2017年6月 のアーカイブ

『演劇ワークショップin雲南』開催!!

2017年6月13日 火曜日

『演劇ワークショップin雲南』開催!!

 

170610engkws(o) 170610engkws(u)

 

雲南市創作市民演劇を主催する「雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト」の新企画!

豪華講師陣とともに、劇団ハタチ族から西藤も参加させていただいております。是非ご参加くださいませ〜。

 

西藤が講師を務めさせていただくワークショップの詳細はこちら!

↓↓↓

 

◎WS演劇を基礎から学ぶ

《講師》西藤将人(劇団ハタチ族 代表)

身体表現や発声の方法など、演劇だけでなく様々なシーンで役に立つ基礎技術が学べます。

また、回を重ねるごとに殺陣等のより実践的な内容も予定しています。

 

《日時》

7月1日(土)  8月6日(日)  9月2日(土)

各回とも子供編(小学生以下)は10:30~12:00、大人編(中学生以上)は14:00~17:00(一回のみ参加OK)

 

《会場》

雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール

 

《料金》

一般1,000円、高校生以下500円

 

《持物》

動きやすい服装、飲み物、タオル

 

詳しくはチェリヴァホールまで!

tel 0854-42-1155

 

IMG_0529 IMG_0540 IMG_0543 IMG_0563 IMG_0564 IMG_0569 IMG_0573 IMG_0586 IMG_0590

 

 

凛然グッドバイ雲南公演まとめ

2017年6月12日 月曜日

『凛然グッドバイ』雲南公演、お陰様で無事終演いたしました。

 

ちょっとだけだったけど、ののさんと出口さんと共演できて楽しかったな。

スタッフの金子さん、都さん、あかりちゃんには“本物のスタッフ”ってものを見せていただきました。

なにより皆さんが雲南に来てくれて嬉しかった。大感謝です。

 

しかしまぁ、樋口さんは凄いね。来月までに少しでも成長しよっと。

だって赤鬼シリーズは絶対に観に来てほしいから。

最高の戯曲だし、元晴とガチ芝居だからね。もえる。

 

個人的な課題は山積みだけど、全体的にはとても満足。

集客に奔走する日々も無駄じゃなく、たくさんのお客様に観ていただけたことが嬉しかった。

 

若者たちの感想も胸に響いた。来年の凛然グッドバイオーディションにも多数の応募。多謝。

 

これからもコツコツやっていこう。きっと身を結ぶから。

 

 

劇団ハタチ族 西藤将人

 

18952910_1424131580999041_942828025582040350_n 18952721_1424131577665708_7898428398182360447_n 18951184_1424131657665700_5176377167689847545_n 18921842_1424131570999042_4507108950493253131_n 18951154_1424131674332365_1591629949475081960_n  18951430_1424131734332359_739995992374644684_n 19059101_1424131574332375_4389494181766108327_n 18952678_1424131750999024_884319618543243364_n

Photo by 齋藤学

 

 

『凛然グッドバイ』のススメ

2017年6月6日 火曜日

この夏、チェリヴァホールではたくさんの演劇、ライヴを予定しております。

そんな“雲南演劇サマー”のこけら落としとも言うべき、Plant M No.12『凜然グッドバイ』雲南公演はとても強く美しい演劇作品です。

 

IMG_4036[1]

 

Plant Mさんといえば、昨年の「ブラウンノイズ」が記憶に新しいところですが、一昨年の「君ヲ泣ク」や3年前の「アフターショック」、昨年の「one person play」など木次に滞在してつくられたものばかりでした。

しかし今回は、大阪で活躍されてる女優さん二人と一流のスタッフのみなさんを引き連れての公演です。

 

IMG_4037[1]

 

キャストの“ののあざみ”さんは雲南市創作市民演劇の脚本・演出をご担当されている亀尾佳宏先生の大学時代の演劇仲間で、昨年の「ブラウンノイズ」にもご出演されていました。とっても繊細でかわいらしい方ですよ。

もう一人、“出口弥生”さんは「大阪の小さな巨人」という異名をもつ、器の大きな方です。

僕は人間的にも俳優としてもこのお二人のことが大好きで、とても尊敬しています。

島根雲南でお二人のガチな芝居が見られるのは非常に稀ですし、みなさまに是非お二人の演技を観ていただきたいのです。

 

IMG_4041[1] IMG_4038[1]

 

作・演出の“樋口ミユ”さんは全国で活躍されてる一流の演劇人です。

樋口さんの書かれる脚本の言葉の強さは、ときに痛く、ときに美しく、樋口さんにしか表現できないものばかりです。

演出もシンプルで無駄がなく、洗練されていて、役者は絶対に嘘がつけない。

僕も樋口さんの舞台に立って価値観がガラッと変わった人間ですから、出来るだけ多くの方に樋口さんの演劇を是非とも感じていただきたいです。

 

IMG_4040[1]

 

前述した通りスタッフさんのクオリティも高いので、音響・照明・舞台美術、衣装、そのあたりも感じていただけたら嬉しいです。

 

IMG_4050[1]

 

さらに来年は『凛然グッドバイ』雲南バージョンもあります。

樋口さんが雲南に滞在して、雲南の役者と雲南でしかできない作品を創ります。

雲南バージョンの役者オーディションも開催しますので、是非ご参加ください。

さらにお知らせなんですが、オーディションは女優さんを募集していたのですが、新たに男優さんを募集します。僕が演じさせていただく役です。

出番は少しですが、きっと貴重な体験ができますよ。

 

 

劇団ハタチ族 西藤将人

 

 

2019年の365日公演と、演劇テーマパーク。

2017年6月6日 火曜日

結局は生き様。365日公演やるってのもそこ。

 

立場も人種も超えて人が気軽に集まることができる場所、

そこでは楽しく真剣に毎日誰かが誰かのために表現をしている。

そんな環境が“演劇テーマパーク”なんじゃなかろうか。

 

人間が人間らしく、自由であるために。

2019年、僕は365日毎日舞台に立ちます。

 

そりゃもう大変だろうけど、精一杯楽しみます。関わってくれた皆さんにも楽しんでもらいます。

けっして僕一人の挑戦じゃありません。島根雲南でしかできない演劇カーニバルです。

そして、宝物をつくります。

 

劇団ハタチ族 代表 西藤将人