2016年9月 のアーカイブ

《『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと17 日!!》

2016年9月29日 木曜日

9月28日

《劇団ハタチ族第7回本公演『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと17日!!》

image

『レ、レ、レ、狂詩曲』客演してくださる方は3名(予定)おります。
林くん、蒲野くんと……

キャスト紹介第3弾!!

365日公演でもたくさん助けてくださいました!
ご存知!亀尾先生です!!

image

亀尾佳宏(かめおよしひろ)

島根県安来市出身 雲南市在住

県立高校の教員として松江工業高校、三刀屋高校、掛合分校の演劇部の顧問を務め全国大会に6度出場。

2012年より雲南市創作市民劇の脚本、演出を担当し自身が出演することも。

島根県文化奨励賞、文部科学相優秀教員表彰、若手演出家コンクール2014優秀賞など。

image

よく間違われるがハタチ族の劇団員ではない。無茶なことばかりやろうとするので外野から文句を言いつつ声がかかれば出演もする。

 

「今回は広島からの出演者との出会いも楽しみ。
365日公演後初めての本公演。ハタチ族がどんな進化を遂げているのか、是非劇場で見届けてやってください!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんだかんだいって、いつもハタチ族を心配してくれている亀尾先生。
ハタチ族メンバーとの出会いは…ひとりひとり、いろいろです。
いつも頼りにしております!!
『レ、レ、レ、狂詩曲』も、よろしくお願いいたします!!!

 

《チケットのご用意はもうお済みですか?おトクなペアチケット(2人で4000円)はチェリヴァホールでのみご購入、ご予約いただけます!数量限定イマノウチ!!》

imageimage

 

劇団ハタチ族第7回本公演
『レ、レ、レ、狂詩曲』
作・演出:西藤将人

出演
井上元晴、西藤将人、あきふみ、大原志保子
林大貴 、蒲野紳之助
亀尾佳宏 ほか
https://www.facebook.com/events/242724082794525/?ti=icl

演出助手:大野育子、川角貴恵、堀江優純菜
舞台:松浦智有、内田愛美
音楽:菅田茂、小林有希子
撮影:畑雄介
宣伝美術:安田よーこ
制作:石原知美

会場
雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール2階ホール
(島根県雲南市木次町里方55  tel 0854-42-1155)

日時
2016年10月15日(土)15:30/19:30
10月16日(日)11:30/15:30
※開場は、開演の30分前。上演時間100分を予定しております。

入場料
一般2,500円(当日2,800円)
学生800円(当日1,000円)
中学生以下500円(当日共)
ペアチケット 4,000円(各回15セット限定、チェリヴァホールのみ取り扱い)
※未就学児入場不可
※全席自由・税込
※日時指定
※各回70席限定

メール予約
20zoku.post@gmail.com
※お名前・日時・枚数・お電話番号を、件名「レ、レ、レ、チケット」でお送りください。

プレイガイド
雲南 チェリヴァホール、ラメール
米子 ガイナックスシアター
ほか

主催:劇団ハタチ族
共催:株式会社キラキラ雲南

★『マルハ商店SUZURI支店(ネットショップ)開店しました!!』
劇場本店(公演会場)ではお求めいただけない限定グッズ(劇場デザインTシャツやiPhoneケースetc)をそろえております。あの!ハタチくんが!!
「要チェックですぞ〜」
マルハ商店SUZURI支店
https://suzuri.jp/maruhashouten

《『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと18日!!》

2016年9月28日 水曜日

9月27日

《劇団ハタチ族第7回本公演『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと18日!!》

image

本日も張り切ってまいりまーす!!
キャスト紹介第2弾!
昨日ご紹介いたしました!林大貴くんに引き続き…県外からの客演

蒲野 紳之助くんです〜。

image

蒲野 紳之助
(がまの しんのすけ)

1992年9月13日生まれ。愛知県出身。
大学の4年間を広島で過ごす。
大学4年生の時、演劇引力廣島プロデュース公演『飛ぶひと』で初舞台を踏む。
その後、大学卒業を機に上京。
2016年2月、演劇引力廣島プロデュース公演『五十嵐伝』に出演。

