2015年10月 のアーカイブ

秋から冬に。

2015年10月13日 火曜日

こんにちは。

石原ちみです。

が一番好きです。

に向かって行くが。

今のうちにを満喫したいものです。

image

 

 

さてさて10月2日。

いつも通り、なにも変わらない。10月2日と思いきや。

何かが違う。

何が違うかって?

NHK広島の方が取材に来てくれていたこと?

まっつんさんが長袖を着ていて男前ぶりを発揮していたこと?

 

いえいえ。

 

開演10分前にお客さまの気配がなかったことでありました。

 

深刻に考え始めると終わらない、思考の旅へ出かけてしまう石原脳は

どこか呑気なところがありまして。というより考えないようにしようとするところがあります。

この日もさして心配はしておりませんでした。

ところがごっこい。

受付の主あきふみ氏が心配し始めました。

西藤代表も気持ち落ち着きがありません。

おやおや、こいつは非常事態??

と思い慌ててtweet。つぶやきます。

 

「あれ……?

誰もこない……?」

image

 

そうこうするうちに、お客さまのお姿が。

 

あぁ、よかった。よかった。

(内心はそんなに心配しなくても良かったじゃないか。みんな心配性なんだから!とまた呑気に考えておりました。)

ふと。携帯の画面を見ますと、Twitterから何件もの通知が。

フォロワーの皆さまが気にかけてくださったようで、Retweetしてくださる方が何人も。

わわわ!ありがたいことであります!しかし……こいつはあかんがな!!

無闇にご心配をおかけしてしまい申し訳なかったなぁと思う次第なのです。

 

になり。に向かって行く。

大晦日の気配を感じる今日この頃。

以前にも増して、一緒に心配したり喜んだり……私たちと一緒に大晦日までついてくよ!と言ってくださる方の存在をすぐソバに感じます。

ただ、ただ、舞台を演劇を楽しんで頂きたいのなら。

心配なんておかけしてはいけないですよね。

 

なんて考え始めると、すぐに思考の旅にでかけてしまうので引き返します。

出て良い旅は、楽しい旅がイチバンであります。

 

 

 

 

10月2にお越しいただいた7名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、90日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

平日15時公演

2015年10月9日 金曜日

9月も終わりの30日、夜。 我が家の夕ご飯の話題はハタチ族明日のお客さんの心配でした。

10月1日公演は平日3時から。

いつも会場で会う常連のお客さんたちも、さすがに仕事だよねぇ。 西藤さんも言ってたけど、本当にお客さん0になっちゃうかも? こんなとこで終わるの寂しいね… でもうちらも仕事だしね。

なんて話していました。

そして翌日10月1日。 たまたまその日はチェリバで昼過ぎから会議! とは言っても会議を抜け出す訳にもいかず。 会議前に1階ロビーをきょろきょろ。 西藤さんも誰もいない。 そりゃそうか、早いもんね。 うーん、心配。一言声掛けたかったけど。 でも夕方まで会議だし… 仕方ない。

そして会議は進んでいく。 その後は集中して真面目に仕事。 (一応ちゃんとします!) キリのいいところで休憩しようと時計を見ると… 3時ちょい前!! これはチャーンス!!! ハタチ族の様子を見に行くしかないっ!

image

トイレのついでに2階に下りる。 何か静か…誰もいないっ! お客さんだけでなく、受付もない?あ、1階か!! と下をのぞき込むと、受付に西藤さん&ちみちゃん! そしてその奥のロビーを見たくて身を乗り出す。 おー!たくさんお客さん!!! めっちゃ嬉しい♡♡ あー、これで今日で365日公演終わらずにまた見に行ける!よかったー ハラハラドキドキを乗り越えてほっとしたと共に、ハタチ族を応援してる人がたくさんいることに嬉しくなりました。

image

最近思うのです。 365日公演が10月まで来て、無事に大晦日が迎えられそうな気がしてきて、素直に嬉しい。 でも終わっちゃうんだなって寂しさも。 ここにくれば何か楽しいことをやっている。 誰かに出会える。 それが終わっちゃうんだな

