‘西藤 将人’ カテゴリーのアーカイブ

『テレフォンシアター』への西藤の想い

2020年4月18日 土曜日

‪僕の演劇で譲れない部分が〝対話〟なんだって気づいたときに生まれたのが、現在好評いただいてる『テレフォンシアター』です。‬

‪みなさん、僕とお電話しませんか?‬

‪もちろん三密の状態でなきゃ感じられないものが演劇の最大の魅力だと思ってます。けど、そこに頼ってしがみついて守られてる僕もいるかもしれないなって気づいたんです。‬

‪俳優の目の前に観客がいなくても、対話が担保されたうえで物語を届けることができれば、僕の演劇は成立するんじゃないかって試行錯誤しています。‬

‪お電話しながら「あぁ、人間は話したい生き物なんだなぁ」と感じます。‬
‪それは僕も同じで、僕が舞台に立って最初にやることは「西藤将人は元気でやってます!」ってお知らせすることなんだと思いました。‬

‪「お客さんはどうですか?」「まぁまぁだよ」なんて対話をしながら生きている。もしかしたら蜜蜂や蝶々と草花の関係に似ているのかもしれない。‬

‪演劇っていう太陽に憧れるのはもうやめます。‬
‪日差し目一杯浴びたら大地を踏んで水浴びて、花と一緒に生きていきます。‬

 

西藤将人

 

****************

『劇団ハタチ族 西藤将人の、テレフォンシアター』

 

D95AC10D-EF36-48C0-872A-42CD9F74F75E

 

もしもし。

はじめまして。劇団ハタチ族の西藤将人です。

島根で「366日毎日公演」を継続中です。

俳優がいて、目の前にお客さんがいるという当たり前の演劇が大好きです。

だけど、いま、どうしたら演劇が届けられるだろう。

どうしたら安心して物語を楽しんでもらえるんだろう。

考えました。

考えて、僕にとって演劇をするうえで譲れないものはお客さんとの「対話」なんだなと気づきました。

お客さんとの「対話」ができて、俳優として物語が届けられるのであれば、電話でも演劇は出来んじゃないだろうか。

ああ、それなら、島根で演劇をしながら、全国どこの人達にも物語が届けられるなあ。

よし、やってみましょう。

劇作家・樋口ミユの作品を中心に電話で物語をお届けします。

もしかしたら、あなたが読んで欲しい、誰かからのお手紙や、詩でもいいのかもしれません。

可能性は無限大。

お代は投げ銭制。

つけ払いでも構いません。

詳しくはお問い合わせください。

では。

mail:20zoku.post@gmail.com (劇団ハタチ族)

西藤将人の、テレフォンシアター

2020年4月15日 水曜日

劇団ハタチ族 西藤将人の、テレフォンシアター

 

D95AC10D-EF36-48C0-872A-42CD9F74F75E

 

もしもし。

はじめまして。劇団ハタチ族の西藤将人です。

島根で「366日毎日公演」を継続中です。

俳優がいて、目の前にお客さんがいるという当たり前の演劇が大好きです。

だけど、いま、どうしたら演劇が届けられるだろう。

どうしたら安心して物語を楽しんでもらえるんだろう。

考えました。

考えて、僕にとって演劇をするうえで譲れないものはお客さんとの「対話」なんだなと気づきました。

お客さんとの「対話」ができて、俳優として物語が届けられるのであれば、電話でも演劇は出来んじゃないだろうか。

ああ、それなら、島根で演劇をしながら、全国どこの人達にも物語が届けられるなあ。

よし、やってみましょう。
劇作家・樋口ミユの作品を中心に電話で物語をお届けします。

もしかしたら、あなたが読んで欲しい、誰かからのお手紙や、詩でもいいのかもしれません。

可能性は無限大。

お代は投げ銭制。

つけ払いでも構いません。

詳しくはお問い合わせください。
では。

 

mail:20zoku.post@gmail.com (劇団ハタチ族)

 

 

劇場は聴いている。

2020年2月3日 月曜日

2月1日は八日市オペラシアター開幕。
法輪寺の御子息、高橋泰臣さんと森屋結さんの夫婦オペラで会場は拍手の嵐。ピアニストの菅原先生ももちろん、しっかりとした技術にお人柄がのっかった素晴らしい舞台だった。
このお3人が繋がったことはとても価値のあることだと思う。次回にも期待。

