演目変更について


いつも応援ありがとうございます。

劇団ハタチ族の西藤将人です。

 

突然の演目変更、お詫びのしようがありません。

本当に勝手な話です。どんな理由があれ、許されることではないと思っています。

 

9月15日、その日は新作「エンジンだいすき、エナジーさん」の初日を予定していました。

しかし前日になっても台本は完成せず、さらに試行錯誤の末、作品を一から見直すことにしました。

 

なんとか初日に間に合わせることはできる。でも中途半端なものにしたくない。

 

悩みました。

新作を楽しみにしてくださってるお客様を裏切ることになる。

 

しかし、とにかく今できる精一杯をしようと、これが今のハタチ族の全力なんだと、その姿を舞台上でお見せしようと決めました。

 

それが9月14日(月)の昼。その日の夜はワンマンSHOW!!が控えています。

そこでまずご報告しようと思ったのですが、でもまだ迷っていました。

優柔不断なんです。一度決めたのに、本当にこれでよかったのか、もっとあがくべきなんじゃないか、なにか別の方法があるんじゃないかと。

 

夜、スタッフとも相談した結果、演目変更のことは黙っておき、ワンマンSHOW!!をまずは精一杯務めること、そしてお客さまには、一夜明けて当日の昼間にSNSでご報告することにしました。

 

ワンマンSHOW!!で演目変更のことをお伝えすると、その場は間違いなく重苦しい空気に包まれます。

楽しみに来てくださっているお客様に対してそんなことをしていいわけがない。まずはワンマンSHOW!!を楽しんでいただく、そのことに集中しようと決めました。

 

でもまだ優柔不断をひきづっていました・・・。

無理やり気持ちを引っ張り上げて舞台に立ったのもつかの間、すぐに根を上げちゃいました。

 

「ごめん、やっぱり予定変更させて。ここで言います。」

 

制作スタッフの石原にこう告げました。

告げたはいいものの、実際まだフワフワ揺れてました。

言ってしまえば後戻りできない。それに、ワンマンSHOW!!がメチャクチャになる。

 

それでも我慢できませんでした。お客さんの目の前で嘘つくのが。

 

石原も僕の心情を悟ってくれ、なにも言わず頷いてくれました。

この後押しがなければ僕は喋ることができなかったでしょう。ありがとう。

 

最初は明るかった会場が、みるみる暗い雰囲気に包まれていきます。

僕は演目変更のこと、その理由をご説明しました。

全部喋り終えるのに20~30分ほどはかかったでしょうか。

お客様は真剣に僕の声に耳をかたむけてくださっていました。

 

甘えまくっちゃいました、お客様に。

 

その後、重苦しい空気はお客様から僕へのサプライズ誕生日プレゼントをきっかけに持ち直し、気づいた時には予定の上演時間をゆうに超えていました。

 

トーク内容はしょうもないことなんです。まったく褒められるものではありません。

だけどね、笑ってくださってるんです、みなさん。

終演後は励ましのお言葉まで・・・。

 

ありがとうございます、本当に。

 

 

9月15日(火)、演目変更の初日は「古事記ぼっち~スサノヲ編~」を上演することにしました。

 

もう何度も演じてる作品です。

たとえ急にその場でやれって言われたってできる自信もあります。

稽古だってしっかりやってきました。

 

でもその日の開演前は異常な緊張感に包まれていました。

それは僕だけじゃなく、スタッフも一緒です。

ガチガチでもフワフワでもないんです。ただ、なにかが明らかに違う、そんな感じです。

 

いつも以上に丁寧に演じた「古事記ぼっち~スサノヲ編~」だったのですが、間もなく終わりといったところで、ボン!っと、なにかが、はじけちゃいました。

 

頭も目の前も、一瞬で真っ白になってしまいました・・・。

 

お客様もなにが起こったかわからない様子。

無理やり幕をおろしたのですが、その後は茫然自失。

なによりお客様に申し訳なかったです。

 

演目変更で、ついにお客様が途切れるかもと不安におびえた9月15日。

これほどまでに自分が情けないと思った日はありません。

これほどまでにお客様が有難いと感じた日はありません。

これほどまでに明日の舞台が怖いと実感した日は、初めてでした。

 

 

9月16日(火)は「古事記ぼっち~オオナムチ編~」を上演しました。

 

前日の出来事が頭によぎり、いくら稽古しても不安にかられていき、あっという間に本番の時間に近づいていきます。

ここが踏ん張りどころなんだと、自分を無理やり奮い立たせました。

けれども恐怖が勝っちゃうんです。この日ばかりは。

 

逃げたかったです、正直なところ。

 

でも、逃げなくて良かった。

 

幕が開き、舞台にあがり、お客様が顔を窺うとみなさんが一斉に僕を見てる。

そんなことは当たり前なんですけどね、みなさんが僕に「がんばれー、がんばれー」って応援してくれてるんです。

勘違いかもしれませんが、そんな表情をされてるような気がしました。

きっと前日もそうだったんでしょうね。気付くのが遅くてすみません・・・。

 

お客様と相対していながらも背中を押されているような、そんな不思議な感覚になりました。

舞台に立つ恐怖は持っていていいんだと、抱えながらでも進んでいけるんだと、みなさんに教わったように思います。

 

9月17日(水)の「鈴虫だいすき、興梠さん」でも背中を押していただき、さらにあたたかい拍手と激励のお言葉をいただきました。

 

本当にありがとうございました。

 

 

演目変更のこの出来事を美談にする気は毛頭ありません。

中途半端に「エンジンだいすき、エナジーさん」の上演時期を申し上げることもできません。

ですが、いつの日かご披露できた際には必ず、「延期してよかった。待っていてよかった」とみなさまに思っていただけるように精一杯頑張ります。

 

365日公演も残り3カ月と少しです。

毎日真剣な舞台を大晦日まで続けること、それが今の劇団ハタチ族の本分だと思っています。

 

誠に勝手ではございますが、これからも変わらぬ応援を何卒宜しくお願いいたします。

 

 

劇団ハタチ族 代表 西藤将人

 

 

 

 

 

9月17にお越しいただいた11名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、105日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

コメントをどうぞ