でも、だからこそ! 1日でも多くこの時間をハタチ族のメンバーと、お客さんと一緒に楽しみたいっ! そう思いながら、今夜もハタチ族に行くために素早く夕ご飯を準備します(笑)

 

永瀬 真弓


 

劇刊ハタチ族10月号が発刊して間もなく…。
「10月1日は本当に15時からなんですか…??」心配そうに声をかけてくださる方が何人もいらっしゃいました。
SNSなどでお知らせをしてくださる方もたくさん。

そして当日。蓋を開けると14名の方にご来場いただきました!
“どこでも劇場版”ということで、音響も照明もない『古事記ぼっち〜スサノヲ編〜』
客席から聞こえてくる笑い声!楽しんでいただけて幸いです!!

 

応援してくださる方、一緒になって心配したり、喜んだりしてくださる方は、ご来場してくださる方だけではないと言うことを改めて実感した1日でした。

 

 

 

 

10月1にお越しいただいた14名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、91日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

ハタチ族の楽しみ方 其の3

2015年10月9日 金曜日

9月30日。
朝から猛烈な勢いで仕事をこなす!
前倒しでできる事は、すべて前日に残業で片付けたしっ!
すべては計画通り。いや狙い通り。

そう!今日は特別な日
ハタチ族【鬼より怖い両王手】!!
見逃がすことは許されないのです(≧∇≦)

ワタシは知っていたのです!
この演目が、めちゃ面白いことを^ ^
密かに26日の初演を運よく観ていたから(笑)

1Q8A0621

 

鬼より怖い両王手
亀尾先生脚本、あきふみさんも出演。
最初から最後までスリリングで、常にゾクゾク!

1Q8A1111

 

この作品、間違いないです*\(^o^)/*
舞台に立つ西藤さん、あきふみさん、そして亀尾先生。三人ともかっこいい!
いや、大人の渋さ満点で、かっこよすぎです。

1Q8A1101

しかも、この日、超満席
客席の雰囲気も最高潮
始まる前から、嬉しくて泣きそうだぜぃ(笑)

 

image

終演後のアフタートーク

 

私事で恐縮ですが、先月から仕事が忙しく、方々からプレッシャーをお見舞いされる毎日(T . T)
心が折れそう~_~;
でも、ギリギリのところで折れないんです^ ^

それは、1日の終わりにハタチ族の演劇というワクワクのプレゼントが待っているから(^o^)
負ける気がしない!(≧∇≦)

そうそう、先日、西藤さんが「これからは応援というより、楽しんでほしい!
という(…たしか、こんな風なことをおっしゃっていた様な気がする…)意味不明な発言がありましたが。

充分に楽しんでますがな!(笑)
それに、応援するなと言われても…

…しますよ!(笑)

 

 

佐藤裕介

 


“始まる前から、嬉しくて泣きそう”
嬉しすぎる、お言葉!!
ありがとうございます。

この日のFacebookをご覧になった方からも「嬉しかった」とメッセージが届きました。
一緒になって喜んでくださる方がいらっしゃるのは心の底から嬉しいです。

 

『鬼より怖い両王手』再演のお声も頂いております!!
来る11月9日(月)、亀尾先生のはからいで三刀屋高校演劇部さん『Takashi』との2本立てで上演させて頂く事になりました!!ありがとうございます…!!
ぜひぜひこの機会にご覧くださいませ〜!!

 

 

 

 

 

9月30にお越しいただいた47名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、92日!!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

かけがえのない時間でした。

2015年10月9日 金曜日

みなさん、こんにちは。

毎度お馴染み、制作の石原です。

いまだに、9月26日27日の興奮冷めやらぬ石原です。

ナ・LIVE in雲南!のことを書き残して置きたいなぁと思いまして。

しばし、お付き合いくださいませ。

 

 

image

ナ・LIVE in雲南!~おまけで劇団ハタチ族~

2日間の様子をお客さんが記事にしてくださいました。釣りチャイからのナ・LIVE in 雲南!

