2016年7月 のアーカイブ

8月15日 西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!

2016年7月30日 土曜日

8月15日 西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!

 

 

image1

 

 

時は来た……。

劇団ハタチ族の代表である西藤将人が、気まぐれで開催するワンマンSHOW!!

自由気ままに繰り広げられるトークは、さながら大航海時代!?

「真剣でいて浅く、適当でいて深い内容は、師匠アントニオ猪木から受け継いだもの。」(西藤談)

ギブアップまで待てない!演劇に卍固め!!

いくぞ~!1、2、3、ダァーーー!!!

月曜日の夜、西藤将人が四角いジャングルで貴方を待ち受ける!!

 

 

日時

2016年8月15日(月) 20時開演

※上演時間は60分~90分を予定しています。

 

 

会場

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール 2階ロビー

島根県雲南市木次町里方55番地

 

 

参加料金

投げ銭制

 

 

お問い合わせ

20zoku.post@gmail.com

 

※お子様にはむかない内容となっております。ご了承ください。

 

 

チンプンカンプンでワンマンSHOW!!

2016年7月27日 水曜日

どーもこんにちは。

かき氷が無性に好きなことに最近気づきました。

西藤将人です。

 

 

IMG_1975[1]

 

 

7月25日は月曜日なもんで、ワンマンSHOW!!をさせていただきました。

前回のワンマンSHOW!!はハタチ族サミットって企画だったから、純粋にワンマンSHOW!!を開催するのは5か月ぶりくらい。

適当なノリで舞台に立ってるように見えるかもしれませんが、自分なりに構成は考えるわけですよ。一応ね。

 

そんでもって今回は大きく3つ。

  • オイルについて
  • one person playについて
  • 三江線沿線魅力化プロジェクトでの演劇について

 

結論から言っちゃうとね、ほぼこの内容は話してないんですけど“準備する”ってことが大切なんですな。うん。

 

 

今回は「西藤将人だって、一人でできるもん」企画ってことで、受付から舞台設営までやっちゃいましたぜ。

もともとワンマンSHOW!!は昨年の365日公演中に劇団員を休ませるためにスタートしたものだったんだけど、結局休ませるどころかいつもハラハラドキドキさせてしまってました。

ようやく独り立ちってやつです。はい。

 

特別販売のポロシャツもお客さんに買っていただき、開演前に胸を撫で下ろすことができました。

あざーす。

 

あっ、ひとつ発見。

受付やってるとお客さんの顔がよく見えますな。

開演前にお客さんの雰囲気つかみやすいし、ワンマンSHOW!!前の余計な緊張しくていい。

それと、終演後のお客さんとの表情の変化も楽しめるってのがいい。

なるほどなるほど。メモ、です。

 

 

さて、開演時間。

今回からスピーカーも用意せずにオープニング曲を流そうって思いまして、ある方法でスタート。

でもボリュームが小さすぎて、拍手の音で簡単にかき消されちまいたしたぜ。

今後の課題ですな。

 

とはいえ、それだけの拍手をいただけるってのが嬉しかったな。

相変わらずチームマンデーは、あったかい。

 

 

肝心のトーク内容は、トロッコ列車から客観視の話、それから三宅洋平に都知事選の政見放送ってな感じの75分でした。

文字にすると、本当にチンプンカンプンっすな。

てゆーか事前に考えてた内容どこいったんだって話ですが、ちゃんと準備が役に立ってましたよ。

そんで実際にチェリヴァホールのロビーは20人弱のお客さんと一緒になって、チンプンカンプンなくらい盛り上がっちゃいました。

 

めっちゃ嬉しかったけど、正直なんでこんなに盛り上がってんのか、僕が一番チンプンカンプンでした。

 

僕の感情や感覚ほどあてにならないものはないんだろうな。

そのうえそこに頭悩まされるなんて、ホントに馬鹿々々しい。

まぁこれからもそんな自分と付き合っていくしかないんだろうけど、一歩前進ってやつですかな。

 

 

来月、またワンマンSHOW!!やります。

そう感じさせてくださった皆さんに感謝です。

 

 

IMG_1965[1]

 

 

そうそう、最後にもうひとつ。

 

最近はハタチ族本公演『レ、レ、レ、狂詩曲』について頭を悩ます日々が続いてるんです。

んで、本チラシに載せるあおり文を考えていたときです。

そーいやワンマンSHOW!!にあおり文ってないなーって思ったんですな。

じゃあこの際考えちゃおう!って作ったのがこちら。

 

↓↓↓

 

時は来た……。

劇団ハタチ族の代表である西藤将人が、気まぐれで開催するワンマンSHOW!!