ハタチ族からは大原が「長靴を履いたネコ」を。戯曲読書会からの流れでうまれたバックコーラスと。これがね、おもしろかった。
多賀さんの指揮のもと突然劇中にはいってくる音楽と歌声。笑うわ、コレ。復活したあきふみさんの存在感はさすが。横田高校生もサトウさんもいい味だしてた。あざす。

僕も一応仕事してました。頼りになる多賀さんと一緒に全体の司会をね。
最後に「ふるさと」を合唱したのだけど、歌詞がでてこない……。うーむ、ちゃんと勉強せねば。

終演後は世界で唯一の劇場づくりの拠点である法輪寺にゴー。
高橋さんの歌声が響きわたる。建物だってオペラは聴いてる。こうして徐々に生まれ変わっていくんだ。

最後はみんなで写真撮影。たくさんのお客さんの笑顔。イェイ♪
2月も最高なスタートをきったけど、まだまだこれから。今日も丁寧に演劇やっていきます。

 

西藤将人

 

0CD2F76E-4AFF-4639-BF1B-8CF32965C253 14EAAE56-DC44-4B5F-B536-FCB7D2EACBBB D48D81F6-A64B-49BE-915B-FB2C04774994 787A4FC5-BFC4-4219-B47D-A18093DE749F 474A82C4-87F4-468A-B5D2-E09DC5250891 BFD4DC8A-F12B-45B0-8E4C-CFB7EB2C3082 B176D6F6-F266-4F03-B571-53A35A70AD04 BA8B71D7-676A-49B0-9120-827B44109D61 75C83C20-9737-428C-9E1A-3781B1D7C56B AACA744C-5904-4E81-A127-6519428C9265 EE4D3EA7-8EF0-4E84-8F23-A1B3B45B0E51

1月8日、お宅に訪問。

2020年1月9日 木曜日

1月8日はしっかり記録にも記憶にも残しておきたい。

お家に訪問して加納さんご夫妻のために演劇。今まで味わったことない緊張感で、いつもと同じように身体と気持ちをもってくのが大変で……。
10万年トランクから物語を3本とりだして頭を下げたとき、なんだか自分のなかで込み上げるものがあった。

終演後は夜ご飯までご馳走になりました。
ご自宅でとれたお野菜は新鮮で、お腹にいれた瞬間に栄養が行き渡っていく感じがする。もう、美味しいしかでてこないもの……。
お二人との会話がはずんで「ご馳走さまでした」をなかなか言えなかった。

「贅沢な時間でした」ってお二人から伝えられたけど、僕のほうこそ贅沢で貴重で充実した時間をいただきましたよ……。ありがとうございます。
こういう演劇、もっとやりたい。やっていこう。

加納さんの目がとっても深くお若いのが印象的で、なんだか湖みたいだなぁって。お二人に出会えてよかった。

 

西藤将人

 

1E9F7AB1-939B-49D0-A80A-49486430A473 583287A9-40C9-40B6-BAFD-3FC84D0AC38D 169F749D-18F1-437A-AD28-48855B59FACE A5509410-6243-4ED3-BCD1-A391D35FD605 159D3B41-D564-4BD4-BBD7-7457277ED382 A6CE73FA-DA6D-4CB6-A543-B220AFE24C4D 57C54B2C-C2D2-4244-B9BE-8D83EC9591E4 9CF17A7F-009E-4FA2-8DDA-8C8CDEFC41F8 4597B04E-EA0C-437D-9231-E4D94112D78C

『西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!』詳細は随時更新

2019年12月10日 火曜日

『西藤将人の、マンデーワンマンSHOW!!』

 

ワンマンショー2018

西藤将人です。演劇やってます。

普段は台本ってもんがあって、台詞もあって。

それなりにオモロイものを提供しなきゃと舞台に立ってるわけです。

でもたまには肩の力抜いて、好き勝手しゃべりたい。

仰々しく宣伝することもせず、秘密クラブのような雰囲気を大切に。

お客さんを楽しませることはしません。感動なんてさせません。

独断と偏見で満ちた悪態を、心地よく聞いてください。

それが僕の〝マンデーワンマンSHOW!!〟です。

次回日程

未定

※上演時間は60分~90分です。

会場

未定

 

参加料金

投げ銭制

お問い合わせ

20zoku.post@gmail.com

 

 

