‘DIARY’ カテゴリーのアーカイブ

技術スタッフさんは魔法使い

2020年10月15日 木曜日

10/14は島根県民会館で。
『one person play』スペシャルヴァージョンをお届けしました。

前日に大ホールをぐるりと眺めて、空間を感じてから演出を決めていく。そこに舞台スタッフさんが確かな技術と安全性で担保する。
「あーでもない、こーでもない」この時間がとてつもなく楽しかった。

 

B544AAEC-CAEF-408A-B75E-1453025088E3

 

工場のシーンではバトンから無数のマスクが降りてくる。この演出はずっとやりたかったやつ。
マスクの向きまでこだわって吊るす作業は意外と手間がかかるんだけど、スタッフさんが楽しくやってくれて嬉しかった。
僕はブリッジにのぼって点検作業。「安全帯装着OK」ってな感じで指差確認を忘れずに。

 

0E91D81E-D643-440A-A767-029D6066068E 35FF313D-02F7-4466-803E-ED77A8A93A73 70E6BA44-D2B7-4139-BB45-B5D60113352C DA56CE5D-3748-4343-95BB-49AF9153329E 744D399E-1CCB-4A00-9BF8-70B8B6B1CCA0 1CD053CB-2367-4B59-807C-43ADF51744F9 8B66788A-1123-4BCD-8B39-9611A1C71299 CDAAD3FA-1D2E-4AF9-89C3-865F7C735673 5C964F45-DBB3-4375-9B06-82DC5890CF6C 5A97E4C2-B9D3-40E3-8918-C919985C6B75 A85AF947-9689-4646-9782-53FE4ED19BEA

 

拘置所のときはセリをつかって舞台を下げちゃいました。なので気づいたら奈落に落ちているわけです。
舞台スタッフさん曰く、「こんなの日本初の試みでしょうね」って言ってましたぜ。
降りていくときのドキドキとワクワク、金網越しでのお客さんとの対面は忘れられない。

 

92B5336A-A5C5-4494-A46F-8982F96AC45B A755D7F8-BDD6-4479-9F60-9FEFCF8CB9CB 97D620E1-B618-42BC-B07A-0B910E44B7FE 8F0846A3-8356-44B5-A308-990B268C1369 B84A2BFE-2FD1-495D-AF28-F753129F7D5E 7739253C-81F5-4F96-9375-77C78252F75A 8BF141AF-92BE-40E0-8F42-BE124D0D4A54 1D3D88B9-39D8-4B22-9CA4-7D1C79EDA985 A0B6A8D5-9763-4304-9BD2-82D5F0568C53 9CCC71E3-A95A-46A0-8137-4981B7C4FC48 A52AFE99-71A6-4035-A63F-66299666C7FF

 

大切なことをひとつ。
写真撮影をしてくださったのは齋藤学さん。いつも優しく僕を助けてくれる。
刹那の演劇を最高のビジュアルで残せるこの人もアーティスト。素晴らしいよ。
ありがとうございます。

 

209D7727-6968-4229-B979-44AF15EF7B2C C452DE19-9251-4CAC-87A7-BDE151715763 776F8AB3-AE1E-434C-BF75-19D974F48E70 2EC4F8A2-4BD3-4A38-86F5-28E2840F52B3 12DADD11-008B-449F-A14D-0D10121A0888

 

甘えん坊の僕の願いをすべて叶えてくれた島根県民会館のスタッフさんは魔法使いのようで……。
リハも本番もずっと楽しくて、ハートはお腹いっぱい感謝いっぱい。
ご馳走さま&ありがとうございました。

 

C183F404-CA3D-4DC8-B48B-3E1BF8F6CF55 D54B017F-9BC8-43B1-A7DD-117C6CEBE0F1 D72CED0A-620F-4BEA-BA80-297D401063F7 9169114D-DDE4-45B4-8625-4C1497512639 5CCCB3C9-2434-4894-B1EF-B756C3C36CEE 6EC58FCA-A9D4-48BE-8789-5A86AF7DDB4C A27CCF79-1B1D-434E-97E1-69BEEA15BA24

 

ツアーはまだ続きます。次回は10/16江津アサリハウスへ。

 

西藤将人

 

今年も大好きスサノオホール

2020年10月12日 月曜日

10/11の『one person play』は出雲市佐田町のスサノオホールさんで。
ホールスタッフさんのお力添えのもと、舞台上をアクティングエリアに。

 

