ふたりならできるもん


365日公演も残りわずかとなってきました。

みなさんこんにちは。劇団ハタチ族の西藤将人です。

 

今回はおぼんろ主宰、末原拓馬について。

 

 

image

 

 

“キンキラキンのラブをあなたに”

 

僕が言うとギャグになっちゃうこの台詞も、拓馬が言うと不思議なほどに自然に聞こえてくる。

 

まさひと!オレら二人が天才だってこと見せつけてやろうぜ!

そう無邪気に熱く僕にじゃれてくる拓馬は、本当にキラキラしてた。

 

西藤さん、もっとキラキラしてください。

数年前、とある舞台人にこうダメだしされ、解決法が見いだせない苦しさからそれから数日間、毎晩うなされた日々のことは今でも覚えている。

 

それからというもの、多少ひねくれている僕は世間でいうところの“キラキラしている人間”に敵意を示すようにようになっていく。

要するに、ひがんでいたわけだ。

 

なんだろ、キラキラしてるものが嫌いなのかな?

いんや、きっと憧れてるんだろうな、キラキラに。

 

教室の隅っこからクラスの中心的存在であるおしゃれグループを睨みつけながら、自宅に帰れば彼らのファッションや喋り方を真似する。そんな感じ。

ジメジメ”してる、それが僕だ。

 

キラキラ”の末原拓馬と、“ジメジメ”の西藤将人。

そんな二人で、いったいなにが出来るのだろう……?

 

 

 

拓馬が島根にやってきたのは12月13日。

その日は拓馬の『ひとりじゃできねぇもん in 島根』ってことで一人芝居『ズタボロ一代記』。

 

普段ハタチ族がやってるチェリヴァホールのロビーで公演してくれることに少なからず感動していた僕は、舞台の仕込みをいつになく張り切っていた。

なんだかね、楽しかったのかな、一緒にやれるのが。

 

本番直前、

拓馬、いけるか?

あいよ。よろしく、将人。

そんで握手。たしかこんなやりとりをした。

 

オープニングの曲が流れて拓馬が舞台に上がってからすぐに気付いた。

僕は勘違いしてたってことに。

あー、拓馬って“キラキラ”じゃなくて“ギラギラ”してんだなって。

1Q8A7191

 

終演後は僕の家で深夜3時半頃まで翌日のワンマンSHOW!!『たくま&まさひとの、ふたりならできるもん』の作戦会議。

疲れてるはずなのに拓馬は“ギラギラ”してた。

具体的な内容は決められなかった。

不安は消えてないけど、自信はもてた

だって“ギラギラ”なら僕だってもってんだ。

僕と拓馬、二人ならできる……。

 

 

12月14日。

まずは温泉だ。それからご飯を食べよう。

ってことで湯村温泉へゴー。お客さん誰もいない。貸切ってやつだ。

 

裸でグダグダたっぷり語り合う。

さっぱりしたらもちろん木次牛乳。拓馬はコーヒー牛乳をぐびぐび。

お土産ってことでハチミツをプレゼント。めちゃくちゃ喜んでた。かわいいやつめ。

ご飯はおくいでモツ丼をがつがつ。

 

その後、桜土手のそばにある「願い橋」で全力ダッシュ!

いい大人が全力ダッシュ。おもしろい。

image

 

たっぷり雲南を満喫させてから、さて稽古。

まずは柔軟開始!っとおもったら拓馬、稽古場にあったピアノをポロンポロン♪

カッコイイやつめ……。

 

やんややんやと稽古稽古稽古。

オープニングとざっとした流れだけ決めて、即興部分は完全に即興でいくことになった。

しかもオモシロだけじゃなく、最後は感動にもっていく。

 

かなり高いハードル。

でもね、なんかいけるんじゃないかって気がしてた。

拓馬と二人ならできるって。

 

いざ本番!

詳しい内容は観た人だけのものってことでご勘弁を。

お客さんから頂戴した「トイレットペーパー」「クリスマス」「スターウォーズ」のお題に加え、なぜか拓馬がその場で「じゃあラストは水で終わらせる」って言いやがった。なんで??

お互い真っ黒の衣裳を身に纏いながら、ゴキブリを汗だくで演じちゃいましたぜ。

途中、バルタン星人のようなサンタクロースも登場したっけな。

 

1Q8A7530

 

ちゃんちゃん!ってなったときには開演から70分くらい経過してた。

即興で70分なんて初めてですわ。やれやれ。

 

1Q8A7688

 

 

まさひと、これあげる。

お客さんをお見送りしてから楽屋で拓馬がビールをひょいって。

おつかれさん。乾杯。

最高に美味かったぜ、拓馬。

image

 

拓馬の愛らしさにはリミッターってのがないらしい。

その魅力にお客さんだけじゃなく、劇団員もチェリヴァのスタッフさんもメロメロですわ。

いやはや、恐ろしい奴……。

 

 

帰宅後、あらためて乾杯。

またまたグダグダと語り合っちゃいましたよ。

普段のこと。今夜のこと。これからのこと。

 

熱い夜。楽しい宴。

拓馬と一緒に365日公演をたたかえたことを誇りにおもえた。と、そのとき、

まさひとのこと、俺は友達だとおもってる!

ちょっと待てって、拓馬……!

僕はね、友達なんてものは存在しない。と、思っている。

物理的にも、概念としても。

 

あたしたち、友達だもんね!

なんてめでたく笑いあっている女子高生を見かけると将来心配になるわけで、彼女たちが一刻もはやく夢から目覚めてほしいと切に願うばかりである。

 

多少ひねくれていることは自覚している。

あくまでも、多少、ね。

でもそんな純粋に想いをぶつけられちゃうとね、いや、困った……。

 

よおし!盃を交わそう!!

友達のことはさておき、兄弟劇団の契りを結ぶことになった。

ギラギラ”してるもん同士、これからも“ギラギラ”していこう。

 

image

 

東京と島根、離れてはいるけど、お互いがんばろう。

演劇で世界変えてやるんだ。

ふたりならできるもんな。

 

まけねーぞ、拓馬。ありがとう、拓馬。

んじゃ、また会おう。

 

 

 

 

 

12月13日勝手に応援ハタチ族出演イベント!『出張こども劇場in Very Merry Unnan Christmas!』にご来場の皆さま、雲南ママ部の皆さま、ありがとうございました!

image

 

末原拓馬さんの『ひとりじゃできねぇもんin島根』にご来場くださった皆さま、拓馬さん、ありがとうございました!

1Q8A7361 image

あと、18日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

コメントをどうぞ