広島の仲間と演劇聖火リレー

2019年11月24日 日曜日

11月23日は広島で演劇聖火リレー。いつものメンバーで集まる年に一度のお楽しみデー。

 

AA10C6EE-3470-4F8A-9A4E-7A427DDBE04C
会場の茶里に誰よりも早く到着してた武田さんのワクワクなお顔を見て「あー、今日も絶対いい日になるなぁ」と確信。
仕込みの時間も合間の休憩も、ずっとずーっと楽しかった。差し入れのベーグルも美味し。

 

0B340F58-C22C-4129-ABE1-935D2E110F6D 4D4EA327-C333-4E0B-9DF1-1328BCDC5112 DFE73393-0EFA-4715-811C-75FCCF62729E

 

藤井友紀さんの新作〝逃した魚〟。一人の男の手紙からなるリーディング用の戯曲。傑作。おもしろかった。
客席に手紙風の戯曲を手づくり。お客さんはそれを見ながらでもいいし、俳優の姿を味わってもいい。もちろん帰宅後も楽しんでもらえるように。
山田さんとの静かなヒリヒリも堪能。満足です。

 

329945EF-50CC-4655-B6D6-3AD6153EBAAE 4C96E3A3-3514-41E8-B23F-F846D47272FE 669AC14E-A401-4F23-B81F-4809AC08FAD5 EC24CC26-1FEB-43AA-913D-EC2208533CFE

 

山田健太さんは新作一人芝居〝うぃんばっく〟を上演。僕の無茶な要求にもしっかりと応えてくれた。彼の真摯な取り組みに拍手と感謝を。
全国のみなさん、広島にはいい俳優がいますよ。所属しているINAGO-DXさんもご贔屓に。ちなみに僕は〝十〟という作品に客演させていただいてます。DVD絶賛発売中。

 

F492DE47-F871-4AE3-8A78-6DEDA7FEE0FA 047BBF46-E58A-4BE2-AED7-A17A68BB71DA 088AE99A-40BD-4EF4-8A16-1E845FDA8337 411C21AE-A8EA-4530-B7D1-31F90985DEE2

 

僕はというと〝10万年トランク〟から広島では初上演の物語を2本とりだしました。
「絶対に目を開けないで!」って言ってるのにそれを守らないお客さんにはちょっとしたマル秘サービス。そして終演後なかなか帰らないお客さんにはボーナスステージでチンピラの物語を。
もうおなかいっぱいでしょ……。

 

8CCD8D56-E8F8-4933-A3C5-94DAC2ECC18B 018E9134-9533-4F7C-BF0E-1F420C133194

 

終演後はいつも素敵な会場を提供してくれる〝茶里〟のオーナーあきさんをハッピーバースデー。こちらも毎年のお楽しみ。バスク風チーズケーキでお祝いを。お店も10周年ってことでダブルでめでたい。
西藤は島根の銘酒〝玉鋼〟を持っていきました。みなさん大満足の様子。いやぁ、マジで美味いわ……。

 

755F422A-9B13-4DB3-8A5D-9B86F5BF46A3 63095852-C129-4625-825F-2B59D18B2470 5DD7A329-1C77-4475-8ABC-5640BC0D4713 4C557AF8-F3F4-4A2C-BE54-788997AAAA23

 

しかしまぁ、こんなにみんながハッピーな公演もなかなかない。たくさんのお客様、そして広島の仲間たちに心から感謝でいっぱい。ありがとうございました。次はもっと成長した西藤将人でお邪魔します。

 

FFAA9A45-D277-4542-AE42-0A4540302CCC 65AE8EBA-0BE3-4A14-B47D-E915C8327ADC A647450C-08A1-48BB-8C0C-4D7D6815E5DE D0E03AFD-5A40-4AFF-A044-2C5EE9D27CBA

 

広島のみなさん、来年劇団ハタチ族は366日公演やってるからね。是非おいでませ。

 

西藤将人

 

 

 

2019年名古屋滞在記

2019年11月18日 月曜日

刈馬演劇設計社PLAN-14『異邦人の庭』を終えて島根に帰ってきました。

 

00B6AF7A-167D-420F-83BA-629F695D6B89

いろんな意味でギリギリで、お互い支え合って踏ん張って諦めなかったこと。そんな当たり前が懐かしく感じた現場でした。
平塚さんや鹿目さんといった大好きな人と再会できなかったのがちと心残りではあるけれど、まぁ次の機会に。