1AC06D63-6F28-4566-BB85-12C6980C7348 3EA4ACF2-5AE5-495A-8EED-35495F1B8C6A 92430561-5C37-4AEA-928A-D02EF5095A67 5EDD824F-E188-4EED-B257-1592B7060176

 

背景は普段の客席に。緞帳には影。僕とお客さんのイメージが膨らんでいくのが楽しかった。

 

74653B93-54D6-41D6-A26F-F97FFCAD0F5D B7CDCFB6-1BAE-4396-B020-2C111EBD0500 DCDDB3E2-F3C0-4665-BA3A-FB600D84CDFA

 

まだまだ足りない。もっともっといい俳優になりたい。
だけどまぁ、いまの僕はこんなもんだ。一歩ずつ。前進前進。

 

C9FFD3CA-62AE-48C0-A587-00DA9B4FE72B C6B4679A-6FE0-4DDF-AA1C-4F1F506F53D9 FD2E62FF-4485-44AA-A13A-35C6DF2DBC38 B25D7F4A-E5EE-48A3-89FB-BE5919311569

 

ちなみにスサノオホール公演のかっちょいい写真を撮ってくれたのは昨年に引き続き「記録屋・村岡大吾郎」さんです。
とっても静かで誠実な方。あざす。またご一緒したい。

 

D86754F6-8E80-4FF2-8AAA-82401389C98E 12800D62-E88E-46BE-B743-53BF11DF000C 7A463152-ACC1-4CBF-BC92-1A6AAB0DCCE6 67AA9C0E-1A36-4C81-A9F5-910F3CFEAD39

 

昨年も感じたけど、スサノオホールのスタッフさんはめちゃくちゃいい人達ばかり。明るくて優しいし。僕のやりたい演劇を等身大で叶えさせてくれる。

お客さんもじっくり作品と向き合ってくださいました。あたたかい拍手にもパワーいただきました。

みなさん、本当にありがとうございます。

 

76AF7EFA-E39C-42BC-B5AF-36E0945924FF FBE93791-4A3F-4275-A4A9-73147EC80732 A0417D1F-610E-44FE-968B-B6265EF6E56A

 

さてさて、次は10/14。松江は島根県民会館にて、19:30開演です。
大ホールの舞台袖をつかって、県民会館オリジナルヴァージョンでお届けします。

西藤、ぐいぐい気張ってまいります。
ご期待くださいな。

 

CD5D403A-E6A7-4ACD-B0DC-0491F33A88F2 7D0CB08D-0EAF-4887-8089-D1FA98E78D6C 66278C14-B6C5-4665-B217-E8B00AF18371 0F31549C-4C94-4B35-9413-733042AB3406

 

西藤将人

 

上質に包まれて、大田市「n邸」へ

2020年10月11日 日曜日

10/10は大田市へ。築100年をこえる古民家で『one person play』をお届け。

上質な木の上に職人がてがけた漆がたっぷりと塗られた空間。声の響きが最高。ずっとそこに居られる。優しく包まれてる感じ。

お客さんからもそれを感じた。感謝。
優しさと触れてるといつか自分も優しくなれるのかなぁ。

 

B472938C-5DFE-4684-89A1-F11AFB26C135

 

招いてくれた笠木さんご一家。
普段は遊ぶことに真剣なこども達も僕の芝居に集中してくれた。嬉しいよ。ありがとう。

 

5788B6E2-74F5-4E2B-964D-3E08C2FB169A

 

ご夫妻は優しく聡明。僕を自由にさせてくれる人。出会えて良かった。
ありがとうございます。これからもよろしく。

最後にお知らせをひとつ。
笠木真衣さんがなんと僕に戯曲を提供してくれたのです。その名も「緒」。イトグチって読みます。

 

505246E4-7265-4B48-BD78-F09613EB1D9E

 

上演日は11/7。完全新作。
この物語、今年最大の挑戦になるかも。

 

西藤将人

 

いつも美味しい優しい「ツドリバ-RO-」

2020年10月10日 土曜日

10/9、ツアー2箇所目は出雲市の「ツドリバ-RO-」にて。
今年からお世話になってるこちら。偶数月の第二金曜日に公演してる。もう我が家のように居心地がいい。

 

B424A131-54B6-4C9A-82C1-3F9224F11B9E

 

