?」坂口さんの熱量が伝わってきて、さっきまで可笑しくてたまらなかったのに、緊迫感がヒシヒシと。

そしてあるワンシーンです。もう切なくて切なくて。こみ上げてくるものがありました。

そして、いつのまにか物語りが終わっておりました。にくい。にくいぞ!ラスト!!

と思ったら。アナザーストーリー『手がない』の予告編!!あぁー気になる!!気になるよーーー!!観劇後の余韻が大好きな石原は、未だにこの余韻に浸っております。たまりません。

そうそう、坂口さん。今日と明日は広島公演だそうですよ。近隣の皆さん、見逃した皆さん。ぜひぜひに。

 

あぁ、書きたいこといっぱい。もう少し、お付き合いくださいませ。

 

9月10日……。そう。西藤氏、齢32歳の生誕記念日

くがつとおか”の響きが気に入っているそうでございます。こんなところにもこだわりを遺憾なくはっきする西藤氏。おめでとうございます。

ありがたいことに、お客さまにお祝いしていただきました。

image

 

どどーん!

image

いやー。ありがたいですねー。西藤代表!!

1枚1枚、心のこもったメッセージ。みなさんの365日公演への想い、ハタチ族への想い。

僕といれば奇跡に出合える」西藤さんがメンバーに向けた言葉。聞いたときは「奇跡が起こるの見てみたい」そんな風に思っていたのに。いまでは、「起こしてやろうじゃないですか。奇跡。」そんな感じです。

その晩も西藤宅で坂口さんと酒盛り。あとからご存知、亀尾先生も参加。坂口さん、32歳のときにまる1年の間、毎週火曜日に一人芝居をしつづけたそうです。坂口さん、365日公演をすごく、すごく応援してくださいました。西藤代表32歳の誕生日の夜に何を感じたのでしょうか……。

 

 

 

9月10日、勝手に応援休演日!!『傘がない』坂口修一さん!!

ありがとうございました!!

image

あと、112日!!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439