 

CB952D12-E21C-4BFC-B0D0-272EFF86BE67 FE99ED85-D6BE-4507-BC2B-150D7CA9D672

 

2週間の短い名古屋滞在だったけど、しっかり街並みを堪能できました。それはこの自転車のおかげ。
宿泊先の〝マッハ西村号〟っす。
いい自転車は軽くて速いね。どこまでも行ける気がした。
西村達也さんには本当にお世話になりました。こんな人がいてくれるから僕のような俳優は生きていける。感謝。

 

D98FAAC0-745F-4FD1-B59A-86E98E6736B8

 

共演者の岡本理沙さん、できる制作の岡彩織さん、作演の刈馬カオスさん。この愉快な座組みの一員になれたことが光栄です。本当にありがとうございました。
名古屋のお客様にも心から感謝。またお会いしましょう。

 

A9D3DDF2-F2DC-4A40-A781-CA1763B4AA16

 

あー、最後にひとつだけ。
刈馬さん、次回はひつまぶしご馳走してください。

 

西藤将人

 

2FE26B86-4BBD-4F69-AC0F-3B7A8ABF578C 6BA7BEEA-E8EE-472A-9D4D-CCD3A1713BC2 264B6068-BDDB-45B2-B40E-C942E49CB688 BAA57627-2BFC-47C2-822C-D4B92321B8EA 4D2BCEAC-5E63-46EE-B5DC-2A1C32A7D926 F14091E1-91A1-4AE2-8288-8A4C86A57FB5 A7E6152A-34A7-4000-87C6-0C3D8E119553 EB7145AC-428F-4E08-950E-1165E5DC7FBE 8AFE8166-A78A-4DA4-A2CC-CAAA6D239C20 4CF07C85-9AB5-45CD-AA38-F4D395014164

島根ツアーラストの地、安来公演

2019年10月20日 日曜日

10月19日、安来公演が終わるとともに〝島根全19市町村ワンマンツアー〟達成しました!やった!シンプルに嬉しい!ありがとうございます!!

 

B24DBCCD-D06D-4B5A-9DF3-0ABB19D82B7D BB47E9D0-6CCC-43BF-8117-2BD833E0EE75

 

安来公演ではオープニングアクトで「すずめの学校」のみなさんに安来節を披露していただきました。感謝。子ども達には僕の芝居、どう映ったんだろうな。

 

67FA1B37-AB8D-4A96-8589-6D2DD8D29B1B 79019EC1-C7B4-4283-9261-850EAB2D29EC

 

ツアーを何度も観に来てくれてるお客さんに「今日の10万年トランクはツアーの集大成として素晴らしかった」って言われた。
全国ツアーから続くナニカがコツコツ積み上がってきてるのかもね。みなさんの表情からもそれが伝わってきました。

 

2158EDE6-6671-43FD-949D-2330765DDE80 A75BF7EA-A710-406E-A258-6413130D3F1F

 

この物語と出会わせてくれた樋口ミユさんに心から感謝です。

 

6EB82DD5-AF0E-471A-BCF5-A9BEF2974626

 

終演後の交流会は安来の名店「志ばらく」のお蕎麦と地酒「月山」を堪能。美味し。
お口の中が幸せなもんだから会話も広がる繋がる。このメニューを提案してくれたのは安来公演をアテンドしてくれた足立咲樹さん。ナイスセンス。

 

77BE7BED-B795-40A7-A65F-D5A4AF076760 F0DB820C-6D1C-4691-BBD6-8CFD59FFD56A 3723C9BD-EB11-4751-AE4F-294D59F6E1F4

 

あと今回の安来公演で絶対に忘れちゃならないこと。
足立さんは公演の進行役も買って出てくれたんです。ご本人にとって決して得意ではない仕事。これが僕に勇気をくれた。
本番が始まるまでアテンドの角原宙さんと一緒に僕を支えてくれて、僕の芝居も全力で受け止めてくれた。きっとしんどいことも多かったはず。もう感謝しかない。

 

B4E00175-644E-47B7-83D6-C114133BC758

 

会場を提供してくださった「やすぎ懐古館一風亭」さんにもお世話になりました。いいトコよ。安来に来たら一度はおいで。

 

056B70D4-368A-4EA9-A6BB-D0A08F23B339

 

各地の素敵な方々を紹介してくれたスーパー県庁職員の錦織宏さん、ツアーについてきて僕を見守ってくれた多賀法華さんにも感謝。本当にありがとうございます。

 

59D0BAEF-7460-4497-B45F-66BFC328F004 5D50B253-BDAC-480A-9742-F72E75E2D156 1B5D2E3B-44C2-420D-B15B-5B2C4048CF54

 

最後は楽しくて飲み過ぎた……。島根ツアー達成、お疲れ様でした!!