「五十嵐伝で共演した西藤さんに呼んでもらい、島根で芝居をする機会を得ました、精一杯やります!
島根のみなさんよろしくお願いします!!
是非観に来てください!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

imageimage

(写真)演劇引力廣島  第13回プロデュース公演 『五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~2016広島版』
作・演出:蓬莱竜太(モダンスイマーズ)
2016年2/18〜2/21 @アステールプラザ多目的スタジオ

ハタチ族との出会いは林くん同様、『五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~2016広島版』

image

一度、見たら忘れられない風貌をしている蒲野くんですが…笑顔がとっても素敵です!(写真のギャップが気になります…)

 

 

蒲野くんの笑顔を垣間みれる動画はコチラです。
『劇団ハタチ族の、ワークショップって何ですか?』反省動画‼︎
https://youtu.be/WtiZ4qhh6I4

 

★『マルハ商店SUZURI支店(ネットショップ)開店しました!!』
劇場本店(公演会場)ではお求めいただけない限定グッズ(劇場デザインTシャツやiPhoneケースetc)をそろえております。あの!ハタチくんが!!
「要チェックですぞ〜」
マルハ商店SUZURI支店https://suzuri.jp/maruhashouten

 

imageimage

劇団ハタチ族第7回本公演
『レ、レ、レ、狂詩曲』
作・演出:西藤将人

出演
井上元晴、西藤将人、あきふみ、大原志保子
林大貴 、蒲野紳之助
亀尾佳宏 ほか
https://www.facebook.com/events/242724082794525/?ti=icl

演出助手:大野育子、川角貴恵、堀江優純菜
舞台:松浦智有、内田愛美
音楽:菅田茂、小林有希子
撮影:畑雄介
宣伝美術:安田よーこ
制作:石原知美

会場
雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール2階ホール
(島根県雲南市木次町里方55  tel 0854-42-1155)

日時
2016年10月15日(土)15:30/19:30
10月16日(日)11:30/15:30
※開場は、開演の30分前。上演時間100分を予定しております。

入場料
一般2,500円(当日2,800円)
学生800円(当日1,000円)
中学生以下500円(当日共)
ペアチケット 4,000円(各回15セット限定、チェリヴァホールのみ取り扱い)
※未就学児入場不可
※全席自由・税込
※日時指定
※各回70席限定

メール予約
20zoku.post@gmail.com
※お名前・日時・枚数・お電話番号を、件名「レ、レ、レ、チケット」でお送りください。

プレイガイド
雲南 チェリヴァホール、ラメール
米子 ガイナックスシアター
ほか

主催:劇団ハタチ族
共催:株式会社キラキラ雲南

《『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと19日!!》

2016年9月26日 月曜日

9月26日

《劇団ハタチ族第7回本公演『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと19日!!》

image

こんばんは。劇団ハタチ族です。
『レ、レ、レ、狂詩曲』本番まであと19日となりました。

本番までの数日、キャスト紹介や稽古場レポートをお届けいたします。
どうか本番当日まで、お付き合いくださいませ〜!

今回の舞台も、ハタチ族メンバーだけではなく、いろいろな方々と一緒に挑んでいます。キャストもそのひとつ。

まずは客演の方からご紹介!先日島根に来たばかり。林大貴くんです〜。

image

林 大貴
(はやし ひろき)

広島県出身。1986年11月17日生まれ。
偶然観た舞台に感動し、演劇活動を始める。
五年間勤めた陸上自衛隊 を退職。
2016年演劇引力廣島プロデュース公演『五十嵐伝』に参加後、東京へ上京。

「今回の縁を大切にし、ここでしか出来ないこと、人たちにたくさん出会いたいです。
本番もすごく楽しみです。皆様、ご来場お待ちしております!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

S__30793734

imageimage

(写真)演劇引力廣島  第13回プロデュース公演 『五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~2016広島版』
作・演出:蓬莱竜太(モダンスイマーズ)
2016年2/18〜2/21 @アステールプラザ多目的スタジオ

 

ハタチ族との出会いは2016年2月西藤も出演させていただきました、『五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~2016広島版』。昨年365日公演にもご来場くださいました。ありがとうございます!