自由気ままに繰り広げられるトークは、さながら大航海時代!?

「真剣でいて浅く、適当でいて深い内容は、師匠アントニオ猪木から受け継いだもの。」(西藤談)

ギブアップまで待てない!演劇に卍固め!!

いくぞ~!1、2、3、ダァーーー!!!

月曜日の夜、西藤将人が四角いジャングルで貴方を待ち受ける!!

 

 

いかがでしょ?

恥ずかしながら、このチンプンカンプンな感じが“気に入ってる”んです。

 

この“気に入ってる”って感覚、とっても大切なんじゃないかって思ってます。

その話は、また次の機会に。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

7月25日『西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!』4munitesu動画はこちら。

 

 

三江線でGO!!

2016年7月22日 金曜日

こんにちは。

劇団ハタチ族の西藤将人です。

 

 

7月17日、この日は三江線沿線魅力化プロジェクト劇団ハタチ族とゆく!ぶらり三江線の旅ってことで、三江線で演劇してきちゃいました。

 

 

IMG_1621[1]

 

 

雲南から江津まで車で2時間くらいあるから、午前中の開始時間に遅れちゃならないってことで江津に前のり。

朝も夜も素敵な風景が広がっておりました。

 

IMG_1914[1]

 

 

10時30分から受付開始。

江津駅に参加者の皆さんが続々と集まってまいりました。

お客さんの目を気にしながら元晴と2人でレッツ最終稽古。

このとき飲んだアイスコーヒーがなんだか無性に美味しかった。

 

時間になったので3番ホームへ。

貸し切りの電車にお客さんと一緒に乗り込み、しゅっぱ~つしんこー。

 

 

がたんごとん。がたんごとん。

のんびり電車は進みます。

 

 

乗客のなかには広島から駆けつけてくださったINAGO-DXの武田さんの姿も。

二人で決めポーズ。パシャリ。

 

IMG_1947[1]

 

ちなみに12月に僕、INAGO-DXさんの本公演『十』に出演させていただくのですー。楽しみ。

 

 

 

乗客の皆さんのお腹を満たそうってことで、まずは豆茶香さんが丹精込めて作ってくださったお弁当タイム。

これね、本当に美味しいんですのよ。

しかもこの日はハタチ族スペシャル弁当。

お客さんみーんな満足してらしてよかったです。

豆茶香さん、ありがとうございましたー。

 

 

13715976_882246541909728_1776398699557220355_n

 

 

三江線の車窓から見える綺麗な景色とお弁当で充分贅沢な時間を過ごしていただいたところで、僭越ながらここから演劇のお時間でございます。

演目は僕と元晴で『貧乏神』。

もともとは遊吟とのコラボイベントのための作品だったなー。

大変お世話になってますです、はい。

 

image

 

役者として演じやすいステージじゃないけど、劇中車内は賑やかな笑い声に包まれておりました。

制限されてる空間ってのが、逆に観る側にもいい刺激になったりするもんなんでしょうか。

僕の貧乏神の姿にこどもが泣いちゃったのが可哀想だったけど、それもいい経験さ。ごめんね。

 

image

 

 

石見川本駅に到着後15分の休憩タイム。

僕はすぐさま駅の待合室へゴー。

そうなんです。駅の待合室が次の舞台なんです。

 

三江線イベントをずっとお世話してくださってるMさんに手伝ってもらいながらその場で客席と僕のアクティングエリアを決めて、急いで衣装へ着替える。

 

次の演目は『鈴虫だいすき、興梠さん』。

屋外でこそ本領を発揮する作品だけど、初演のたぬき音楽祭以降なかなかその機会がなかった。

今回の舞台は駅の待合室で、演じる僕の背後からずっと電車のエンジン音が聞こえる。

観る側には不親切だけど、作品としてはこの状況が似あっている。

 