そして、ナ・LIVE草芝居リーグ2015優勝チーム 「Re:Time」 の山崎大輔くんにも書いて貰いました。「演劇」の力

 

お二方の書いてくださったブログ&須田さんが撮影してくださった写真&ナ・LIVEさんのFacebookやブログを見ていると、2日間のことを鮮明に思い出します

image

 

心待ちにしていました。本当に。

ナ・LIVEの実行委員会の方々、参加されている方々。会いたい!会いたい!!

ナ・LIVEプロデューサー、劇団カムカムミニキーナ主宰の松村武さん。お会いするのは久しぶり!おくいで飲みたい!飲みたい!!

草芝居”というキーワード。気になる!気になる!!

ナ・LIVE実行委員長の新居さんは何度か雲南に、365日公演にも来て頂いているので面識はありました。(ブログも書いていただいていますよ!「奈良から来ました!」ワンマンSHOW!!ではゲスト出演してくださいました。)

 

だからか、余計にナ・LIVEのことが気になって、気になって仕方がなかったんです。

 

26日に初演をむかえる『鬼より怖い両王手』27日には初めてホールで上演する『古事記ぼっち』、少しばかり心配のようなものも感じてはおりましたが、私が心配しても始まりません

それよりも、松村さん、ナ・LIVEの皆さんに会えるワクワクとドキドキ

そして、当日に決まった、前説に松村さんと一緒に登壇することと、いつだったかの話しの流れで決まったトークショーの司会に緊張しまくりでございました。

 

 

いざ、幕が上がると、終始夢中です。

 

奈良で産声を上げた「一般参加型演劇イベント」ナ・LIVE。

年齢も職業も経験も違う、「普通の人」たちが集まって、イチから芝居を作って行く。

草芝居。

実のところ、あまりイメージができておりませんでした。

ところがどっこい。

何これー!めっちゃ楽しいやないかーい!え、え?ソウタ君(主人公)消えちゃうの?うわー切ないなー……えーーーー!!

 

脚本家も演出家もいないなか、どうやって作っていったんだと興味津々

他のチームの作品も観てみたくなりました。

たしか…チームごとにテーマが割り振られていて、はじめに希望するテーマに所属し、いくつかあるキーワードにそってストーリーを組み立てていくそうです。

途中参加もOKだそうで、本番数日前に小学生がどっと増えたり、ミラクルを起すおじちゃんやらおばちゃんやらが現れたりもあるらしいのです。

いろんなかたちの演劇への関わり方があったほうが、よりいっそう楽しめますよね。

1Q8A0810

出演者の皆さんが本当に楽しそうで、いきいきとしておられて、観ていて気持ちが良かったです。

唯一無二」そんな言葉がピッタリだと感じました。もちろん1日目と2日目とでは、雰囲気が変わりました。出演していた小学生の男の子がダブルキャスト(運動会があったそうです。)だったこともあるかと思いますが、ミラクル勃発。うまく言い表せませんが、「舞台上で生きている」「内側からわきあがる躍動感」とでも言いましょうか……。

いいなぁー。雲南でもできないかなー。草芝居。楽しそうだなー。

 

 

打ち上げもとっても、とっても楽しかったんです。

1日目はナ・LIVEの皆さんに誘われて、2日目はご縁の大本、チェリヴァホールさん・雲南市の市民劇の皆さんに誘われて。

演劇がなければ、おそらく出会うこともなかったであろう人達。

人が繋がり、集うっていうことは、計り知れないパワーが生まれるんでないかと思うのです。

演劇?そこそこ好きです。

人が繋がる集うことができる演劇?かなり好きです。

計り知れないパワーをどうやって形にしようか、どう活かしていこうか。

それが肝心なんですけどね。

もっと、もっと、いろんな人達と何かオモシロオカシイことができないものかしら。

 

 

市民劇の皆と久しぶりに会ってお話ができたのも嬉しかった。

駒ちゃんは安定のいじられ。残っていたモツ煮を食べてしまおうとお皿に手を伸ばした瞬間……。

image

飲んでもないのに並べられる空き瓶、空き瓶、空き瓶……。

あぁ、楽しかったなぁ。

 

ナ・LIVEの皆さんは同世代の方も多く、刺激になりました。

皆さん、すごく穏やかな雰囲気でとっても居心地が良かった。

けれど内に秘めたるアツいものを感じました。ものすごく厚かましいようだけど、勝手に同士ができた!って思ってます。

お見送り、ほんのちょっと寂しかったです。来年は奈良にもいくぞ。

定期的に一緒になにかオモシロオカシイことできないものかしら。

 

ナ・LIVEの皆さんから色紙を頂きました。嬉しい!!