 

とても穏やかで優しそうな林くんですが…
『レ、レ、レ、狂詩曲』ではどんな役柄に挑戦するのか?!こうご期待!!

 

そんな林くんの人となりを垣間みれる動画はコチラです。
『劇団ハタチ族の、ワークショップって何ですか?』反省動画‼︎
https://youtu.be/WtiZ4qhh6I4

 

★『マルハ商店SUZURI支店(ネットショップ)開店しました!!』
劇場本店(公演会場)ではお求めいただけない限定グッズ(劇場デザインTシャツやiPhoneケースetc)をそろえております。あの!ハタチくんが!!
「要チェックですぞ〜」
マルハ商店SUZURI支店https://suzuri.jp/maruhashouten

 

imageimage

劇団ハタチ族第7回本公演
『レ、レ、レ、狂詩曲』
作・演出:西藤将人

出演
井上元晴、西藤将人、あきふみ、大原志保子
林大貴 、蒲野紳之助
亀尾佳宏 ほか
https://www.facebook.com/events/242724082794525/?ti=icl

演出助手:大野育子、川角貴恵、堀江優純菜
舞台:松浦智有、内田愛美
音楽:菅田茂、小林有希子
撮影:畑雄介
宣伝美術:安田よーこ
制作:石原知美

会場
雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール2階ホール
(島根県雲南市木次町里方55  tel 0854-42-1155)

日時
2016年10月15日(土)15:30/19:30
10月16日(日)11:30/15:30
※開場は、開演の30分前。上演時間100分を予定しております。

入場料
一般2,500円(当日2,800円)
学生800円(当日1,000円)
中学生以下500円(当日共)
ペアチケット 4,000円(各回15セット限定、チェリヴァホールのみ取り扱い)
※未就学児入場不可
※全席自由・税込
※日時指定
※各回70席限定

メール予約
20zoku.post@gmail.com
※お名前・日時・枚数・お電話番号を、件名「レ、レ、レ、チケット」でお送りください。

プレイガイド
雲南 チェリヴァホール、ラメール
米子 ガイナックスシアター
ほか

主催:劇団ハタチ族
共催:株式会社キラキラ雲南

《『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと20日!!》

2016年9月26日 月曜日

9月25日

《劇団ハタチ族第7回本公演『レ、レ、レ、狂詩曲』まで、あと20日!!》

image

 

初のチェリヴァホールさんとのコラボ企画!

チェリヴァホール×劇団ハタチ族
ジョイン・ザ・シアタープログラム
「劇団ハタチ族の、ワークショップって何ですか?」

 

本日、お越しくださいました皆さま
気になってたけど予定がー…な皆さま
チェリヴァホールの皆さま

 

ありがとうございましたーーー!!!

 

image

半数以上の方が『演劇ワークショップ』は初体験。
ということでしたが……。

image

笑い声と拍手と、時々真剣なまなざし。
一緒に楽しい時間を過ごさせていただきました〜。

image

「演劇」「表現」「伝える」「伝わる」感じていただけたのではないでしょうか??

 

ラスト30分は、参加者の皆さんとフリートーク!!
感想をお聞きしたり、昨日雲南入りした客演の林大貴くん蒲野紳之助くんに話を聞いたり……。

気になる『レ、レ、レ、狂詩曲』について西藤に話を聞いたり…。

image

タイトルの秘密?!なにやら色々な“意味”が込められているようで……。
どれもこれも直接、作品をご覧いただくと…わかる?

観た人それぞれで、感じ方やとらえ方が”変化”する作品だそうですよーーーー!!!!

イベント終了後は『大交流会』と称しまして、レレレメンバー、本日の参加者の皆さんと楽しく打ち上げ。楽しい一時を過ごせました!!

 

『レ、レ、レ狂詩曲』
ぜったい、ぜったい、ぜーーーったいに、後悔はさせません。

365日公演大千穐楽の奇跡は本物だった。

そう思っていただけるよう、ハタチ族一同、“演劇”と“皆さん”と真っ正面から向き合っていきます!!

