古事記の新しい見方


雲南市のNPO法人おっちラボ事務局の糸原るいさんに書いていただきました!!

 


 

ずるい…ずるすぎる!

お腹を抱えて笑ったのに、観た後にものすごく勉強になっている…!!
こんなことってあるのでしょうか???

西藤将人さんの一人芝居、古事記ぼっちを観て、そう思いました。

西藤さんが、面白おかしく教えてくれたら、苦手な数学も日本史も、とっても得意になるんじゃないか?と思うくらい。

幼い頃から、神話、古事記、神話、古事記と言われて育った出雲市民のわたし。
反動からか、古事記にはあまり興味がなく、神話のことも神様のことも、よく知りませんでした。。。
お堅いんでしょう?難しいんでしょう?
神様の名前長くて覚えられないでしょう?
みたいな…(雲南で働きながら…すみません。。)

ですが、今日、私は
スサノオの破天荒さに惹かれ、人間味溢れる神様達(?)に共感し、
神話って………面白い!!と心から思っていました。
そんな神話の舞台である雲南市はやっぱり素晴らしい
そして、雲南市の素晴らしさを新しいカタチで発信しているハタチ族もやっぱり素晴らしい

また、元演劇部としての視点から思ったのは、
舞台の真ん中に置かれた黒い幕で覆われたテーブル
これがすごく効果的な舞台装置になっているなぁ、ということ。
場面転換の効果があったり、テーブルになったり、アクションステージになったり、天の岩戸になったり…
たった一台のテーブルがたくさんの役割を果たしていました。
演劇ってアイディアがたくさん詰まってるなぁ、面白い。

あぁ、今日も面白かった。大満足です。
笑える時と真剣の時の切り替わりが大好きです。
ピリッと空気が変わる瞬間が

西藤さんのスサノオのアクションシーンがとってもかっこよかったです。
アクションものも、ぜひお願いします!

1Q8A3363

(写真提供:須田さん)

 
あと、酔ったヤマタノオロチが面白かったので、ああいう感じの観たいです♡

リクエストが止まらないので、このへんでー!笑

 

 


糸原さん、ありがとうございました!

神さま達は皆とってもチャーミング♪なぜだか親近感を感じてしまいますね〜。

これからも新しいカタチで雲南の素晴らしさを発信していきます・・・!

 

 

FullSizeRender

3月27日にお越しいただいた“17名”のお客さま

ありがとうございました!!

 

 

 

あと279日!!

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

募集期間終了!!たくさんのご声援ありがとうございます!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439
※ご支援お礼の品(観劇チケット等)の配送は3月中旬以降を予定しております。お待たせしてしまい申し訳ありません。どうか、いましばらくお待ちくださいませ。

 

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

 

スタンプラリーはじめました。
『劇刊ハタチ族』を持ってお越しくださいませ☆
http://20zoku.jp/?p=506 

コメントをどうぞ