2019年4月 のアーカイブ

今さらながら気づかされた、津和野公演

2019年4月23日 火曜日

4月21日は津和野の公演。会場に行く前に参拝をということで行ってきましたよ、太皷谷稲成神社へ。

千本鳥居を潜りながら約300メートルの石段を登ります。たどり着いた先から見える津和野の景色たるや……。

 

39650D37-F284-407E-AE0D-1E08FC572AC3 F951CC0A-1FD4-46C7-B191-76AA616E12E3 0709E461-2FC2-42A8-8AFE-C669E046223E 5CB35839-88A1-47A8-9128-0A172A1987E2

 

心がやすんだところで会場へ。この『糧』、以前は病院だったんですって。

欅ガルテンもそうだったけど、ストーリーと美しさのある会場は入る前からドキドキする。この体験は来年の劇場づくりにも繋がるんだろうな。

 

02E4AFF9-F246-4024-A324-1D6226C7B43C 92E77FBE-1555-4EF0-8F06-A97E7FE37255 B7E6A514-0139-48E8-9B5C-7CF79FCB6AA2

 

会場の雰囲気を感じながら食べるランチは贅沢極まりなく、マスタードカレーとお味噌汁は美味しいだけじゃなく身体にもいいのです。おかわりしたかったぜ……。

オーナーの大江健太さんとのお話も時間を忘れるくらい楽しかった。大江さんの人間力、尊敬します。

 

B42F85D9-F18F-4B9D-8349-7018323676CB EEA39F02-CC45-45DE-A726-2D5686BC5631 85EA971D-F81A-47A7-8B65-F90AACA84D43

 

ちなみ近くにある堀庭園もおススメ。津和野の歴史も感じられて充実した時間を過ごせますよ。

 

7F3902B9-FB39-4F82-B451-C62B9F33C15A 0A5EA345-FF9D-47AF-A3E3-0ABA58FBA487

 

津和野のみなさんも僕の芝居にすっごく集中してくれました。今更気づいたのだけど、集中して演劇を観るときの目って子どもも大人も一緒なんですね。大人が子どもに戻るのか、子どもが大人になるのかはわからないけれど。

そんなことを感じながらの10万年トランクでした。

 

A0C49027-BDE1-476C-8B3C-DFCF73F9591C D7E1F2DC-B5F8-4A25-8977-DE02A3EA506D 8341D9E5-B8D2-455A-978E-BDC5D23DB56E 1D915116-E267-4013-A38D-BD72C01183EE

 

津和野のみなさん、とってもいい笑顔ね。僕がなんで島根を全部まわるのか、その意味を再確認できた日でした。

大江さん、そして津和野のお客さん、本当にありがとうございました。必ずまた伺います。

 

868D58DA-88B0-4A76-B27E-BCBB1E68064A 9757B7EA-A0D1-43AA-8E6A-2A8800485467 2080788A-EB0F-4ADB-906F-477A3AC3F2CA

 

西藤将人

 

 

川と山と素敵なおじさんたち、吉賀公演

2019年4月23日 火曜日

4月20日は吉賀公演でした。会場の欅ガルテンは日本じゃないような雰囲気で、春の陽射したっぷりの最高のロケーション。

開演前から胸が踊りました。

 

6E856813-EC95-4E7A-B0CE-15B5604FACEC C6D811C3-DC6E-49D0-A2B7-F39E4AE5D8AE 78AF5984-6AA5-4386-A892-976183C64D32

 

僕が準備してるとゾロゾロお客さん集まってきて早くも飲みはじめてた。この雰囲気もいいね。

 

8FC8C61C-719B-4E0D-94D7-FC51635A5C93 ACD1BDE9-C57E-4D9F-85F6-B3710EE320FD

吉賀ではほとんど演劇を体験する機会はないらしいのだけど、それもあってかお客さんの視線の自由さと集中力が凄くて、ヒリヒリした時間のなか演じることができました。

もちろん欅ガルテンのもつ空気感も僕の芝居の味方をしてくれました。感謝。

 

F32B86DB-FF52-4B4E-9605-056997877FEF FFE6EDC3-FA71-4E62-B209-8A60B688E0B6 85FAAB35-5042-41E1-873C-6A26B31E79E4

 

終演後はみんなでワイワイと。どんどん美味しいごはんとお酒が目の前に広がっていく。

ほーら、美味しそうでしょー。炭火でじっくり焼いた鮎と手作りチーズはとくに絶品でした。

なによりも地元のみなさんが元気。深夜になっても話が尽きないし、人生めいっぱい楽しんでる。

いいなぁ、かっこいいなぁ。

 

E4AB70A7-2BF1-4570-B2AE-8690CC50425A FEDA35FE-EF59-4B08-8DBE-D1B5696B50A3 2FF5AA72-DD04-422E-A75D-AF86628F4BD8 469E31DC-159F-4713-9707-33E5E553073A 16BA74BE-7F5E-4245-B37C-06F0AA0A7895 470A4AA1-6EEE-4257-8AF4-99DCFF6C82A2

 

