打ち上げの意義


みなさん、こんにちは。

劇団ハタチ族の西藤将人です。

 

今回のブログは坂口修一さんについて……。

 

 

昔、火曜日のシュウイチってのをやってまして……。

今年2月にチェリヴァホールで上演された南河内万歳一座さんによる『青木さん家の奥さん』の打ち上げでご挨拶した際、坂口さんが口を開いた。

 

詳しく訊くと、2007年4月から1年間かけて全100ステージ、毎週火曜日にたった一人で舞台に立ったとのこと。

 

凄まじいことだ。尋常じゃない。

舞台に立つ坂口さんを生で観た後だったから、敬服しつつも軽く、けれど真剣に、僕はこう言ってみた。

 

年内、また来てくださいよ。

そしたら坂口さん、

もちろん。今度は一人芝居ですね。

だって。

 

嬉しいです。またご連絡します。

と、僕。

はい。待ってます。

と、坂口さん。

 

こうして繋がっていって、365日公演が盛り上がっていく。

期待に胸をふくらませながらも、人見知りので怖がりの僕は、なぜだか嬉しくも半信半疑で、それから数日経っても坂口さんに連絡することはなかった。

 

なにやってんだろ……。

 

でもそこは坂口さん。

僕から連絡がないとみるや、坂口さんから僕に連絡してくださいました。

 

一人芝居、どうしましょう?

ぜ、是非とも!よ、よろしくお願いします!全力で応援しますっ!!

 

なーんて感じで9月には一人芝居『傘がない』で今年2度目の来雲。

しかもわざわざ前日入りしてハタチ族の『フランチャイズの犬』を観劇してくださいました。

 

フランチャイズの犬、おもしろいですね。

ありがとうございます。

僕も出演したいくらいです。

またまたー。ははは。

 

恥ずかしくも気をよくした僕は、酒の勢いもあって調子にのってまた一言。

 

年内また来てくださいよー。てゆーかフランチャイズの犬、でてくださいよー

そしたら坂口さん、

いいですよ。

って。

 

え?ホント、ですか、坂口さん??

もちろんです!じゃあフランチャイズの犬のほかに一人芝居ももってきますね!

 

 

宴の席、こんな感じで話はトントン拍子で進んでいく。

そして12月、『お父さんのバックドロップ』を引っさげて、坂口修一さんが今年3度目の来雲をはたすのであった。

 

超短期間の稽古はそりゃもう楽しくて、僕なんか喉をガッスガッスに嗄らしてしまうわけで、元晴もヘロッヘロのバッテバッテになるわけで、一番元気なのは坂口さんっていう、なんとも情けない構図のなかついに『フランチャイズの犬』初日を迎えた。

 

僕の無茶ぶりのせい(ホント、すみません……。)で初日と2日目と違う役で舞台に立つ坂口さん。

当たり前のようにスゲー芝居でスゲーお客さんを沸かしてる。

ハンパねーよ、坂口さん……。

 

お父さんのバックドロップ』はプロレス好きな僕にはたまらない演目。

坂口さんの空間支配力は凄まじく、チェリヴァのロビーがいつの間にか完全に教室に変わってた。

客席で誰よりもゲラゲラ笑って、最後は号泣しちゃいました……。

 

image

 

 

滞在最終日を翌日にひかえた夜、ビールを飲みながら坂口さんとこんな会話。

滞在延ばして、月曜のワンマンSHOW!!を観てから帰ろうかな。

観るんじゃなくて出演してくださいよー!

じゃあなにする?

そうですねー、亀尾先生も交えてインプロってどうですか!?

 

そのとき一緒に飲んでた亀尾先生も巻き込んで、急遽ワンマンSHOW!!でインプロ(即興劇)をやることに!

 

当日はいつものワンマンSHOW!!とは一味違う雰囲気に会場は包まれていました。

まぁお客さんがいつもよりもはるかに多かったからなんですけどね……。

突然の発表にもかかわらず沢山のお客さんに来ていただけたのは、それだけ坂口さんの面白さが皆さんに伝わったってことですな。

 

坂口さんと亀尾先生に挟まれてのインプロですからね、振り回されて当然ですよ。

お二方とも自由だし、なにより実力者だし、本番中はそりゃもう楽しいの一言です。

お客さんの笑い声の大きさに疲れもふっとぶってもんです。

亀尾先生、一緒に楽しんでくれてありがとうございました。

1Q8A6420

 

坂口さん雲南滞在最後の夜、僕のビール缶を握る手にも力がはいります。

坂口さん!一緒に舞台に立てて本当に楽しかったです!またご一緒させてください!

来年以降のハタチ族、ここ雲南に坂口さんは必要だと思ったから。

この人と、また舞台に立ちたいって本気で思ったから。

 

坂口さんは真剣な表情で頷いてくれました。

おおきいんです、坂口修一って人は。負けてらんないぜ、西藤将人も。

 

 

こうして来年以降も繋がっていけること、最高に嬉しいです。

でもこれって僕の、ハタチ族の頑張りだけじゃどうにもなんない。

 

お客さんがたくさん来てくれる。これが大事。

当然僕たちの宣伝だったり普段の頑張りが一番必要なんだけど、いつでもおもしろい芝居やスタンダップコメディが観られる環境にするにはお客さんの入りがなにより重要なんです。

 

“演劇テーマパーク”を実現するためには、そこらへんをもっと深めていかなきゃならんと思う今日この頃です。

けっして皆さんの応援たりないって言ってるわけじゃないですよ。

演劇と繋がる魅力というかメリットというか、そういうのをもっと発見して発信していかなきゃって気づいたんです。

 

 

とある人がこんなことを言ってた。

勢いのあるとこでは、打ち上げでどんどん次の企画が決まっていく。

もしかして僕たちには勢いがあるってことなのかな。

365日公演のおかげ。ってことは、皆さんのおかげ。

 

そしてやっぱり、お酒のおかげ。

 

 

 

 

12月7日坂口修一・亀尾佳宏ゲスト出演『西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!』にお越しいただいた23名さま

ありがとうございました!!

image

あと、24日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

コメントをどうぞ