久しぶりに演じる興梠さんはやっぱり難しくて、終演後は底のない井戸に落っこちていくような気持ちになったけど、お客さんの笑顔とこの日のためにわざわざ来てくれたクレープ屋さんの桃クレープに救われた。美味しかったぁ。

 

 

 

帰りの車内では、この企画をもってきてくれたローカルジャーナリストの田中輝美さんとアフタートーク。

いつもの人たらしスマイルと単刀直入トークで僕とお客さんを魅了してくださいました。

 

 

13775752_882246608576388_2483978726575438609_n

 

 

三江線の廃線問題は三江線だけの問題じゃないって輝美さん言ってたけど、ホントにそう思うよ。

このイベントを通じて演じる側も観る側も、なにを感じてどう行動するのか、楽しいだけじゃなくそんなことを考えさせられる深―いイベントだったと感じております。

 

これからの僕がどう生きていくのか、ハタチ族が今後どう歩んでいくのか、フラフラでもゆっくり一歩一歩って感じなんだろうなー。

 

 

image

 

 

 

劇団ハタチ族とゆく!ぶらり三江線の旅』にご協力くださった輝美さん、Mさん、ご乗車くださった皆さま、そして三江線、本当にありがとうございました。

西藤将人は劇団ハタチ族とともに、この日の出来事を一生忘れません。

 

 

image

 

 

 

最後にもうちょっとだけ。

ハタチ族の制作である石原も頑張りました。

彼女の力でこのイベントは成功できたし、おかげで僕は芝居に専念できました。ありがとう。

当日来てないハタチ族のメンバーにも手伝ってもらった。ありがとう。

もちろん元晴のことも忘れてないぜ。いつもさんきゅな。

 

 

【西藤将人 出演】12/17・18 INAGO-DX ROUND8『十』@広島県

2016年7月22日 金曜日

12/17・18 INAGO-DX ROUND8『十』

 

アステールプラザ芸術劇場シリーズ
[レジデンスコレクション]
INAGO-DX ROUND8『十』
作・演出:武田宜裕

十人、十年、十字架、十字路。
十人の男が十字路で出くわすお話し。

 

image

水島憲弘
山田健太
オギエ博覧会
武田宜裕

西藤将人(劇団ハタチ族)
上松知史(World Wide Works)
故 (劇團ぬるま湯)
常山大志(グンジョーブタイ)
瀬戸純司

 

 

2016年12月17日(土)、18日(日)
@JMSアステールプラザ 多目的スタジオ

主催:INAGO-DX、(公財)広島市文化財団 アステールプラザ

【西藤将人 出演】9/18・19『ナ・LIVE2016 』@奈良県

2016年7月22日 金曜日

ナ・LIVE2016 

ついに実現!

西藤将人!今年は奈良にも行くんです!

昨年365日公演では、ナ・LIVEの皆さん雲南まで来てくださいました。

今年はハタチ族が奈良に向かいます!

 

詳細はコチラ!

http://blog.livedoor.jp/nalive/archives/52059440.html

【西藤将人 出演】9/3・4『カブフェス 』@香川県

2016年7月22日 金曜日

マエカブ演劇フェスティバル2016

 

西藤将人、香川へ馳せ参じます!!

詳細はコチラをご覧ください。

http://maekabu.main.jp/kabufes/

image

7月25日 西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!

2016年7月20日 水曜日

7月25日 西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!

 

DSC_1608

 

 

時は来た……。

劇団ハタチ族の代表である西藤将人が、気まぐれで開催するワンマンSHOW!!

自由気ままに繰り広げられるトークは、さながら大航海時代!?

「真剣でいて浅く、適当でいて深い内容は、師匠アントニオ猪木から受け継いだもの。」(西藤談)

ギブアップまで待てない!演劇に卍固め!!

いくぞ~!1、2、3、ダァーーー!!!

月曜日の夜、西藤将人が四角いジャングルで貴方を待ち受ける!!

