演劇とは


今年はまず正月元日の、365日公演成功の新聞記事にはじまった。

私はあまりこの企画に貢献できたようには思えないが、受付として参加したということで、この記事は嬉しいものだった。

 

3月市民劇、最後の長ゼリフに続く独唱という大役をいただきながら、その長ゼリフが覚えられない。

ぎりぎりになってやっと形にさせてもらえ、なんとか無事終わった。

 

4月1日~5月31日までいつもの入院。

 

6月から映画塾へも参加してみた。

はじめての映画の世界も新鮮なものだった。

 

そして待望のハタチ族の演劇「レ、レ、レ、狂詩曲」がおこなわれたのはもう10月中ばになってからだ。

 

やはり自分の劇団の演技というのはうれしい。

 

自分はその劇団で劇をやるつもりで入団したので、他の劇とは意味あいが違う。

 

 

広島へ行ったり、カムカムミニキーナの松村さんと島根をまわったりして、いろいろな話しが聞けたが、そのみなが考えていることは、生きるとはどういうことか。

 

どう生きれば良いのかということであった。

 

演劇で認められたいということじゃなく、人間の生き様をどう表現したら良いかということが演劇のテーマのような気がした。

 

 

あきふみ

 

撮影:水戸亜祐美

撮影:水戸亜祐美

 

 

コメントをどうぞ