ナ・LIVEの皆さんから色紙を頂きました。嬉しい!!

 

松村さんにも、やっとお会いできました。

ここ近年の私のターニングポイントには、松村さんがいらっしゃる気がします。

元気が出るというか…気合いが入るというか…感銘を受けるというか……。

以前お会いしたのは、“石原知美”であって“ハタチ族の石原ちみ”ではなかったので……少しでも、成長ぶりをお見せする事ができていたら幸いに思います。

それでも、まだまだひよっこなので、もっともっといろんな刺激を受けて成長していきたいなと思うばかりです。

 

 

人に会う。話しをする(聞く)。というのは、私にとってかけがえなく、尊い時間です。

ハタチ族を通して、365日公演を通して、沢山の方にお会いする事ができています。沢山の経験をさせていただいています。

まだまだ、振り返るには早すぎますが、365日公演に挑戦した1年間は紛れもなく特別な1年間です。

あと3ヶ月。悔いを残したくありません。どんな形であっても胸を張って年を越したい。

全力で楽しんでやろうと思います。そんでもって何皮もむけてやるんだ。ガンバル。

 

 

 

9月29日『古事記ぼっち〜オオナムチ編〜』にお越しいただいた11名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、93日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

 

感謝満腹フラカンTシャツ

2015年10月5日 月曜日

皆さんこんにちは。

劇団ハタチ族の西藤将人です。

 

 

9月28日のワンマンSHOW!!は前日におこなわれた「ナ・LIVE in雲南!」についてお話しさせていただいてたのですが、その途中にとあるお客様からプレゼントをいただいちゃいました!

 

あれ?今日って誕生日だったっけ・・・??

手渡された紙袋の中をチラッと覗いてみると、そこには・・・。

 

うっわぁぁあーーーーー!!!!!!

フラカンTシャツじゃないですかーーーーー!!!!!!!!!!

 

一目でわかりましたよ!フラカンのロゴなんて一瞬で認識できますもん!!

ちなみにフラカンってのは僕が敬愛するロックバンドであるフラワーカンパニーズさんの略称のことです!読者にやさしい説明!!

 

興奮冷めやらぬ僕に、スタッフの石原から冷静な声で一言、

よく見てください、もっと。

 

だから言ってんじゃないですか、一瞬でわかるって。よく見なくてもフラカンってわかるんですって・・・、えぇぇえぇーーーーー!!!!!!!!!!!

 

image

 

 

サ、サ、サイン書いてある―!!

しかもリーダーのグレートマエカワさんからのメッセージまでーー!!!!

 

驚愕しました・・・。

前日に出雲でおこなわれたLIVEに出向き、Tシャツを購入しサインを頼んでくれたってことですよね。

ハタチ族のお客さんは異常なまでに優しいってことは知ってましたが、まさかここまでとは・・・。

最高に嬉しいっす!!ありがとうございます!!

 

先日の僕の誕生日にもたくさんの方がサプライズのプレゼントをくださいました。

こんな幸せ者はおらんです。はい。

 

 

image

 

 

でもね、こんなに応援してもらえて嬉しい反面、ちょっと申し訳なくなることもあるのです。

僕は芸能人でもアイドルでもない、ただの役者です。

芝居を観ていただいて、楽しんで帰ってもらう。それだけで満足なんですな。

 

声を大にして「応援してください!」って言ってましたし、その気持ちは今も変わってません。

だけど、応援してくれている人にこそ純粋に楽しんでほしいんです。

 