 

 

 

 

日時

2016年7月25日(月) 20時開演

※上演時間は60分~90分を予定しています。

 

会場

雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール 1階ロビー

島根県雲南市木次町里方55番地

 

参加料金

投げ銭制

 

お問い合わせ

20zoku.post@gmail.com

 

 

【劇団ハタチ族も掲載していただきました!】

2016年7月19日 火曜日

劇団ハタチ族も掲載していただきました!

image

島根県を応援する情報誌。
出かけよう。心が動く、5感が動く

JP32[ジェーピーサンニ]

http://www.jp32.jp/index.html

雲南市の情報モリダクサンのフリーペーパーです。
ハタチ族メンバーの365日公演を振り返るインタビュー記事が掲載されています。

読み応えタップリ!!
ぜひご覧ください〜。

【たくさんのお申し込みありがとうございました!】

2016年7月15日 金曜日

劇団ハタチ族とゆく!ぶらり三江線の旅

image

大変お待たせいたしました…
劇団ハタチ族、三江線で演劇しちゃいます!しちゃうんです!

美味しいお弁当に、綺麗な景色。
そして、そして…ハタチ族の演劇!

鉄道にのんびり揺られながら、お腹も心も満たされる。
ハタチ族と一緒に鉄道旅を満喫してリフレッシュしませんか?

昨年365日公演を雲南市で達成した劇団ハタチ族。
三江線との出会いは「鉄子と行く三江線の旅〜春の大人の遠足」ローカルジャーナリスト田中輝美さんが企画されたイベントでした。
『三江線で演劇にチャレンジ!〜応援レポート③劇団ハタチ族』
https://readyfor.jp/projects/6933/announcements/37574

ハタチ族×三江線
この1日を存分に楽しんでもらえたら嬉しいです☆

 

【演目決定!】
西藤将人と井上元晴が乗車します。

image

 

貧乏神
ある日、道楽者で怠け者の男の前に貧乏神が現れる。一生懸命働く者から養分を吸って生きる貧乏神は、男をなんとかして働かせようとするが―。

image

落語「貧乏神」のハタチ族版!
御存知「貧乏神の貧ちゃん」登場。
オトナがぐっとくる哀愁小噺。

 

鈴虫だいすき、興梠さん
興梠さんは、鈴虫が好き。コオロギではなく、鈴虫が好き。
高速道路が繋がるのを待ちながら、ほんの少し、昔話を。

1Q8A7975

とある一人の男の話。
ハートウォーミング。アナタも一度、コオロキさんの話に耳を傾けてみてください。

写真撮影についてお願い
観客の皆さまに、ご自由に写真を撮っていただけるのは『貧乏神』のみとさせていただきます。
『鈴虫だいすき、興梠さん』はじっくり、ゆっくり、しっかりとご覧いただきますようお願いいたします。
ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

【当日は、JR江津駅からJR石見川本駅まで、貸し切り列車で往復します。】
旅のおともは、ハタチ族西藤もお気に入り!江津本町の人気カフェ「豆茶香」のオリジナル弁当です。(※お飲物はご持参くださいませ。こまめな水分補給を忘れずに!)
せっかくの鉄道旅です!お酒をほどよく楽しむのも、もちろんOK!

感謝御礼!!15日23時でお申し込みを締めきらせていただきました!

たくさんのお申し込み誠にありがとうございます!

今回ご都合のあわなかった皆さま、またの機会にお会いしましょう〜!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■出発日 2016年7月17日(日)10時50分 JR江津駅集合
※受付は10時30分頃より江津駅改札付近で開始いたします。余裕をもってお集まりくださいませ。

■旅の内容 貸切列車の中や駅周辺でハタチ族の演劇LIVEやトークを楽しんだり、川本をのんびり散策したり。

■旅行日程 JR江津駅11時11分発→(お弁当タイム!)→JR石見川本駅12時12分到着→13時43分、川本出発→14時49分江津着、解散

■参加費 3500円(江津駅発着。豆茶香のオリジナル弁当と江津─石見川本間の運賃を含みます、江津からは貸し切り車両を使用しますので、江津までJRで来られる方は、江津までの切符は別となりますのでご注意ください。お子様の料金についてはお手数ですがハタチ族までご相談ください)

