「演劇」の力


滞在時間は3日間のはずなのに、 初めて来たはずなのに、 3日目の島根は僕の故郷でした

初めまして、9月26・27日にチェリヴァホールにて行われた、 チェリヴァシアターLIVE 「ナ・LIVE in雲南!~おまけで劇団ハタチ族~ のナ・LIVE草芝居リーグ2015優勝チーム 「Re:Time」 に出演しておりました、山崎大輔です。

1Q8A1050

「大輔」と基本的には呼ばれています。

僕が誰かわからない方ばかりでしょう。

公演を観てくださった方に分かりやすく説明するのであれば、 女装も、黄色い髪もしていなかった、存在感が薄くなっていっちゃった方の男性です。

1Q8A0785

さて、実は28日は予定を空けて観光をしていたのですが、この記事は、もちろん公演を行った二日間に関わる感想を書かせていただきます。

まず、初めにお話を聞いた時は「」な状態でした。 そもそも、僕の出身が静岡なので島根は行った事がなく、本当に遠い場所のような気がして「そもそも、自分はたどり着けるのか」という不安が大きかったです。でも、演劇の力は距離を超えるんですね

心配性な性格なので、もう最初は何が何だか分からなかったです。 でも、後々、劇団ハタチ族さんのことを詳しく聞いて、「365日公演」という言葉が頭に残り、もっと知りたくなりました。

だんだんと公演日が近ずくにつれて、わくわく感が増えていって「365日の内の2日間の1人」になれる事が嬉しかったです。

実際に雲南市に着くと、そこは本当に素敵な場所でした。僕は、田んぼと山の中が出身がみたいな部分もあるので、自然の緑がある土地は大好きなんです。

そして、チェリヴァホールの空気がとっても素敵でした。 二日間の公演を終えて、ホールも土地も、ハタチ族の皆さんも、そして何より観客の方々も、全ての方が持っている「温かな空気」と「演劇への気持ち」をはっきりと感じました。

「またまたお世辞でしょう?」

いやいや、お世辞が言えるような器用な人間だったら「ネギでスプーンが切れない」事に対してもっと的確に突っ込みますよ! 僕もびっくりしたハプニングだったんですから!未だに何て返すのが正解だったのか、思いつきません。

1Q8A0673-1

 

でも、本当にあの場所で芝居をさせていただけて幸せでした!

1Q8A0768

今回、ハタチ族さんの「365日公演」に参加させていただいて、 「演劇」を演劇だけで、舞台の上だけで、終わらせない、 もっと広く、地域、人、全てに繋げていくような完結を見せない「演劇」の力を改めて教えてもらいました。

この力を奈良からも、広く発信していけるよう、ナ・LIVEも頑張ります!

1Q8A0810

非常にまとまりの無い文章を書く事しかできませんでしたが、 今度は観る側として、12月31日までに関わりたい大輔でした。

貴重な二日間、ありがとうございました! これからも応援しています!

 


大輔さん、ありがとうございます!!
ナ・LIVEの皆さん!島根にお越しいただき、本当に本当にありがとうございました!
そして、受け入れてくださったチェリヴァホールの皆さま!いつも本当にありがとうございます!!

奈良と島根、土地と演劇、人と人……たくさんのものが融合した様子に終始感動しっぱなしでした。
ナ・LIVEの皆さんから頂いた刺激とパワーで残りの3ヶ月、全力で楽しみたいと思います!!

劇団ハタチ族、必ずそちら(奈良)にも伺います!!
またお会いできる日を心待ちにしております……!!

 

 

 

9月27日「ナ・LIVE in雲南!~おまけで劇団ハタチ族~」にお越しいただいた皆さま

ありがとうございました!!

ナ・LIVEの皆さま、お疲れさまでした!!

image

あと、95日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

コメントをどうぞ