オーナーの熱田さん、いつもあたたかく迎えてくれてありがと。
照明手伝ってくれたマサくんは頼もしかった。ありがとう。

 

46E6B68C-DAD5-4007-AD45-F5C9FBEE1088 C035C8F6-AA5B-4C4C-A5F4-A6A106BFC7E6

 

『one person play』は一歩先が崖だったり、突然猛獣が現れたりするかもしれない森にいるような感覚でアクトする。
昨夜はちょっと臆病になっちゃったかもな。悪くはないんだけど。慎重に丁寧にはなってた。でも勇気がたりなかったかも。

うん。演劇には勇気。大切。

 

E72162DF-04B3-48FB-9A67-6F34A4565110 9AABA81B-F07E-45F3-B82B-4676576DEF7A ABF8202F-7FEF-457C-A071-BE8B12AB2F74 6CE0AF93-78ED-4DE4-A1CC-6AE46C282312

 

熱田さんのごはんはホントに美味しいよ。優しいから強くなれる。
みんなで食べるからさらに美味しいし。あと、賢くなれる。知恵をもらえる。いいことしかないぜ。大好き。

 

8DF5F8A8-1A23-4C1B-9574-7C630C6A9438 ECFE016E-BFFF-4C20-94D0-92BDAF1BC2A0 19BB6DD9-D66C-4BB8-B3B9-7291E25C47AF FE925B7C-D60C-47F5-AA39-A04FF26E9505 9D5E5745-FB14-400E-AB15-5233EFA24F04

 

「ツドリバ-RO-」での次回公演は12/11っす。ご期待ください。

 

CBD200B5-913B-435B-B68D-A860B94196CA

西藤将人

 

島根ワンマンツアーは川本からスタート!

2020年10月4日 日曜日

昨夜ついに幕が開いた島根ワンマンツアー。

初日は川本町の「カフェIrohaco」さん。店内を劇空間に仕上げる時間が楽しかったなぁ。お客さんも喜んでくれて幸先良いスタートがきれました。

 

FACECC72-9A63-4E74-ACF3-75AD6D1DD934

 

オーナーの曽我さん、いつもありがとうございます。タマゴサンドにコーヒー、マジで美味しいです……。

 

6DE3DCC8-9B84-4329-A135-C4E14291E60D

 

ツアーはまだ始まったばかり!どんどんいい作品にしていきます!
お問い合わせは劇団ハタチ族までどーぞ!!

 

西藤将人

 

366日公演中断。西藤からみなさまへ。

2020年7月10日 金曜日

366日公演を中断して10日目です。
前向きな決断でしたけど、それなりに疲れていたようです。やっとこうしてご報告できます。遅くなっちゃってすみません。

劇団ハタチ族はこれから少し休憩します。でも演劇は続きます。これが希望です。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

僕個人はというと、今後も芝居は続けていきます。ご依頼があれば公演もうちますし、テレフォンシアターも継続します。

各地でワークショップしながらゼロから演劇を立ち上げていこうと考えています。これはじっくりと丁寧に。

世界で唯一の劇場づくりも諦めていません。

元日からの日々、本当にいろいろなことがありました。
たくさんの方に出会い、笑って、励まされ、驚かされ、叱咤され、ときには罵られ、別れもあって、でもやっぱりたくさん勇気ももらって……。

幸せな半年間でした。

支えてくれた劇団員にも感謝です。みんなありがとう。

演劇の可能性は無限にあります。宇宙みたく広がっていきます。そこをずっと掘り続けていきます。
宇宙なのに掘るなんてバカみたいですけど、そんな感じなんです……。

いまのとこカラッポな僕ですが、劇団と演劇を支えにコツコツやっていきます。

みなさま、本当にありがとうございました。
またお会いしましょう。

 

西藤将人

 

99EE79F5-443D-420D-87D1-AA36F0FA7616 A2AF1C77-0B22-4259-BB3E-35E8C33297C7 E358F18A-AD6C-4786-83E2-786632678D83

 

『テレフォンシアター』への西藤の想い

2020年4月18日 土曜日

‪僕の演劇で譲れない部分が〝対話〟なんだって気づいたときに生まれたのが、現在好評いただいてる『テレフォンシアター』です。‬

‪みなさん、僕とお電話しませんか?‬

‪もちろん三密の状態でなきゃ感じられないものが演劇の最大の魅力だと思ってます。けど、そこに頼ってしがみついて守られてる僕もいるかもしれないなって気づいたんです。‬