吉賀のみなさん、本当にありがとうございました。知り合い一人もいない土地でこんなにあたたかく迎えてもらえるなんて夢のようです。みんな優しいよ。

欅ガルテンの田村さん、アテンドしてくれた栩木さん、地元のみなさん、またお会いしましょう。

 

EC2A7A03-0C02-4884-9597-06A5F3BC5CBC C17FE3F7-B1AC-4546-829B-78623B4AC53D

 

あ、そうそう。翌朝は早くおきて近所を散歩。高津川を目の前にブルースハープを気ままに吹いてみたりしました。なんか名人になった気分。

美味しい朝ごはんまでいただいて感謝感激です。そのあとは滝を登ったりして満喫しました。

 

4668CAC7-5922-4435-9D7C-C0127C90D33F 149DF30D-3A09-4669-84C5-4A91F709FC8A 96C2B220-D33D-4A6D-BC30-12AEFA83DF33 F87F3F9E-B20C-44F9-B62D-215C1F9C43CE

 

西藤将人

劇団ハタチ族 2019年夏公演「アイデアル」

2019年4月11日 木曜日

 

「アイデアル」

 

9753958114943IMG-4956

若い夫婦がいる。

どこの夫婦も似たり寄ったりで、
大なり小なり問題がある。

現実と理想を行ったり来たりで、
夫婦って関係がこんなにもタイヘンだなんて、
夫婦をやってみなけりゃ分からない。


愛、とは理想か。

理想は実現不可能か。

さて、何が見える?

 

 

劇場空間としてチェリヴァホールの舞台上舞台、日常空間として三日市ラボで公演を行います。

空間によって作品がどのように変化するのかもお楽しみください。

 

 

作・演出 樋口ミユ

詩 谷川俊太郎

出演
井上元晴
大原志保子

朗読
あきふみ

 

 

会場・日時

●雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール
2019年7月27日(土)
13:30開場 14:00開演
17:30開場 18:00開演

●三日市ラボ(おっちラボ) 各回20席限定
2019年7月28日(日)
13:30開場 14:00開演
17:30開場 18:00開演

 

料金

早割 一般1,800円(チケット窓口、メール予約で受付。5/20から6/10まで。)
前売 一般2,000円 高校生以下500円
当日 一般2,500円 高校生以下800円
ペア割 一般2名3,800円(メール予約でのみ受付)

 

チケット窓口

雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール
島根県雲南市木次町里方55 tel.0854-42-1155

 

チケットメール予約

劇団ハタチ族 20zoku.post@gmail.com
お名前・電話番号・希望日時・券種・枚数を明記の上、ご連絡ください。

 

お問い合わせ 劇団ハタチ族

Tel 090-8606-7652 (西藤)
Mail 20zoku.post@gmail.com

 

 

主催 劇団ハタチ族

 

 

 

西藤将人出演! 南河内万歳一座『~21世紀様行~唇に聴いてみる』

2019年4月3日 水曜日

西藤将人出演!

南河内万歳一座『~21世紀様行~唇に聴いてみる

 

IMG_2428-300x196 IMG_2430-300x200 IMG_2436-300x200 IMG_2440-300x200

 

脚本・演出

内藤裕敬

 

出演

鴨鈴女、福重友、鈴村貴彦、松浦絵里、市橋若奈、寒川晃、有田達哉、坪田麻里、内藤裕敬 (以上、南河内万歳一座)

ことえ(空間悠々劇的)

西藤将人、柴野航輝、平 直樹、樋口弘紀、船橋輝人、丸山文弥、坂口美紅

 

東京公演

会場

ザ・スズナリ

〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15  tel.03-3469-0511

 

日時

2019年6月6日(木)〜6月9日(日)

 

A096E1C7-9A7E-42D0-8564-7C79A1AD6FF1

 

料金(日時指定整理番号付自由席)

一般前売 3,500円

学生・シニア(65歳以上)3,000円

青春18歳差切符5,500円(年齢差18歳以上のペア切符)

○当日券は各券種とも500円UP

○未就学児の入場はご遠慮ください。

○青春18歳差切符は劇団のみの取扱いです。

○割引チケットは年齢のわかる証明書をご用意下さい。

○受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。

 

大阪公演

会場

一心寺シアター倶楽

〒543−0062 大阪府大阪市天王寺区逢阪2-6-13 tel.06-6774-4002

 

日時

2019年6月12日〜6月17日

 

大阪スケジュール

 

料金(日時指定整理番号付自由席)

一般前売 3,500円

学生・シニア(65歳以上)3,000円

青春18歳差切符5,500円(年齢差18歳以上のペア切符)

○当日券は各券種とも500円UP

○未就学児の入場はご遠慮下さい。

○青春18歳差切符は劇団のみの取扱い

○割引チケットは年齢のわかる証明書をご用意下さい。

○受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

チケット取り扱い

西藤将人に直接予約はこちら⇒ Tel:090-8606-7652 Mail:20zoku.post@gmail.com

劇団ホームページ予約 http://banzai-ichiza.com/?page_id=579

劇団電話予約 tel.06-6533-0298

※4月28日(日)発売

 

主催・製作・お問合せ

一般社団法人南河内万歳一座

〒550-0015 大阪市西区南堀江4-27-19-2階

tel.06-6533-0298 fax.06-6533-0299