 

 

★『マルハ商店SUZURI支店(ネットショップ)開店しました!!』

劇場本店(公演会場)ではお求めいただけない限定グッズ(劇場デザインTシャツやiPhoneケースetc)をそろえております。

あの!ハタチくんが!!
「要チェックですぞ〜」

マルハ商店SUZURI支店
https://suzuri.jp/maruhashouten

 

--------------------

 

劇団ハタチ族第7回本公演
『レ、レ、レ、狂詩曲』
作・演出:西藤将人

imageimage

https://www.facebook.com/events/242724082794525/?ti=icl

 

出演
井上元晴、西藤将人、あきふみ、大原志保子
林大貴 、蒲野紳之助
亀尾佳宏 ほか

演出助手:大野育子、川角貴恵、堀江優純菜
舞台:松浦智有、内田愛美
音楽:菅田茂、小林有希子
撮影:畑雄介
宣伝美術:安田よーこ
制作:石原知美

会場
雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール2階ホール
(島根県雲南市木次町里方55  tel 0854-42-1155)

日時
2016年10月15日(土)15:30/19:30
10月16日(日)11:30/15:30
※開場は、開演の30分前。上演時間100分を予定しております。

入場料
一般2,500円(当日2,800円)
学生800円(当日1,000円)
中学生以下500円(当日共)
ペアチケット 4,000円(各回15セット限定、チェリヴァホールのみ取り扱い)
※未就学児入場不可
※全席自由・税込
※日時指定
※各回70席限定

メール予約
20zoku.post@gmail.com
※お名前・日時・枚数・お電話番号を、件名「レ、レ、レ、チケット」でお送りください。

プレイガイド
雲南 チェリヴァホール、ラメール
米子 ガイナックスシアター
ほか

主催:劇団ハタチ族
共催:株式会社キラキラ雲南

 

image

【お申し込みは…24日午前中まで】

2016年9月23日 金曜日

【お申し込みは…24日午前中まで】

いつも、お世話になっているチェリヴァホールさんとのコラボ企画。

image

チェリヴァホール×劇団ハタチ族
ジョイン・ザ・シアタープログラム
劇団ハタチ族の、ワークショップって何ですか?

開催日:2016/09/25
時間:14時~17時 ※13時45分、受付開始 ※途中休憩あり
料金:参加無料

 

★お申し込みはコチラのご予約フォームが簡単です。
http://www.cheriver.com/event/3333
★お電話はコチラ:チェリヴァホール(TEL.0854-42-1155)

 

いろいろな楽しいイベントを開催しているチェリヴァホールさん。
劇団ハタチ族、チェリヴァホールさんとのコラボ企画は初めてです。
それに…『ジョイン・ザ・シアタープログラム』記念すべき第1回目!!

皆さまと、チェリヴァホールで楽しく過ごせましたら幸いです。

さてさて。
ジョイン・ザ・シアタープログラム
「劇団ハタチ族の、ワークショップって何ですか?」

おすすめポイントは5つ!!
↓↓↓↓↓↓

1.会場がチェリヴァホールの2階大ホール

演劇や音楽の公演最中とは、一味違うチェリヴァホールの雰囲気を感じていただけます!!
シーン…として、少しヒンヤリするあの感じ!そしてホールの匂い!
五感で感じてみてくださーい!!

 

2.演劇ワークショップを楽しみましょう

簡単なゲームなどを通して、日常生活にかかせない『表現』や『コミニュケーション』を楽しく体感してみませんか?
当日は西藤将人・井上元晴・あきふみ。客演の林大貴くん、蒲野紳之助くんも一緒に参加いたしまーす!

※演劇ワークショップは、眺めているだけでも楽しいですよ。
どんな表現をするのかな?つぎは何をするのかな?お、そうきたか!と言った具合に〜。
悩んでおられる方は、ぜひ見学にいらしてくださいませ!

 

3.『レ、レ、レ、狂詩曲』について西藤さんに聞いてみよー!
(西藤将人・井上元晴・あきふみ・客演の林大貴くん、蒲野紳之助くんによるフリートークのコーナー!)

何かと謎の多い『レ、レ、レ、狂詩曲』
謎が多すぎて、チケットの購入を悩んでおられる方が多いのでは?
ってことで、可能な限りお答えしまーす!

image

例えば…社会派青春グラフィティって?あきふみはどんな役?客演の林くん蒲野くんてナニモノ?
西藤・井上・あきふみ・林・蒲野による愉快なトークを繰り広げる…予定です!