僕は今年の元日から、一体何回お客さんに感謝してきたのだろうと思うんです。

芝居が終わったあとのご挨拶で、何回本気の「ありがとうございました」を言ってきたのだろうと。

 

語弊があるかもしれませんが、これ以上皆さんに感謝できません。

僕のなかの一生分の「ありがとう」がこの1年間でなくなっちゃうんじゃないかって不安になるくらい、毎日みなさんに感謝しっぱなしなんです。

 

それに、すごく応援していただいてるのもあって(もちろんそれは僕の怠慢なのだけど)、お客さんに甘えすぎちゃってる部分もあるんです。

でもそれはよくない。今後はそれをなくしていきたい。

 

ですから皆さん、応援していただいて本当に嬉しいのだけれど、心の底から嬉しいのだけれど、今後はなるべく、できるだけ“舞台”を楽しんでいただけないでしょうか。

 

これってとっても勝手な話ですし、毎日の公演を存続させていくためにも、大晦日チェリヴァホールを満席にするためにも、すべては皆さんの応援が必要なのはわかってるんです。

けれど、だからこそ、応援してくれてる方にもっともっと舞台を楽しんでほしいんです。

 

理解しにくい文章ですみません。わかりにくいですよね・・・。

もしご意見やご質問があるかたは会場で声をかけてください。お答えいたします。

 

残り3か月、どうか僕たちと一緒に舞台を楽しんでください。

きっと、大晦日は1年間たっぷり詰め込んだ「ありがとう」をお届けします。

 

 

 

9月28にお越しいただいた7名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、94日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

「演劇」の力

2015年10月5日 月曜日

滞在時間は3日間のはずなのに、 初めて来たはずなのに、 3日目の島根は僕の故郷でした

初めまして、9月26・27日にチェリヴァホールにて行われた、 チェリヴァシアターLIVE 「ナ・LIVE in雲南!~おまけで劇団ハタチ族~ のナ・LIVE草芝居リーグ2015優勝チーム 「Re:Time」 に出演しておりました、山崎大輔です。

1Q8A1050

「大輔」と基本的には呼ばれています。

僕が誰かわからない方ばかりでしょう。

公演を観てくださった方に分かりやすく説明するのであれば、 女装も、黄色い髪もしていなかった、存在感が薄くなっていっちゃった方の男性です。

1Q8A0785

さて、実は28日は予定を空けて観光をしていたのですが、この記事は、もちろん公演を行った二日間に関わる感想を書かせていただきます。

まず、初めにお話を聞いた時は「」な状態でした。 そもそも、僕の出身が静岡なので島根は行った事がなく、本当に遠い場所のような気がして「そもそも、自分はたどり着けるのか」という不安が大きかったです。でも、演劇の力は距離を超えるんですね

心配性な性格なので、もう最初は何が何だか分からなかったです。 でも、後々、劇団ハタチ族さんのことを詳しく聞いて、「365日公演」という言葉が頭に残り、もっと知りたくなりました。

だんだんと公演日が近ずくにつれて、わくわく感が増えていって「365日の内の2日間の1人」になれる事が嬉しかったです。

実際に雲南市に着くと、そこは本当に素敵な場所でした。僕は、田んぼと山の中が出身がみたいな部分もあるので、自然の緑がある土地は大好きなんです。

そして、チェリヴァホールの空気がとっても素敵でした。 二日間の公演を終えて、ホールも土地も、ハタチ族の皆さんも、そして何より観客の方々も、全ての方が持っている「温かな空気」と「演劇への気持ち」をはっきりと感じました。

「またまたお世辞でしょう?」

いやいや、お世辞が言えるような器用な人間だったら「ネギでスプーンが切れない」事に対してもっと的確に突っ込みますよ! 僕もびっくりしたハプニングだったんですから!未だに何て返すのが正解だったのか、思いつきません。

1Q8A0673-1

 

でも、本当にあの場所で芝居をさせていただけて幸せでした!

1Q8A0768

今回、ハタチ族さんの「365日公演」に参加させていただいて、 「演劇」を演劇だけで、舞台の上だけで、終わらせない、 もっと広く、地域、人、全てに繋げていくような完結を見せない「演劇」の力を改めて教えてもらいました。

この力を奈良からも、広く発信していけるよう、ナ・LIVEも頑張ります!

