2015年11月18日 のアーカイブ

不親切の親切さ。

2015年11月18日 水曜日

みなさんこんにちは。

劇団ハタチ族の西藤将人です。

 

 

自由自在とはよく言ったもんで、文字通り自由自在になったりなんかしたら不安で仕方ない。

 

人間ってのは適当な柵の中で生きていくのが一番安心する生き物なんですな。

常日頃から逃げ腰の僕はとくにそんな感じ。

僕にはアボリジニーのような生き方は到底できないし、当然舞台の上でもそうだと思っていました。

 

演劇ってのは制限の中での表現なんですが、どこでも劇場版古事記ぼっちは僕を限りなく自由にしてくれる。

 

どこでも劇場版古事記ぼっちは、……、あーもー、長いからこれからは『どこでもぼっち』と呼ばせてください。

それ、ただのぼっちじゃないか」といったツッコミはうけつけません。あしからず。

 

image

 

照明も音響もないどこでもぼっちは、お客様にはもちろん演者である僕にもとても不親切極まりない。

でもね、その不親切がクセになる。

 

コンプライアンスに縛られた現在社会に反旗を翻すというほど立派なものではないけれど、「演劇とはこうあるべき」といった、窮屈で退屈な縛りに負けないくらいのエネルギー遊び心にあふれていると感じています。

 

今年3月に初演、その後オオナムチ編やどこでも劇場の経験を経て、現在のどこでもぼっちは自由自在に近づきつつあります。

 

不親切の親切さったらないですよ。

きっと不親切がクセになります。いや、タイプになるって言いかたが近いかもしれませんね。

 

それともう一つ、『イザナキ・イザナミ編』も今年中になんとか上演したかったんですが、来年以降にさせてください。

僕の力不足です。すみません……。

 

まぁ力不足なんて理由になりませんけどね。

だってもともと力不足を承知したうえで始めた365日公演なんですから。

 

力不足なんて関係ない。どんな理由も言い訳にならない。

どこでもぼっちは、それを腑に落とせたからこそ出来た僕の精一杯の舞台です。

 

12月も数回上演を予定しています。

まだご覧になられてない方も、もう見飽きたって方も是非ご来場くださいませ。

 

 

 

11月11にお越しいただいた4名さま

ありがとうございました!!

image

あと、50日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

さまざまな要因

2015年11月18日 水曜日

毎日生きているといろんなことが起こりますが、

その結果をもたらす要因1つ1つの精度を上げていけば、

結果ももっと大きなものになる可能性が上がるのではないか。

 

また、良くないことは良くない要因の積み重ねで起こるから、

その良くない要因にどれだけ気づけるか。

それを、いかに排除できるかにかかってくるのだなと、何だかそんなことを考えております。

 

駒原です。

いろんなことが起こるとね、いろんなこと考えますよね。

それが自分の生き方、在り方を見直すきっかけになるような場合もあるから、

逃さないように常にアンテナを張っておきたいもんですね。

 

さて、11月8日はハタチ族演劇祭でした!

ご来場いただいたお客様、応援していただいた方々ありがとうございました‼

このハタチ族演劇祭。

今までの公演との大きな違いはやはり『ホールでの上演』だと思います。

私は、軒下ガールズの『100万回生きたねこ』と子ども劇場『ピノキオ』に出演させていただきました!

 

軒下ガールズは、その前々日までロビーで同じ演目をしていたので、

ロビー公演とどう違いを出すか、どうホールを活用するか悩みました。

FB_IMG_1447553460977

(写真提供:須田さん)

両方観ていただいた方は違いがわかると思いますが、まず大きな違いとして、

最後の白ねこの歌のエンディングに伴奏がつきました!

 

今まで公演前後にお話ししておりましたが、実はこの曲、私が作詞作曲に挑戦したのです!

以前から伴奏が欲しいという思いや伴奏のイメージは頭の中にあったのですが、

もろもろ相談し、ロビー公演はアカペラで歌っていました。

 

ただ、今回はホールでの公演ということで、

一番最後のシーンにこの歌をもってくるなら伴奏が欲しい!と思い、どうしようか悩みました。

そして、子供の頃ミュージカルをしていた時からの付き合いである、

チェリヴァホールの小林さんに相談し、つくっていただくことになったのです!

本当にイメージ通り!最初に聞いた時は感動しました‼

編曲していただき、録音したデータをプレゼントしていただきました!本当にありがたかったです!

 

また、ロビー公演では私がナレーションをしていたところを、

ホール公演では実際の役としてやらせていただきました。猫が会った人物などですね。

それをするにあたって、我が家で松島氏と一緒に小道具を作りました!

1445773990334

この後、カーペット上が段ボールのカスだらけで大変なことになりました。笑

 

やっぱり、松島氏のセンスはすごいです。

私は言われた通りに線を引き、切るだけ。

とりあえず、形だけつくって「あとはやってくるわー。」って作ってきたら、この仕上がりです。

帽子とノコギリに注目!

FB_IMG_1447547813018

(写真提供:須田さん)

もう才能ですよね。羨ましいな。

他にも、音響や照明などなど、ロビー公演とは違う軒下ガールズをお届けしました!

楽しんでいただけたなら、幸いです。

 

そして、子ども劇場!

『ピノキオ』では歌と妖精とナレーションをさせていただきました!

子ども劇場時の大原さんとおもしろクラブの内田さんお2人の空気感、好きなんですよね。

安定感や安心感を感じるお二人です。

 

あきふみさんも私も、その空気感の中で、安心して楽しくやらせてもらいました!

あきふみさんは念願のこども劇場出演だったらしく、終わった後、

喜びを私に伝えてくださいました。

 

なんだか、こういう祭りが終わると、終わっちゃったなーってしみじみしちゃいますよね。

満足できる部分もあれば、そうでない部分もあって。

演劇祭終わって、大晦日まであと少しで、まだまだ自分足りてないなーって漠然と思っていました。

 

そんな中観た、古事記ぼっちです。

古事記ぼっちもあと何回観れるかわからないから、

なるべくお客様感覚で観よう!楽しむぞ!と思って観ていたのですが。。。

やっぱり役者として観てしまいました。

西藤さんのお芝居は本当に丁寧で、その丁寧さが西藤さんの芝居に対する誠意なんだなと。

観て良かったです。

 

自分の中の霧が晴れたような、そんな感覚になりました。

途中まで楽しんで見ていたのに、途中から圧倒されて、呼吸が乱れてしまう始末。

情けないな。

 

こうやってこのタイミングで古事記ぼっちをちゃんと観たいと思ったのも、

こういう感覚になれたのも、先の結果への要因になってくると思うのです。

 

今、私は何を受け止めなくてはいけないか、何をしなくてはいけないか。

一つ一つ起こることを純粋に受けとめ、今を丁寧に生きたいと思いました。

 

 

 

11月10日『どこでも劇場版〜古事記ぼっち・スサノヲ編〜』にお越しいただいた8名さま

ありがとうございました!!

image

あと、51日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439