 

4.ひとあし早く、Newグッズのお披露目!

お待たせいたしました!新しいグッズを先行限定販売!!
★NewTシャツ★New缶バッジ★Newステッカー

今回は…少しクールにカッコイイ!デザイン!!
お楽しみに〜!

 

5.イベント参加者限定!『レ、レ、レ、狂詩曲』交流会開催決定!!

キャスト・スタッフ・応援団・アナタもみーんな大集合!!
イベント終了後を予定しております。時間、場所、会費等は会場にてお知らせいたします。
※交流会のお問い合わせは「ハタチ族」までにお願いいたします。

 

 

皆さん…!
劇場に行く楽しさは…「お芝居を観ること」だけじゃありませんよー!
ご参加・見学、お待ちしておりまーす。

★お申し込みはコチラのご予約フォームが簡単です。
http://www.cheriver.com/event/3333

★お電話はコチラ:チェリヴァホール(TEL.0854-42-1155)

●持ち物:動きやすい服装。上履き。飲み物。
●申込後の、キャンセル・遅刻・途中退場につきましては、チェリヴァホールまでご連絡ください。
●申込締切:9月24日(土)午前

********************************************************
Whar’s ジョイン・ザ・シアター?
~舞台芸術を「観る」から「触れる」へ~
チェリヴァホールとホールで公演をするアーティストが協力し、
ステージと客席の垣根をなくした、スペシャルプログラムを提供します。
********************************************************

ナ・LIVEでの出来事。

2016年9月23日 金曜日

めっきり涼しくなってきましたねー。

どーも、ナ・LIVEティーシャツを着てる西藤将人です。

 

img_21471

 

9月18日と19日、ナ・LIVEへ参加してきましたー。

西藤、なぜ奈良へ?ってことですが、ナ・LIVEの皆さんは前年の草芝居リーグの覇者を引き連れて、昨年の365日公演で雲南で公演してくださったんですねー。

大晦日にもプロデューサーの松村武さんと一緒にたくさんの方々が応援に来てくださいました。

記憶に新しいです、はい。

 

ちょっとでも恩返しできればって感じで奈良入りするわけなんですが、結果から言っちゃうと僕のほうがエネルギーもらって帰ってきちゃいました。

 

 

出雲駅から高速バスに乗って京都駅へ。

連休前だからかどこ見ても人、人、人ダラケ!!

360度全部が見たことない景色で頭がぽわーんってなりました……。

ぽわーん。

 

命綱ならぬ命看板と命ヤフーマップを頼りに、不安だった電車の乗り換えもなんとかこなして、無事に会場の白ちゃんハウスへ到着。

 

img_21411

 

 

 

スタッフの皆さんにご挨拶してから大阪は西成へゴー。

なぜ西成へって?毎度おなじみの樋口ミユさんのもとへ。

西成には樋口さんの家とも言うべき「カフェ+ギャラリー ジャントゥクトゥー」があるんですな。

まもなく本番の『君ヲ泣ク』の通し稽古を見学させていただきましたー。

 

昨年の木次版『君ヲ泣ク』とまるで印象が違っておりました。なんだか深くてずーんって感じ。

久しぶりに会ったののさんも、初めてお会いした橋本さん、竜崎さん、はたもとさん、全員素敵な俳優さんでした。

観ることが出来てよかったー。みなさん、ありがとうございましたー。

 

img_21451 img_21441

 

ちなみに樋口さんとは“宇宙の話”と“西成の街”について盛り上がりました。

なんだか宇宙と西成って表裏一体というか、オセロが白と灰色になったみたいな、そんなイメージをもったなー。

いつかそんな芝居をつくってみたいかもしれませんー。

 

君ヲ泣クも上演される、『アートグラウンドcocoromiフェス』について詳しくはこちら

http://plant-m.jimdo.com/home/%E5%90%9B%E3%83%B2%E6%B3%A3%E3%82%AF-%E5%A4%A7%E9%98%AA/

 

 

 