1Q8A0810

非常にまとまりの無い文章を書く事しかできませんでしたが、 今度は観る側として、12月31日までに関わりたい大輔でした。

貴重な二日間、ありがとうございました! これからも応援しています!

 


大輔さん、ありがとうございます!!
ナ・LIVEの皆さん!島根にお越しいただき、本当に本当にありがとうございました!
そして、受け入れてくださったチェリヴァホールの皆さま!いつも本当にありがとうございます!!

奈良と島根、土地と演劇、人と人……たくさんのものが融合した様子に終始感動しっぱなしでした。
ナ・LIVEの皆さんから頂いた刺激とパワーで残りの3ヶ月、全力で楽しみたいと思います!!

劇団ハタチ族、必ずそちら(奈良)にも伺います!!
またお会いできる日を心待ちにしております……!!

 

 

 

9月27日「ナ・LIVE in雲南!~おまけで劇団ハタチ族~」にお越しいただいた皆さま

ありがとうございました!!

ナ・LIVEの皆さま、お疲れさまでした!!

image

あと、95日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

釣りチャイからのナ・LIVE in 雲南!

2015年10月5日 月曜日

雲南市在住のOです。

9月最後の週末も見逃せない公演が盛り沢山でした。

まず、元晴×大原ver.の「釣りとチャイと愛人と
このキャストを知ったとき、「まさか大原さんが釣り人で元晴さんが愛人役やるの?!」なんて、色々と想像して楽しみにしていました。

実際は釣り人・元晴さん、愛人・大原さんだったのですが、大原さんがとってもかわいかった!
少年のイメージが強い大原さんですが、「my song」の娘や「君ヲ泣ク」のだいねえちゃんとも違う、新しい大原さんを見た気がします。

1Q8A0521

みどころの一つである、「ハカ」のシーンも迫力がありました。

元晴さんの釣り人も、愛人に押され気味な感じが面白かったです。
特に、困惑している時の表情が良かった。

1Q8A0561

今回の公演では、物語がスッと入ってきて観やすかったです。
また西藤×松島ver.、元晴×大原ver.のどちらもやってほしいです。

 

 

そして土日には「ナ・LIVE in 雲南!」が開催されました。

image

まずはハタチ族の公演、新作「鬼より怖い両王手
亀尾先生、西藤さん、あきふみさんの3人芝居のこの演目。
将棋を打つ音、小判を投げ合う音、そして誰が撞いているのか分からない鐘の音…。
とにかく音が印象的な物語でした。

1Q8A0652

終盤から状況がどんどん変わり、予想もつかなかった結末に。裏の裏の裏という最後でした。
これはすごい。手に汗握るような感じで、3人のやりとりから目が離せませんでした。

 

翌日の古事記ぼっちは、会場がホールということもあって照明がいつも以上に効果的でした。

1Q8A0980

神様の対決シーンでは、「今日は広いからな」と言いながら豪快に技をかけ、ドスンという鈍い音が…。(アーレーさん、腰大丈夫だったかな…)

1Q8A1033

 

 

そして次はナ・LIVEの公演「Re:Time

1Q8A0666

劇団カムカムミニキーナ主宰・松村武さんが冒頭でこう言っておられました。

「出演者はプロでもアマチュアでもない、普通の人なんです。稽古も夕食の時間までという主婦の方や、運動会やピアノの発表会があるから出演者が変わるということも多々あります。
また、この劇団には脚本を専門に書く人はおらず、チーム内のメンバー全員で一から作り上げたものです。
演劇って敷居の高いものばかりではないんです。こんな風にもっと気軽に参加できるんですよ。」

 

そんな言葉で始まった公演。
終始、舞台に夢中になって観ていました。

1Q8A1050

特に、主人公ソウタがなっちゃんを助けようと、滝のような汗を流しながら必死でマジックをしている姿には心打たれました

1Q8A1053

プロ、アマ、普通の人…。そんな垣根は関係ないんですね。キャストがどんな人であれ、伝わってくるものがある。
いいもの観た!」と思いました。

 