*松江、出雲方面の方
行き:松江902、出雲945発 → 1050江津着のアクアライナー
帰り:江津発1519 → 出雲1612、松江1643着の特急、または江津発1452 → 出雲1733、松江1834着の普通列車があります。

*益田、浜田方面の方
行き:益田926、浜田1013発 → 1030江津着のアクアライナー
帰り:江津発1521 → 浜田1541、益田1648着のアクアライナーがあります。

■旅行企画・実施:石王観光㈱ 島根県知事登録 旅行業第2-37号 島根県浜田市高田町56番地 総合旅行業務取扱管理者 永井敏雄

■お問い合わせ・お申し込み 石王観光 三江線沿線魅力化プロジェクト室(0855・22・2222)またはハタチ族まで

■協力 三江線沿線魅力化プロジェクト実行委員会
https://readyfor.jp/projects/6933

 

掛合の自然とアダーンは、タヌキネコからカマキリまで。

2016年7月11日 月曜日

頭が働きすぎて全く眠れずにパソコンたたいてます。困った……。

皆さんおはようございます。西藤将人です。

 

 

7月10日(日)、アダーン3周年イベントでワークショップをさせていただきました。

 

会場は旧掛合小学校体育館。

グラウンドには土俵があって、隣にはサッカーゴールがあるという奇妙な光景が。

 

IMG_1890[1]

 

聞いたところによると、掛谷は相撲や柔道が強いんですってね。

せっかくなら土俵をグラウンドのど真ん中に持って来ればいいのにね。

 

 

執筆の締め切りは守れないけど時間は厳守の僕。

ワークショップ開始の40分前に到着した。

張り切りすぎだろ西藤、と自らにツッコミをいれながらせっかくなんでお散歩スタート。

 

IMG_1892[1]

 

んーー、いい空気やー。

暑さも忘れテクテク歩いてると、……あれ?なんだあれ?……、タヌキだー!

ってことでゆっくり近づいてみる。怖がらせないように、そーっとね。

こんなに近くでタヌキ見たの初めてだなー、なんて感慨にふけっていたらタヌキが一言。

 

「にゃー。」

 

え?にゃー??

そう、限りなくタヌキにしか見えないネコでございました。

僕が衝撃を受けている隙に、そのタヌキネコはネコとは思えぬ凄まじい速さで立ち去っていきました。

だって、タヌキネコだもんね。

恐るべし、掛合……。恐るべし、タヌキネコ……。

 

 

散歩という名の冒険を終え、いざ体育館へ。

本分であるワークショップは20名弱の参加者の皆さんと一緒に、楽しく2時間遊ばせていただきましたぜ。

 

アダーンに集う人達の雰囲気がとても素敵だったのが印象的。

肩に力が入ってないっていうか、自然に笑えちゃうっていうか。

きっと純粋に楽しみながら場づくりができてるって証だろうな。

すごいよ、掛合。すごいよ、アダーン。

 

 

ワークショップ終了後には久しぶりにハタチ族チャンネルの撮影をしてまいりました。

2016年の下半期に向けて、10分間ダラダラと喋っております。

まぁたいして面白くないトークなんで、視聴の際はご期待なきようお願いします……。

 

 

 

それと、ハタチ族制作である石原のイキイキとした姿が見られて嬉しかった。

昨年始まった頃の彼女と比べたら見違えるくらいキラキラしてた。努力の賜物ですな。

あんなに輝いてたらそりゃ人も寄ってきますわ。

僕が感じてる以上にハタチ族は彼女に支えられているんだろーなーって、そんなことを思いました。

アダーンメンバーにもなったし、これから様々な企画を打ち出してって雲南全体を盛り上げていってくれることを期待しちょります。楽しみ。

 

もちろん無理せず、楽しくね。それがいちばん。

 

 

 

サイコーな時間と出会いを与えてくれた関係者の皆さん、ワークショップにご参加くださった皆さんに感謝です

本当にありがとうございました。。

これからのアダーンに幸あれ。

 

 

IMG_1897[1]

 

この最後の写真はハタチ族チャンネル撮影中に、元晴になついたカマキリです。

詳しくは動画をご視聴くださいませ~。