遊んでばかりはいられませんってことで、その後は『one person play』に頭を切り替えて就寝。

翌朝からスタッフさんたちのご協力のもとリハ、本番と終えて草芝居リーグ開幕です。

 

img_21421

 

草芝居リーグは、【東アジア】をテーマに「オーソドックス」「ヒストリー」「ミュージカル」班の3チームに、島根から参戦した「演劇寄合」をくわえた計4チームによる、二日間に渡って繰り広げられる戦いなんです。

 

参加者の皆さんは真剣で、かつ楽しんでいて、お客さんに自分たちの演劇を伝えようって気持ちが半端じゃなくって……。

そんなの芝居好きなら当たり前だろ!って言われそうだけど、そんなことないんです。

それがどれだけ難しくて尊いことで、そんな演劇を観ることのできる奈良の人たちは幸せだなーって、そう思いました。

 

演劇がないと生きていけないんだって気持ちはプロとかアマとか関係ないんだって。

演劇とともに生きてて、生かされてる人の姿ってのは無条件で人の心を打つんだなーって。

ナ・LIVEが積み上げてきた7年間は芝居のクオリティって意味でも凄みがあって。

優勝チームの女の子がチャンピオンベルトを抱えたときの10000点の笑顔は忘れられない。

 

img_21591

 

トリを飾る清水宏さんのライヴは圧巻で、相変わらずおもしろくて、いつも以上に凄みを感じて……。

そして松村さん。松村さんの存在がみんなを支えてる。大きい。どれだけのことを積み上げてきたんだろう。

お二人からは厳しい言葉もいただいたけど、それは本当に今の僕にとって必要な言葉だった。

この男前な人達と本当の意味で対等に渡り合いたいって、そう思った。

 

img_21721

 

ナ・LIVE、最高でした。

ご尽力くださった関係者の皆さん、松村さん、清水さん、本当にありがとうございました。

いつかまた、一緒に楽しみましょう。

 

img_21681

img_21521

img_21581

img_21631

 

img_21651

 

img_21691

img_21701

img_21711

img_21741

img_21491

img_21461

img_21751

 

 

 

あぁそうそう、清水さんと松村さんの凄さを今回は特に感じたなー。

あとは自分のちっぽけさと。

 

まぁ今回の旅での反省は自分一人でやります。

色々と吹っ切れたらいつかワンマンショーでご報告できればいいかなー。

 

さて、中四国ツアーやそのほか諸々いろいろあるけど、そろそろ『レ、レ、レ、狂詩曲』の台本完成させなきゃですわ。

 

 

チェリヴァホール×劇団ハタチ族 ジョイン・ザ・シアタープログラム開催!!

2016年9月14日 水曜日

チェリヴァホール×劇団ハタチ族 ジョイン・ザ・シアタープログラム
 「劇団ハタチ族の、ワークショップって何ですか?

 

img_4741

 

いよいよ10月15日(土)、16日(日)に迫った、劇団ハタチ族第7回本公演「レ、レ、レ、狂詩曲」。

公演に向け、プレイベントとして「チェリヴァホール×劇団ハタチ族 ジョイン・ザ・シアタープログ
ラム 『劇団ハタチ族の、ワークショップって何ですか?』」を開催します!

本公演がさらに楽しめるプレイベント!
どうぞお楽しみに!!

  開催日
2016/09/25
  時間等
14:00~17:00 ※13:45受付開始 ※途中休憩あり
  参加無料

 

◆みんなで楽しくシアターゲーム
講師:西藤将人
俳優向けの演技レッスンに取り入れられている「シアターゲーム」。
集中力や想像力など様々なスキルをゲーム感覚で楽しく磨くことができます。
俳優訓練はもちろん、日常生活にも応用することができます。◆『レ、レ、レ、狂詩曲』出演者によるトーク&質問コーナー当日、会場での、チケット販売とグッズ先行販売もございます。

参加資格:年齢性別不問。経験者・未経験者不問。どなたでも参加していただけます。

※見学のみの参加も受け付けております。

●持ち物:動きやすい服装。上履き。飲み物。
●申込方法:お電話にてチェリヴァホール(TEL.0854-42-1155)までお申し込みください。
※申込後の、キャンセル・遅刻・途中退場につきましては、チェリヴァホールまで ご連絡ください。
●申込締切:9月24日(土)午前

カブフェス初参戦!!