その後、松村さんを囲んだトークショーでは、「土地と演劇」「地産地消」「繋がる縁」というキーワードが出てきました。
松村さんいわく、その土地に住んでいる人がその土地に根ざしているものをやると、東京にいるプロでも「これには勝てないなあ」って思う瞬間があるとのこと。

1Q8A1065

 

この松村さんの言葉を聞いたとき、「地方や田舎だから何もないし、何も出来ない」って思うことはないんだ。この地でしか出来ないことがあるんだと感じました。

日々の暮らしの中で見失いがちなことも、こうやって「風の人」が来てくれることで気づくことが沢山あります。
自分も頑張ろうと思いました。

松村さん、ナ・LIVEの皆さん、素敵な公演をありがとうございました!また雲南に来てください。

 


「釣りチャイ」西藤・松島ver.と井上・大原ver.同じ脚本だけれど違った良さがあり、両バージョンとも楽しんで頂けるのではないでしょうか?2つで1つのような……。

そして「ナ・LIVE」!!ナ・LIVEのこと、草芝居のこと、松村さんのこと……知って頂けた事が本当に嬉しい!“土地と演劇”“地産地消”“繋がる縁”……演劇の底力を感じずにはいられない2日間でした!!

 

 

 

 

9月26日「ナ・LIVE in雲南!~おまけで劇団ハタチ族~」にお越しいただいた皆さま

ありがとうございました!!

ナ・LIVEの皆さま、お疲れさまでした!!

image

あと、96日!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

難しいわい!

2015年10月3日 土曜日

のーーーーん!!!!

ってなりました。
どうも、大原です。

釣りとチャイと愛人と
好きにやらせて貰いました。

1Q8A0553

セリフ覚えに苦戦しましたが……元晴と芝居をするのは楽しいですね。ただ、実寸の舞台のサイズで稽古をしなかったことを、本番が終わってから悔いました。

すまん。元晴。

本番も、楽しかったのですが。
足りなかった。

役者としての課題がありありと残りました。
足りなかった。

異物感がね、足りなかった。
ヒリヒリしなかったんですな。

元晴と、相性は良いと思いますのよ。
ただ、空間を共有することに違和感がなさすぎて、芝居でそこを出すところまで行けなかった。

反省です。

再演するのかはわかりませんが、もし、次があるなら、ちょっとその辺りが変わるかも知れません。

1Q8A0587

あー。
でもですね。
反省はしてますけど。
けして、ダメな本番だったとは思っていないので、好みはありましょうが、あれも、1つの『釣りとチャイと愛人と』の形だったのだと、
思ってもらえると、いいな!

 

ホント、次があるのかは、わかりませんが。
そう、なんせ、残りの日数が少ないのでね、どの演目をやるのかを決めるのが、とても難しいのですよ。
でもね、いつ来ても楽しんでもらいたいから、挑戦はしつつも、慎重に選んで、真摯に取り組んで参りたいと思います。
 

 

 

9月25にお越しいただいた19名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、97日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

釣りと、チャイと、愛人と…

2015年10月3日 土曜日

どうも、久々ブログ担当の元晴だす。

西藤将人書き下ろし台本のこの脚本ですが、単刀直入に言いますと訳がわからないのデス

まず何故俺と大原さんがやる事になったのかというのもわかりません(-_-)

そしていったい何が釣りチャイ愛人とを引き合わせたのでしょうか、わけがわかりません。

西藤くん本人にまた聞いてみようかと思います、西藤め

1Q8A0526

そしてそしてそして、非常に覚えにくい、、、西藤め、、、
このまま話が進むのかと思いきやいきなり方向が90度曲がったりバックしたりあっちゃこっちゃいくから今この話のどこら辺かがわからなくなる。台詞を覚えるにあたって苦戦したところの一つでござる!西藤め!

あとは『はぁ』とか『は?』とか『え?』が多くてあーーーー!!もう!!!!っていう感じでした!覚えるの大変だったよこん西藤め!!!!