 

西藤将人

 

 

西藤将人出演!! 刈馬演劇設計社 PLAN-14『異邦人の庭』

2019年10月16日 水曜日

《西藤将人出演!!》

刈馬演劇設計社 PLAN-14
名古屋市民芸術祭2019参加公演
『異邦人の庭』

 

01288999-259B-404C-B8E5-AECF3B199E9F 73D6DF5D-2993-4DC5-A69B-CFD8C67AF6E5

 

◆作・演出
刈馬カオス

◆出演
岡本理沙
西藤将人(劇団ハタチ族)

◆STORY
1人は死刑囚、1人は支援者。出会いは拘置所の面会室。
冷たいアクリル板越しに触れる手から、人の温もりは感じられなかった。
この逢瀬も長くは続かない。
自らが犯した罪によって、国家の法によって、命が奪われるのはそう遠くはないはずだ。
その日までに、2人にはそれぞれ「目的」があった。
獄中結婚を題材に、濃密な小空間とわずかな演出効果だけで見せる、魂の2人芝居。

◆日時
2019年11月15日(金)~17日(日)
15日(金) 19:30
16日(土) 11:00/15:00/18:30
17日(日) 11:00/15:00

※開演45分前より受付開始。開場は開演の30分前。

◆会場
​G/Pit
▼住所
〒460‐0008 愛知県名古屋市中区栄1丁目23-30 中京ビル1階
▼アクセス
名古屋市営地下鉄東山線「伏見駅」より徒歩5分
※劇場には駐車場がございません。公共交通機関をご利用ください。

◆チケット
一般前売:2800円
U‐25:2300円
高校生以下:1800円
◎当日券=各料金から+200円

※日時指定/自由席
※U-25は25歳以下の方が対象です
※U-25の方は年齢の確認できるものを受付にてご提示ください
※高校生以下は、確認のできる身分証明書をご提示ください
※未就学児入場不可

◎オンラインチケット予約(西藤将人取扱)
https://ticket.corich.jp/apply/103212/004/
◎メールで予約する​(劇団ハタチ族)
20zoku.post@gmail.com
①名前 ②ふりがな ③日時 ④券種と枚数 ⑤ご連絡先(メールまたは、電話番号)をお送りください。

◆スタッフ
​作・演出|刈馬カオス(刈馬演劇設計社)
イラスト|柚木昌幸(mooncalf)
宣伝美術|オレンヂスタ美術部
制作|岡彩織(刈馬演劇設計社)
主催・製作・企画|刈馬演劇設計社

◆お問い合わせ
刈馬演劇設計社(カルマエンゲキセッケイシャ)
【MAIL】karuma_engeki@yahoo.co.jp

 

 

正直悔しい、美郷公演

2019年10月15日 火曜日

10月14日は美郷公演。
前日のスサノオホールでの公演とは空間が様変わり。島根ツアーでは一番お客さんとの距離が近いステージだったかな。

 

B477A2B8-40CA-4F2F-855E-1A5D002A9ABB 4FC08868-4716-48FC-A4FF-2226C17D96EC

 

会場を提供してくれた千千香さんのオーナー〝かいさん〟こと、加藤智哉さんとの出会いは貴重。話しててずっとヒリヒリしてた。
オモロイ人はどこにでもいる。

 

434E1497-A278-420B-AC09-513587DBB9D0 5B16F3A9-F9A3-4694-BD28-57C0FFEA2992

 

終演後は残ってくれたお客さんとお喋りの時間。
僕の芝居についてあんなに深くトークする時間になるなんて予想してなかった。嬉しいし、悔しいし、やっぱり有難い……。

 

D86B0357-9F2F-48C1-A5FC-CA27E51A4201

 

美郷の千千香さんは僕にとってめちゃくちゃ大切な場所になりました。ありがとうございました。また来ます。

 

西藤将人