‪俳優の目の前に観客がいなくても、対話が担保されたうえで物語を届けることができれば、僕の演劇は成立するんじゃないかって試行錯誤しています。‬

‪お電話しながら「あぁ、人間は話したい生き物なんだなぁ」と感じます。‬
‪それは僕も同じで、僕が舞台に立って最初にやることは「西藤将人は元気でやってます!」ってお知らせすることなんだと思いました。‬

‪「お客さんはどうですか?」「まぁまぁだよ」なんて対話をしながら生きている。もしかしたら蜜蜂や蝶々と草花の関係に似ているのかもしれない。‬

‪演劇っていう太陽に憧れるのはもうやめます。‬
‪日差し目一杯浴びたら大地を踏んで水浴びて、花と一緒に生きていきます。‬

 

西藤将人

 

****************

『劇団ハタチ族 西藤将人の、テレフォンシアター』

 

D95AC10D-EF36-48C0-872A-42CD9F74F75E

 

もしもし。

はじめまして。劇団ハタチ族の西藤将人です。

島根で「366日毎日公演」を継続中です。

俳優がいて、目の前にお客さんがいるという当たり前の演劇が大好きです。

だけど、いま、どうしたら演劇が届けられるだろう。

どうしたら安心して物語を楽しんでもらえるんだろう。

考えました。

考えて、僕にとって演劇をするうえで譲れないものはお客さんとの「対話」なんだなと気づきました。

お客さんとの「対話」ができて、俳優として物語が届けられるのであれば、電話でも演劇は出来んじゃないだろうか。

ああ、それなら、島根で演劇をしながら、全国どこの人達にも物語が届けられるなあ。

よし、やってみましょう。

劇作家・樋口ミユの作品を中心に電話で物語をお届けします。

もしかしたら、あなたが読んで欲しい、誰かからのお手紙や、詩でもいいのかもしれません。

可能性は無限大。

お代は投げ銭制。

つけ払いでも構いません。

詳しくはお問い合わせください。

では。

mail:20zoku.post@gmail.com (劇団ハタチ族)

「あのときの王子くん」公演について、大原から。3/3追記。

2020年2月26日 水曜日

2020年3月14日~3月17日に開催予定のchopitto LAB case:4「あのときの王子くん」公演について。

chopitto LAB公演を楽しみにしていただいている皆さまへ。

今回の公演について、いくつかお願いとお知らせがございます。

 

〈新型コロナウイルス感染対策について〉
◆会場に除菌スプレー、消毒液の設置いたしますのでご利用ください。
◆安心してご観劇いただけるように、会場の清掃・除菌を可能なかぎり行います。
◆スタッフはマスク着用で対応させていただきますのでご了承ください。

〈お客様へのお願い〉
◆マスク着用でのご来場と、マスクを着用してのご観劇をご協力ください。
◆体調が優れない場合はお出かけいただかず、YouTubeでの公開をお待ち頂き、お家でのご鑑賞をお願い致します。

〈「あのときの王子くん」YouTube限定公開について〉
https://chopitto.base.shopでYouTube限定公開を購入された方・チケット購入後ご来場いただけなかった方を対象として公演日程終了後に公開予定です。ぜひ、お家でお楽しみください!
公開:3/18〜3/31予定。

通常の上演が出来なくなった場合も無観客で上演し、YouTube公開のための撮影は行います。

 

以上。お知らせとお願いでした。

 

いま創れる作品を、いつも通り精いっぱいお届けします。

遠くからでも構いません、見届けてください。

 

どうか皆さま、手洗い・うがい・ご自愛いただき、元気に会場でお会いできるのを楽しみにしております!

 

 
chopitto LAB 大原志保子

 

DB91A9F7-7BDE-4955-8015-D3DEAB242A84 07FC2F7C-E737-46FF-9122-16256769E209

井上元晴!366日毎日公演中だけど、ゲスト出演します!!

2020年2月14日 金曜日

Yプロジェクトさんにゲスト出演が決まりましたー!

劇団ハタチ族元気担当元晴です!

