2015年10月2日 のアーカイブ

真摯に向き合う

2015年10月2日 金曜日

雲南市在住のOです。

シルバーウィーク後半は、いつもの時間に西藤さんの「おとなのこども劇場」でした。

image

おとなの…??もしかしてあっち系の内容?」と思っていたら、公演の前半はやっぱりアダルトな話に(°Д°)

そして後半は、まっつんのギター生演奏をバックに、芥川龍之介が書いた『桃太郎』の朗読がありました。

image

鬼達が平和に暮らしていた島に桃太郎達が乗り込んでいくという、鬼の立場から描かれた『桃太郎』。

戦をテーマにした物語はいつも勝者の視点で描かれているけど、今回の『桃太郎』を観たとき、物事には色んな側面があって勧善懲悪なんていう一言で片づけることは出来ないんだなと思いました。
その辺りが「大人の」こども劇場ってことなのでしょうか。

桃太郎達が鬼ヶ島を襲撃した場面では、まっつんのギターも相まって、舞台に引き込まれるような感じがしました。

1Q8A0512

そして西藤さんの朗読はというと、語り手や登場人物の感情を持ち込まない、とても静かで淡々としたものでした。
それがとても面白かったのでまたやってほしいです。

1Q8A0505

 

今回の公演期間中に、カウントダウンの日数が100日を切りました。
公演初日、西藤さんはどこか迷いの中にいるような感じがしました。
そして2日目、その想いを舞台上から話してくれました。

残り100日を切った今、何が正しいのか分からなくなってきている。もしかしたら、僕達のやっていることは間違っているのかもしれない。

なるほど、今はそういう心境なんですね。
でも、正解なんて誰も分からないと思います。だって、365日毎日公演をしている劇団の前例がないのだから。

ハタチ族の信じることを全力でやり続けていけば、答えはあとから出てくるのではないでしょうか。

僕達は今以上に作品作りや芝居に真摯に向き合うので、皆さんには公演を楽しんでほしい
西藤さんのこの言葉で公演は幕を閉じました。

ゴールが見えはじめた365日公演。
でもまだ3ヶ月あるので、もっと沢山の人にハタチ族の芝居を観に来てほしいです。


演目変更の週から『おとなのこども劇場』の週は、いろいろなことを感じ考えさせられました。

ひとつの答えが、この日『おとなのこども劇場』2日目に西藤が語ったことであると思います。

迷い、考え、つまずきながらも365日公演もあと3ヶ月。

まだまだできることは、あるはず。

ここからが勝負です。

 

 

 

 

9月23にお越しいただいた8名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、99日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439