1Q8A0597

わからないよーぅ、読んでも読んでもわからないんだよーぅ、わかりたいのにわからないんだよーぅ、さいとうよーぅ

稽古時間ないのにあきふみさんに両王手の読み合わせ手伝わされて『自分のことして』と怒られて悲しかったよーぅ。さいとうよーぅ

『この役はどんどん重ねていくんだよ。言いたいけど言えない、みたいな。』って言われてももも……わからないんだよーぅ。

1Q8A0520

なんだかんだで最後まで悩んだ脚本でした。

西藤君の感性は敏感で繊細で意識高い系でよくわかりませんがそんなところに惹かれているのも確かなので、脚本信じてとりあえず初日終わりましたが自分が思っている以上に観てもらったお客様の反応が良く…

 

…よりわからなくなってしまった釣りチャイでありやした。ぬんぬん。

 

 

9月24にお越しいただいた13名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、98日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439

真摯に向き合う

2015年10月2日 金曜日

雲南市在住のOです。

シルバーウィーク後半は、いつもの時間に西藤さんの「おとなのこども劇場」でした。

image

おとなの…??もしかしてあっち系の内容?」と思っていたら、公演の前半はやっぱりアダルトな話に(°Д°)

そして後半は、まっつんのギター生演奏をバックに、芥川龍之介が書いた『桃太郎』の朗読がありました。

image

鬼達が平和に暮らしていた島に桃太郎達が乗り込んでいくという、鬼の立場から描かれた『桃太郎』。

戦をテーマにした物語はいつも勝者の視点で描かれているけど、今回の『桃太郎』を観たとき、物事には色んな側面があって勧善懲悪なんていう一言で片づけることは出来ないんだなと思いました。
その辺りが「大人の」こども劇場ってことなのでしょうか。

桃太郎達が鬼ヶ島を襲撃した場面では、まっつんのギターも相まって、舞台に引き込まれるような感じがしました。

1Q8A0512

そして西藤さんの朗読はというと、語り手や登場人物の感情を持ち込まない、とても静かで淡々としたものでした。
それがとても面白かったのでまたやってほしいです。

1Q8A0505

 

今回の公演期間中に、カウントダウンの日数が100日を切りました。
公演初日、西藤さんはどこか迷いの中にいるような感じがしました。
そして2日目、その想いを舞台上から話してくれました。

残り100日を切った今、何が正しいのか分からなくなってきている。もしかしたら、僕達のやっていることは間違っているのかもしれない。

なるほど、今はそういう心境なんですね。
でも、正解なんて誰も分からないと思います。だって、365日毎日公演をしている劇団の前例がないのだから。

ハタチ族の信じることを全力でやり続けていけば、答えはあとから出てくるのではないでしょうか。

僕達は今以上に作品作りや芝居に真摯に向き合うので、皆さんには公演を楽しんでほしい
西藤さんのこの言葉で公演は幕を閉じました。

ゴールが見えはじめた365日公演。
でもまだ3ヶ月あるので、もっと沢山の人にハタチ族の芝居を観に来てほしいです。


演目変更の週から『おとなのこども劇場』の週は、いろいろなことを感じ考えさせられました。

ひとつの答えが、この日『おとなのこども劇場』2日目に西藤が語ったことであると思います。

迷い、考え、つまずきながらも365日公演もあと3ヶ月。

まだまだできることは、あるはず。

ここからが勝負です。

 

 

 

 

9月23にお越しいただいた8名のお客さま

ありがとうございました!!

image

あと、99日!!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会場受付や片付けなど手伝ってくださる方はいらっしゃいませんか??
ブログを書いてくださる方も絶賛募集中です!
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
応援団募集中!!
 http://20zoku.jp/?p=116

スタンプを集めておトクに観劇!
『劇刊ハタチ族』裏面カレンダーにてスタンプラリー実施中!
http://20zoku.jp/?p=506 

たくさんのご声援ありがとうございました!!
いつでも演劇を観れる街に!劇団ハタチ族「365日公演」を実現したい! – FAAVO島根
https://faavo.jp/shimane/project/439