2016年9月6日 火曜日

台風の影響が心配されてたけど、西藤将人は無事に香川から帰ってきましたー。

いやー、めでたいめでたい。

 

image1 (1)

 

 

9月3日と4日に株式劇団マエカブさん主催のマエカブ演劇フェスティバル2016、通称“カブフェス”に参加してきましたー。

 

13726738_1042105225871111_3706820134735088206_n

 

 

国の重要文化財「披雲閣」がまるごと芝居小屋になっちゃう二日間!!

20もの団体と個人が参加して、バンバン芝居やっちゃうんですねー。すごいなー。

 

 

そんなすごーい演劇祭をやっちゃうマエカブの代表である岡田さんは、昨年の365日公演に何度もご来場くださった強者なのです。

大晦日の大千穐楽にも劇団員引き連れて来てくれたなー。あざーす!

 

だから自然と僕はマエカブさんを信頼しちゃうんです。

連絡の締切を守らなくても許してくれるし、上演時間の20分を40分にしてくれたり、スーパーわがままな僕を優しくサポートしてくださいました。

ホントに、すみませんでした……。反省してます。

 

image3 (2)

 

 

このご恩返しは芝居でね!ってことで『one person play』がんばってきましたよ!

しかもカブフェス版の演出を引っ提げて!

まぁ初演時の会場からガラリと変わって8畳間の和室での上演ですからね、そりゃ変化しますわな。

 

演出どうすりゃいいんだ!樋口さーん!!

投げかけたらすぐにお返事くださいました。すっげー。

ヒントをいただいた後は黙々稽古。喋り続ける芝居だけど、黙々稽古。

あっちゅーまに制限時間いっぱい!気が付いたら本番前日!はっけよい!

 

 

すぐに本番むかえられたら言うことなしなんだけど、会場は香川なんでね、まずはしっかり休んで早朝の長距離運転に備えましょう。

しかーし!アドレナリンと不安でいっぱいになった僕は眠れなくなったのです!!

ピンチ!焦れば焦るほど眠れなくなってしまう!

本番どころか運転で力尽きてしまう恐怖におそわれました……。

 

結果、本当に一睡もできませんでしたがな。

ほら、よくいるでしょ、「オレ全然寝てねーんだよねー」なんて言っておきながら2時間くらい寝てるやつ。

そんなんじゃなくて、文字通り一睡もできませんでしたぜ。

情けないやら、そんな自分にビックリするやら……。

 

結局フラフラになりながらも無事に香川に到着できたので一安心。

会場に着いてちょっと休憩してたら坂口修一さんが本番してて、それからINAGO-DXのみなさんや、雨蛙さん、ハムプロさんがいて、なんだかとっても心強かったです。

 

エネルギー補給して、いざ本番!

ド緊張のなか沢山のお客さんに観ていただきましたー!うれしー!!

結果、二日間ともお客さんが和室をとびだし廊下までギュウギュウの超満員!ありがたや!!

 

image2 (3)

 

image1 (3)

 

僕自身の芝居の内容は課題残ったけど、今の僕はこのレベルなんだと納得しました。

これからも精進します。

 

image3 (1)

 

打ち上げではマエカブの岡田さんが僕をいろんな人に紹介してくれました。

なーんて優しいおかた。大感謝です。

香川のうどんを食べながらの祝杯は、本当に美味でございました。満足。

 

image1 (2)

image2 (2)

image3

 

 

そうそう、終演後の挨拶で1週間後に披雲閣で上演される清水宏さんのライヴの告知をしてたら地元ラジオの取材をお願いされちゃいました。

めっちゃカミカミでしたけど、一人でも多くの人に清水さん知ってもらえたらいいなー。

 

image2

image1

 

 

自分の未熟な部分を再認識できたり、逆に長所も少しだけ発見出来たり、最高な二日間をありがとうございました。

再会できたみなさん、新たに出会えたみなさん、そして樋口さんや劇団員に感謝。

 

とりあえず、お疲れさまでした。

 

image2 (1)