 

この度劇団Yプロジェクトさんから出演を依頼されました‼️

とうとうこの時が…僕を…ようやく使っていただける劇団さんが…ぅぅ(涙
稽古場は和気あいあいとしていて楽しく参加させていただいております♪

F299D11B-D4C5-4297-B7F8-A5A62ACECBC87801E396-E291-4930-8C78-3E0ED795DCCE

 

実はYプロさんには一度舞台に出させてもらたことがありまして、2010年だからちょうど10年前ですか…懐かしい。
というよりは大分歳食ったな自分(笑)

歳は食ってもパワーは落とさず!頑張りますぞー‼️

D5B38077-36C7-49C0-A13C-6D9AD0A35FE0

↑面谷副代表、井上を餌付けするの図。

 

 

 

詳細はこちら↓

Yプロジェクト『バンク・バン・レッスン』

とある銀行で行われる防犯訓練を舞台に繰り広げられる、笑いと感動のスペクタクル。
あなたはもう、笑わずにはいられない。

〇日時:2020年3月8日(日) 14:00開演 (13:30開場)

〇場所:スサノオホール 大ホール

〇料金:前売り 一般1,000円、高校生以下500円
当日  一般1,200円、高校生以下700円
※全席自由
※未就学児でもお席を使われる場合は、「高校生以下」券をご購入下さい。座席を使用せず、抱っこでのご鑑賞の場合、お子さんは無料です。

〇プレイガイド(1/26より発売):
①島根県民会館チケットコーナー TEL:0852-22-5556(受付 9:00~18:00)
②出雲市民会館 TEL:0853-24-1212(受付 9:00~17:00)
③NPO法人スサノオの風(スサノオホール) TEL:0853-84-0833(受付 9:00~17:00)

〇主催:NPO法人スサノオの風、出雲市

〇後援:出雲市教育委員会、島根演劇ネット

〇お問合せ:NPO法人スサノオの風(0853)84-0833

脚本:高橋いさを
演出:坂井陽介
出演:坂井陽介、中山知子、面谷絵美、多田かおる、YU-SI、高橋裕也、井上元晴、真咲郁

 

366日毎日公演中の劇団ハタチ族は、こんな応援の仕方もしております(県内劇団さんの応援)!

一緒にしたい!させたい!という方はぜひ一度お声がけくださいませ✨

 

 

劇場は聴いている。

2020年2月3日 月曜日

2月1日は八日市オペラシアター開幕。
法輪寺の御子息、高橋泰臣さんと森屋結さんの夫婦オペラで会場は拍手の嵐。ピアニストの菅原先生ももちろん、しっかりとした技術にお人柄がのっかった素晴らしい舞台だった。
このお3人が繋がったことはとても価値のあることだと思う。次回にも期待。

ハタチ族からは大原が「長靴を履いたネコ」を。戯曲読書会からの流れでうまれたバックコーラスと。これがね、おもしろかった。
多賀さんの指揮のもと突然劇中にはいってくる音楽と歌声。笑うわ、コレ。復活したあきふみさんの存在感はさすが。横田高校生もサトウさんもいい味だしてた。あざす。

僕も一応仕事してました。頼りになる多賀さんと一緒に全体の司会をね。
最後に「ふるさと」を合唱したのだけど、歌詞がでてこない……。うーむ、ちゃんと勉強せねば。

終演後は世界で唯一の劇場づくりの拠点である法輪寺にゴー。
高橋さんの歌声が響きわたる。建物だってオペラは聴いてる。こうして徐々に生まれ変わっていくんだ。

最後はみんなで写真撮影。たくさんのお客さんの笑顔。イェイ♪
2月も最高なスタートをきったけど、まだまだこれから。今日も丁寧に演劇やっていきます。

 

西藤将人

 

0CD2F76E-4AFF-4639-BF1B-8CF32965C253 14EAAE56-DC44-4B5F-B536-FCB7D2EACBBB D48D81F6-A64B-49BE-915B-FB2C04774994 787A4FC5-BFC4-4219-B47D-A18093DE749F 474A82C4-87F4-468A-B5D2-E09DC5250891 BFD4DC8A-F12B-45B0-8E4C-CFB7EB2C3082 B176D6F6-F266-4F03-B571-53A35A70AD04 BA8B71D7-676A-49B0-9120-827B44109D61 75C83C20-9737-428C-9E1A-3781B1D7C56B AACA744C-5904-4E81-A127-6519428C9265 EE4D3EA7-8EF0-4E84-8F23-A1B3B45B0E51